ギフテッドとは?特徴と判定法、能力を発掘して育む6つの教育法を紹介

ギフテッドとは?特徴と判定法、能力を発掘して育む6つの教育法を紹介のタイトル画像

数学に何時間も没頭する子、独創的な絵を描く子など、周りにいませんか?彼らはギフテッドという突出した能力を持つ人々かもしれません。ギフテッドの中には突出した能力がある半面、大きな苦手を抱える人もいます。ギフテッドが持つ才能を伸ばしたり、苦手の克服をサポートするにはどのようなことができるのでしょうか。ギフテッドの特徴と、個性に合わせた教育方法を紹介します。

6077ad2b372d5a152de8191d73e3e4480c620035 s
143706 View
目次 ギフテッドとは? ギフテッドが生まれる原因(遺伝・環境) ギフテッドの種類 知能の8分類 ギフテッドの診断方法 ギフテッド。どのように教育すればいい? 家庭でギフテッドの才能を伸ばす6つの方法 アメリカのギフテッド教育を参考に、日本で出来ること

ギフテッドとは?

ギフテッドとは、同世代の子どもと比べても並はずれた成果を出せるほどの突出した才能を持つ子どものことであると定義されています。学問、言語能力、記憶力、芸術性、創造性など多岐にわたる分野において彼らは高い潜在能力を持っています。彼らの能力をフルに開発するためには通常の学校教育とは異なる特別な教育や接し方が必要になります。

ギフテッドに関する全世界共通の明確な定義はなく、アメリカでは州ごとに異なる基準を持っています。ギフテッドとは相対的な概念であり、同様の教育を受けてきた子どもと比較して、その能力が突出して優れていればギフテッドと呼べます。

ギフテッドとアスペルガー症候群の違い

ギフテッドとアスペルガー症候群は全く異なる概念ですが、ギフテッドとアスペルガーの子どもには共通する特徴があり、ギフテッドがアスペルガー症候群と診断されるケースも多くあります

アスペルガー症候群とは、対人コミュニケーション能力や社会性、想像力に障害があり、対人関係がうまくいきづらい発達障害です。明確な原因は現在もわかっていませんが、何らかの脳機能の障害と考えられています。アスペルガー症候群の子どもの中には、特定の事物や行動に強いこだわりをもっている子どもも少なくありません。

一方、ギフテッドは自分が長けている一つの分野に強い関心を持ち、他のことが目に入らないほどにこだわりを持つことがあります。結果的に熱中しすぎて集団の中で孤立し、コミュニケーションに弱みを持つケースも見られます。そのため、ギフテッドとアスペルガーの子どもが一見して共通の特徴を持っているように見えることがあるのです。

アスペルガー症候群の子どもも、その強いこだわりを活かして、ある分野での能力を開花させることがありますが、ギフテッドは能力の強みが先にきてこだわりを強めていくという点で異なります。
アスペルガー症候群(AS)とは?症状と年齢別の特徴のタイトル画像
関連記事
アスペルガー症候群(AS)とは?症状と年齢別の特徴

ギフテッドの有名人の例

アインシュタインはギフテッドの有名人の1人です。彼は1879年にドイツに生まれたユダヤ人の物理学者で、1921年にノーベル賞を獲得しています。彼のIQはおよそ180程度だったと言われおり、相対性理論を唱えるなど顕著な業績を残しています。

しかし彼は3歳まで言葉を話さず、社交性に問題を抱えていたといいます。ギフテッドの中には彼のように能力の凹凸(際立った能力の強みと弱み)を持つ方も多くいます。

ギフテッドが生まれる原因(遺伝・環境)

そもそも何が原因でギフテッドがうまれるのでしょうか。遺伝による先天的な要因によるか、環境による後天的な要因によるのかという議論は長年研究されてきました。

現在出ているその議論への答えは「遺伝も環境も両方影響している」というものです。しかし、遺伝と環境どちらのほうが知能に与える影響が大きいのか?という議論にまだ決着はついていません。

ギフテッドの種類

ギフテッドにはその能力の発達具合に関して2つの分類があります。全般的に高い能力値を示す「英才」、著しい能力の凹凸(得意不得意)を持つ「2E」の2つです。

英才とは?

英才とは、言語的認知・空間認知・記憶など全体的に高い知能を持っている子どもを指します。知的指数が130を越える子どもは3%から5%程度います。特に高い知能を持っているといえるIQ145以上の子どもは全体の0.1%程度とごくわずかになります。

2Eとは?

