「同世代の友だちがいない」そんな時期に大人がサポートできる事

ライター:松本太一

大人との“タテの関係”を築けても、子ども同士の“ヨコの関係”づくりが難しい、というお子さんは少なくありません。その理由と対応についてまとめてみました。

監修者松本太一のアイコン
執筆: 松本太一
アナログゲーム療育アドバイザー
放課後等デイサービスコンサルタント
NPO法人グッド・トイ委員会認定おもちゃインストラクター
東京学芸大学大学院障害児教育専攻卒業(教育学修士)
フリーランスの療育アドバイザー。カードゲームやボードゲームを用いて、発達障害のある子のコミュニケーション力を伸ばす「アナログゲーム療育」を開発。各地の療育機関や支援団体で、実践・研修を行っている。

大人としか仲良くできない子どもがいるのはなぜ?

「同世代の友だちがいない」そんな時期に大人がサポートできる事の画像
出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015184948
普段、療育アドバイザーとしてお子さんの指導をする中で

親御さんから

「ウチの子、親や先生といった大人との関係は良いのだけれど、子ども同士の関係を作るのが苦手なんです。」

というご相談をいただく事があります。

大人とは仲良くお話できるのに、子ども同士の遊びや会話には参加できない。
こうした問題はなぜ起こるのでしょうか?

相手の気持ちを「読む」ことのむずかしさ

「同世代の友だちがいない」そんな時期に大人がサポートできる事の画像
出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=30703000015
「親と子」「先生と生徒」といった、“タテの関係”は、お子さんがどんなに揺るがそうとしても壊れることはありません。

見方を変えれば、関係が壊れないので、お子さんにとっては
「一方的に要求をしてもよい、無茶を言ってもよい」という安心感があります。

ですが、お子さん同士の“ヨコの関係”ではそうはいきません。

自分の要求ばかり押し通そうとしたり、無茶なことを言ったりすれば、相手が嫌がり、関係を絶たれてしまう恐れがあります。

そうならないためにも、
“ヨコの関係”作りには

・相手にどこまで要求をしてよいか
・相手にどこまで合わせなければならないか

などを言動や表情から見極める「読み」の力が必要になります。

発達障害のあるお子さんたちの多くは
この「読み」が苦手であり、それが「子ども同士の関係作りを難しくしている」と私は考えています。

大人の見守りの中で遊べる機会を作る

「同世代の友だちがいない」そんな時期に大人がサポートできる事の画像
出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015196107
では、どうすれば良いのでしょうか?

発達障害のあるお子さんを、集団の中にただ放り込んだだけでは「読み」の弱さからトラブルが起きて、集団から外れてしまうことも考えられます。

そこで、大人の出番です。

大人が遊びを提示し、発達障害のある子も含めて、子どもたちがスムーズに遊べる形を作ってあげたいところです。

たとえば、下のページでご紹介しているアナログゲームは、お子さんたちが横の関係を作る上で最も優れたツールの一つです。

アナログゲームは自由な遊びとは異なり、明確なルールがあることで見通しが立ちやすいため、発達障害のあるお子さんでも遊びやすいのです。
アナログゲーム療育のススメ
http://www.gameryouiku.com/%E7%99%82%E8%82%B2%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%88%E3%82%8B%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/
「同世代の友だちがいない」そんな時期に大人がサポートできる事の画像
Upload By 松本太一
次ページ「トラブルが起きそうになった時こそ、子どもを見守って」

追加する

バナー画像


年齢別でコラムを探す


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。