娘の検査結果をきっかけに、母親の自分もアスペルガーと診断されました。

娘の検査結果をきっかけに、母親の自分もアスペルガーと診断されました。のタイトル画像

我が子がアスペルガー症候群と診断されて1年後。コンビニでバイトしていた私はどうしても仕事がうまくいかずパニックを起こし「ひょっとしてこの困り感は・・・!」と娘の検査結果が頭をよぎり、自分も受診することに。同じ診断がおり、娘の先輩としての新しい自覚がわいてきたのです。その経緯を綴ります。

0ca9277f91e40054767f69afeb0426711ca0fddd s
14397 View

どうしても上手くいかない…。

娘がアスペルガー症候群と診断されて1年後。
私はコンビニでバイトを始めることにしました。

しかし、
・お店のオーナー、先輩たち、それぞれ掃除のやり方ひとつにしても指示が違う
・30分以内に掃除は終わらせて、お客様がいらしたら途中でもレジに入る
・一つだけのことをしていたらダメ、揚げ物も、おでんも、品出しも、もちろんレジも同時進行で

という環境に、私はいつまでたっても人並みにこなすことができずにいました。

オーナーに「いいかげん3カ月もたったらみんなできるようになるんだけれど、君はどうしてだろうね?」といわれ、薄々感じていた苦手と向き合うようになりました。

ある日、レジの中でいろいろ指示を受けているとき。
お客様がレジにずらりと並んでいるのを見てパニックを起こしてしまいました。
周囲の言葉が日本語として耳に入ってこないのです。
聞こえるけれど、何一つ理解できないこれはとても怖い体験でした。

「マルチタスクな作業ができない」「次から次へと言葉だけで指示されても頭に残らない、「気を付けていても、言われたことを忘れてしまう」。
自分の困りごとを並べてみた時に、頭をよぎったのは娘の発達検査の結果でした。
「もしかして…」そんな思いで私も発達検査を受けることしたのです。

これまでの「辛い経験」には理由があったと知って

娘と同じ病院で検査を受け、アスペルガー症候群と診断されました。

主治医に私の特性、得意・不得意を解説してもらい
「親子でとても似た特徴を持っています」との言葉に納得したことを覚えています。

診断を聞いた一番最初の気持ちは「ホッとした」。

私は昔から「あなたは耳が聞こえないの?」「どうしてわかってくれないの?」などと責め続けられ、職場によってはひどいパワハラやいじめを受けてきました。
でも、相手がどうしてそんなことをするのかわからず「自分が仕事ができないからだ」と努力はするものの上手く行かずに退職するということを繰り返していました。

これまでの辛い経験、
その多くが特性ゆえのどうしようもない事だと知り、私はとても嬉しかったのです。
「私のせいじゃなかった」と。

娘の辛さを知って…。

診断後、自分の困りごとに向き合ったことで
実感をもって娘がどれだけ苦しい思いをしてきた共感できる気がしています。

娘自身の診断は告知していないのですが、
私が診断を受けたことはすぐにバレて「ママ、大丈夫?」と気遣ってくれる娘。思わぬ優しさを見て嬉しいやら申し訳ないやら…。

自分自身が診断を受けてホッとしたとはいえ、告知のタイミングは迷うものですね。

私が出した一つの結論。そして娘への思い。

アスペルガー症候群であると知った後、新しい仕事についていました。
しかし、仕事で上手くいかず限界を感じて退職することに。
この経験からわたしは一つの結論にたどり着きました。

「これからは自分の発達障害を隠さず、ありのままで働けるところを探そう。」

私自身が元気で過ごし、娘を支えていくため。
同時に、きっと同じ苦労を味わうであろう娘に
同じ障害を持った私がどう生きていくか、どれだけ幸せになれるか見てほしいと思っているからです。

いつか、娘自身の障害を告知するときがくるでしょう。

「どんなことで困ったか」「どうやって乗り越えたか」「人に助けてもらいながら、できることはする」、そういう姿を発達障害を持って生まれた先輩として、娘に見せていこうと決意しています。
娘が安心して進んでいけるよう、告知するまでも、してからも。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

ヨーコ さんが書いた記事

子どもが病院を嫌がったときは「代理受診」を。病院とつながり続けるメリットとは?親のケアや将来の年金にも関わる!?のタイトル画像

子どもが病院を嫌がったときは「代理受診」を。病院とつながり続けるメリットとは?親のケアや将来の年金にも関わる!?

わが子が不登校になったとき、病院へ連れて行くという人も多いと思います。うちの場合も、娘を幼児期から知る私の主治医から「すぐに児童精神科にか...
自分と家族のこと
9830 view
2018/08/10 更新
化粧は超苦手!職場はトラブルだらけ。アスペルガーでADHDな私がみつけた、生き抜くための対処法とは?のタイトル画像

化粧は超苦手!職場はトラブルだらけ。アスペルガーでADHDな私がみつけた、生き抜くための対処法とは?

発達障害のある人にとって「社会人になる」ということは大変なことです。それまでは学校という守られた環境のなかで、親の庇護のもと生きてきたのに...
将来のこと
16057 view
2018/07/10 更新
わが家は母娘ともアスペルガーでネット依存症。落ち込む私を救った、医師や娘の言葉とは…?のタイトル画像

わが家は母娘ともアスペルガーでネット依存症。落ち込む私を救った、医師や娘の言葉とは…?

現在高1の娘は小2から不登校でアスペルガー。ネットやゲームへの依存、1日25時間周期で睡眠時間が回転していく概日リズム睡眠障害があります。...
身のまわりのこと
23255 view
2018/06/09 更新
Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。