2Eとは、ある能力に関しては突出しているがその他の能力において谷がある「二重に例外的な」(twice-exceptional)人々のことを指します。2Eの子どもたちは学習障害・広汎性発達障害を併発しているケースが多いです。

彼ら2Eの子どもたちはある能力に関しては高いポテンシャルを有しますが、平均的な子どもと比較してマイナスな面が目立つこともあり才能に気づかれずに埋もれてしまうことがあります

知能の8分類

教育心理学者のガードナーは知能を言語的知能、数学知、音楽的知など8つに分類しました。すべての人間はこれらの能力に先天的にそれぞれ得意不得意があり、生活をしていく中でその能力を伸ばしていきます。

一口にギフテッドといってもそれぞれがどの能力に長けているのか千差万別です。子どもの才能を評価するときには以下の知能を総合的に見て、個性を見つけてあげることが重要になります。

・言語的知能:話しことばや書きことばへの感受性、言語の学習・運用能力
・論理的数学知:問題を論理的に分析する、数学的な操作を実行する、問題を科学的に究明する
・音楽的知能:リズムや音程、和音、音色の識別、音楽演奏や作曲、鑑賞のスキル
・身体運動的知能:体全体や身体部位を問題解決や創造のために使う能力
・空間的知能:空間のパターンを認識して操作する能力
・対人的知能:他人の意図や動機・欲求を理解して、他人とうまくやっていく能力
・内省的知能:自分自身を理解して、自分の生活を統制するために自己の作業モデル効果的に用いる能力
・博物的知能:自然や人工物の種類を識別する能力

(『「ギフテッド」天才の育て方』杉山登志郎、岡南、小倉正義/学研教育出版/2009年)

出典:http://www.amazon.co.jp/dp/B00VQ19D8C/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=U...

ギフテッドの診断方法

ギフテッドの診断には様々な方法が用いられますが、ここでは代表的な三つを説明します。

WISC-Ⅳ:ウェクスラー式知能検査

・目的:知能指数の測定
・測定できる指標:言語理解・知覚推理・ワーキングメモリー・処理速度
・適用年齢:5歳0ヶ月~16歳11ヶ月
・基準:言語理解131, 知覚推理126がアメリカのギフテッドの子どもの平均です。

IQスコアのみを用いると最も定量的かつ容易に判定できますが、人間の知能にはIQで測れない芸術知や対人的知能なども含まれるのでIQテストのみでギフテッドと判定することには賛否両論存在します。

(Silverman, L. K., Gilman, B. J., & Falk, R. F. (2004). Who are the gifted using the new WISC-IV. In 51st annual convention of the National Association for Gifted Children, Salt Lake City, UT.を参考)
WAIS・WISCとは?ウェクスラー式知能検査の特徴、種類、受診方法、活用方法のまとめのタイトル画像
関連記事
WAIS・WISCとは?ウェクスラー式知能検査の特徴、種類、受診方法、活用方法のまとめ

総合的判断

IQスコアに加えて、概念形成、抽象的思考、語彙力、創造性、数理能力、芸術的素養を総合的に判断します。

RTIモデル

目的:教育環境などの外部要因と先天的な特性である内部要因の両方を勘案することによる正確な判定
測定方法:集団教育と少人数向けの特別教育を施した後の検査

この方法はギフテッドの早期発見に役立ちますが、依然浸透していないのが現実です。そのため知能検査に加え創造性、芸術的素養など総合的にギフテッドかどうか判定する方法が現実的な判定の手段です。

実際には、障害についての医学的診断、心理検査による評価、能力別評価、教育的評価など、多数の視点から2E児の発見が行われていくことが期待される。

(『「ギフテッド」天才の育て方』杉山登志郎、岡南、小倉正義/学研教育出版/2009年)

出典:http://www.amazon.co.jp/dp/B00VQ19D8C/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=U...

ギフテッド。どのように教育すればいい?

ギフテッド教育は国語・算数・体育・芸術など全ての分野で平均を目指すものではありません。苦手分野が大きな障害にならないようにサポートしたうえで得意分野を圧倒的に成長させる教育方針を取ります。

所属集団と比べて能力が突出しすぎていたり、能力の凸凹が著しいギフテッドにとって、大きな教室での集団教育は適応が難しいものです。高い能力を持つ分野では授業を退屈に感じ、弱い分野では全体の授業についていけないことがあります。ギフテッド、特に2Eの子どもがその才能を活かせるようになるためには、一人ひとりにカスタマイズした教育を施すことがとても重要です。

それではどのようにすれば個人に合わせた教育できるのかでしょうか。アメリカ・ニューロッシェル大学名誉教授のスーザン・バウム博士はギフテッド教育における重要な点を挙げています。

1. 得意分野を伸ばすことに集中する

ギフテッド教育では弱みより強みに注目し、その能力を伸ばすことに注力します。ここで重要な事は1. 強みを知る, 2. 能力を伸ばせる環境を用意する, 3. 強みを伸ばす子どもを積極的に奨励するの3つです。この3つの具体的な方法については後述します。

2. 苦手を軽減する

弱みが原因で2Eの子どもが社会的に孤立してしまうケースに備え、弱みも補う必要があります。ですが、弱みに焦点を当てすぎて得意分野を見落としてしまわないように、あくまでも弱みは子どもが取り組みやすい形で補ってあげるという発想が重要です。

3. 子どもに自分の強みと弱みを理解させる

子ども自身が自分の強みをよく知れば、自主的に才能を伸ばすことができるようになるでしょう。また、苦手なことを理解していれば上手く対処することができます。

家庭でギフテッドの才能を伸ばす6つの方法

ここでは、ギフテッドの子どもの才能を伸ばすために、家庭ではどのようなことができるのかを紹介します。

1. 新しいことにチャレンジする

ギフテッド教育の基本の一つ「得意分野を伸ばすことに集中する」ことは、子どもがどのような才能を持っているのか知ることから始まります。

子どもが何に強みを持つのかわかっていない場合、特性に合わせた支援がなされてないことが多くあります。学習障害のギフテッドはその弱みに注目され、才能を埋もれさせてしまいます。また学習障害ではなくても強みに気づかないと、興味は深まらず平均的な能力のまま終わってしまうことが考えられます。

どうやって子どもの能力を確かめるか。そのためには以下の例のように子どもの好奇心を刺激する様々なことをやってみるといいでしょう。
■ 新しいジャンルの本を読ませる
■ 科学館や美術館に連れていく
■ 絵画や音楽など芸術的なことに挑戦する機会を与える
■ サマーキャンプに参加させてみる

2. 個性に合わせた支援環境を用意する

ギフテッドへの理解が進んだアメリカの学校では飛び級などの「早期履修」や得意科目をさらに学習できる「強化履修」が導入されています。子どもが得意なこと・関心を持つことが判明したら、限界をもたせずどんどんすすめてみましょう。得意分野での成功体験を積むことも重要です。

■ 好きなときに本が取れるように大量の本を備える
■ その道のプロと子どもが話せる機会をつくる
■ 数学、理科などのコンテストに出場させる

3. 子どもの成果を認める

ギフテッドがある分野において周りの子どもたちよりもずっと高度なことにまで取り組んでいたとしても、ギフテッドの成果に理解を示してくれる人は多くはありません。子どもの頑張りを理解してあげて、きちんと褒めることで子どもの自尊心が高まります。

■ 子どもの関心のあることに関する話を熱心に聞く
■ 子どもの成果を褒める
■ 子どもとディスカッションを行う

4. 子どもの認知特性にあわせた学習スタイルをとる

認知には視覚認知と聴覚認知の二種類が主にあげられますが、2Eの子どもは認知の方法がどちらか一方に大きく偏っていることがあります。視覚優位型の子どもは先生の話の理解に時間がかかることがあるので、写真や図表など視覚的な教材などをつかうことがおすすめです。

5. チームの一員になる経験を積む

ギフテッドはある分野に熱心になりすぎて所属集団から孤立してコミュニケーションに課題を抱えることがあります。スポーツ、バンド、演劇などチームで協力する場を提供することはおすすめです。

6. 子どもと対話を重ねる

ギフテッドが何にストレスを感じていて、得意不得意にどのように対処すればいいのか子どもと一緒に考えることは、子どもが自分の強み弱みやその対処法を明確に理解する手助けになります。

アメリカのギフテッド教育を参考に、日本で出来ること

アメリカではギフテッド教育に早くから取り組んでおり、1920年ごろには大都市のほぼ3分の2で才能教育プログラムが実施されました。
ギフテッド教育ではそれぞれの子どもに合わせた教育が展開されています。アメリカでお子さんがギフテッド教育を受けている方のブログをご紹介します。
アメリカではギフテッド教育が進む一方、日本ではギフテッド教育はほとんどなされていません。一部の私立学校などでの導入は見られますが、まだまだ導入校の数は少ないようです。ギフテッドは特別支援学校の対象となっていないため、ギフテッドを育てるためには家庭で独自に教育することになります。ギフテッドが強みを伸ばすための第一歩は子どもの強みを発掘することです。まずはお子さんと話をして、いろいろとチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
発達障害におけるグレーゾーンとは?特徴や注意すべきポイントのほか、支援、療育について紹介します!のタイトル画像
関連記事
発達障害におけるグレーゾーンとは?特徴や注意すべきポイントのほか、支援、療育について紹介します!
フリースクールとは?不登校の子どものための授業内容、費用や利用方法、在籍校の出席認定について解説のタイトル画像
関連記事
フリースクールとは?不登校の子どものための授業内容、費用や利用方法、在籍校の出席認定について解説
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

WAIS・WISCとは?ウェクスラー式知能検査の特徴、種類、受診方法、活用方法のまとめのタイトル画像

WAIS・WISCとは?ウェクスラー式知能検査の特徴、種類、受診方法、活用方法のまとめ

ウェクスラー式知能検査は、児童期や成人期において最もよく使われる知能検査のひとつです。ウェクスラー式知能検査にはどのような特徴があるのでし...
学習・運動
341053 view
2016/05/17 更新
聴覚過敏の原因と、具体的な改善方法は?のタイトル画像

聴覚過敏の原因と、具体的な改善方法は?

日常生活や学校・仕事に支障をきたすこともある聴覚過敏。周囲の人が気にしないような音が、耳を覆いたくなるほど気になってしまう。普段は気になら...
発達障害のこと
278261 view
2016/07/12 更新
精神障害者保健福祉手帳とは?判定基準やメリット、申請方法まとめのタイトル画像

精神障害者保健福祉手帳とは?判定基準やメリット、申請方法まとめ

精神障害のある方が取得できる精神障害者保健福祉手帳。持っていると受けられるサービスや支援がたくさんあります。教育面、金銭面をはじめ、将来の...
身のまわりのこと
247678 view
2016/11/20 更新
特別支援学級を徹底解説!障害ごとの教育内容から卒業後の進路までのタイトル画像

特別支援学級を徹底解説!障害ごとの教育内容から卒業後の進路まで

通常の学級、特別支援学級や通級指導教室、支援学校などの様々な選択肢から、お子さんの就学先を選ぶことに悩む保護者の方は多いのではないでしょう...
進学・学校生活
241251 view
2016/08/14 更新
知能指数(IQ)とは?定義や知能検査の種類、知能指数の値と疾患・障害の関係は?のタイトル画像

知能指数(IQ)とは?定義や知能検査の種類、知能指数の値と疾患・障害の関係は?

知能指数(IQ)とは人の知能の基準を数値化したものです。一般的にIQが「高い」「低い」という言葉をよく聞きますが、知能指数の値は子どもの成...
発達障害のこと
206745 view
2016/12/08 更新

この記事を書いた人

発達障害のキホン さんが書いた記事

新生児けいれんとは?症状や原因、対処法、後遺症やてんかんとの関係についてくわしく紹介しますのタイトル画像

新生児けいれんとは?症状や原因、対処法、後遺症やてんかんとの関係についてくわしく紹介します

新生児けいれんとは生後1ヶ月未満の赤ちゃんに起こるけいれん症状のことをいいます。原因となる疾患はさまざまで、原因疾患によって治療法も異なっ...
発達障害のこと
2205 view
2017/10/05 更新
双極性障害(躁うつ病)とは?原因・症状、治療法、周囲の関わり方についてわかりやすく解説しますのタイトル画像

双極性障害(躁うつ病)とは?原因・症状、治療法、周囲の関わり方についてわかりやすく解説します

双極性障害(躁うつ病)は、気分が高まる「躁状態」と心のエネルギーを失う「うつ状態」とが繰り返し現れる、脳の病気です。症状の現れ方には個人差...
自分と家族のこと
105081 view
2017/10/02 更新
子どものための法律、児童福祉法って?目的や支援、法改正についてをわかりやすくご紹介します。のタイトル画像

子どものための法律、児童福祉法って?目的や支援、法改正についてをわかりやすくご紹介します。

児童福祉法は児童の福祉を保障するための法律です。子どもの健全な成長の保障という目的から、具体的な支援内容について今回はわかりやすくまとめま...
発達障害のこと
1504 view
2017/09/30 更新
共同注意とは?アイコンタクト・指さしと子どもの発達の関係、自閉症との関連、発達を促す工夫をご紹介!のタイトル画像

共同注意とは?アイコンタクト・指さしと子どもの発達の関係、自閉症との関連、発達を促す工夫をご紹介!

共同注意とは、子どもがほかの人と同じように物体や人物に対して注意を向けている状態のことで、子どもの発達の程度を把握するためのひとつのバロメ...
自分と家族のこと
15401 view
2017/09/29 更新
摂食障害(拒食症・過食症)とは?症状や治療法、関連のある心の病気などを詳しく解説のタイトル画像

摂食障害(拒食症・過食症)とは?症状や治療法、関連のある心の病気などを詳しく解説

摂食障害とは心理的な問題を背景に起こる食行動の障害をいい、一般には拒食症、過食症などが知られています。単に食欲が増減するだけでなく、発達障...
身のまわりのこと
24423 view
2017/09/29 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。