4歳まで会話が難しかった娘。週2回、あるコトを1年間つづけ…

2016/06/01 更新
4歳まで会話が難しかった娘。週2回、あるコトを1年間つづけ…のタイトル画像

娘は4歳過ぎまで幼稚園での出来事を私に伝えられませんでした。
物事を思い出すというやり方がわからないという感じでした。
私の質問に対して、考えて答えるという『会話』がしたいと思った私は、
週2回のお弁当を利用して訓練しようと考えました。

SAKURAさんのアイコン
SAKURA
168865 View

娘と会話がしたかった

4歳まで会話が難しかった娘。週2回、あるコトを1年間つづけ…の画像
Upload By SAKURA
広汎性発達障害の娘、幼稚園に入園してから、毎日楽しく元気に通っていました。

しかし、言語・コミュニケーション能力が低いため、言葉での質問は理解ができません。

私が娘と会話がしたくて、「今日幼稚園で何したの~?」と聞いても、娘は頷くだけで何も答えられませんでした。

私の質問の意味がわかっていないそ様子。伝える語力をもっていないという理由もありますが、私の質問に対して少しも考えたり思い出したりしていない様子でした。

年長になった今では自分から幼稚園でのできごとを話してくれるようになった娘。

会話ができるようになるまでの工夫をご紹介したいと思います。

お弁当をキャラ弁に!

私の問いかけにうなずくだけの娘。

これではいつまで経っても、会話が出来ない…!そんな焦りを感じた私は、「思い出す」「考える」「話す」ということを何とか訓練できないかと考えました。

娘の幼稚園は週2回お弁当の日がありました。

「お弁当をキャラ弁にすれば、強く記憶に残るんじゃないか?」そう思いつきました。

そして、次のお弁当の日からキャラ弁作りが始まりました。
4歳まで会話が難しかった娘。週2回、あるコトを1年間つづけ…の画像
Upload By SAKURA
4歳まで会話が難しかった娘。週2回、あるコトを1年間つづけ…の画像
Upload By SAKURA
気を付けたのは、

・娘が言える単語でおにぎりを作ること

・なるべく印象的なものにすること

・キャラクターが連続しないこと

でした。
理由が分かれば、工夫ができる。私たち親子の「視覚優位」の話のタイトル画像

関連記事

理由が分かれば、工夫ができる。私たち親子の「視覚優位」の話

初めて会話が成立した日

キャラ弁を持たせた日のお迎え時、娘に「今日のお弁当何だった?」と聞きました。

娘は少し固まった後…
4歳まで会話が難しかった娘。週2回、あるコトを1年間つづけ…の画像
Upload By SAKURA
4歳まで会話が難しかった娘。週2回、あるコトを1年間つづけ…の画像
Upload By SAKURA
ハッとする表情を見せ、「てんとーむち~」と私に言いました。

この瞬間、「質問され、考えて思い出して、答える」という会話が成立しました!

少しずつステップアップ!

4歳まで会話が難しかった娘。週2回、あるコトを1年間つづけ…の画像
Upload By SAKURA
このキャラ弁、数週間続けたころには自信満々におにぎりが何だったか答えられるようになりました。

数ヶ月後には、お弁当の中身まで教えてくれるようになりました。

簡単なやり取りですが、私と娘にとっては会話の基本となる大きな一歩でした。

その日のお弁当を答えられるようになったら

4歳まで会話が難しかった娘。週2回、あるコトを1年間つづけ…の画像
Upload By SAKURA
という言い方をするように心がけました。

なかなか理解しにくい「今日」「昨日」という意味もわかりやすく伝わりますし、
昨日のお弁当が何だったかを覚える、思い出すことに繋がるように思ったのです。

給食も覚えられるように

給食の日は、「今日、給食何だった?」と聞き、娘が固まってしまったら・・・
4歳まで会話が難しかった娘。週2回、あるコトを1年間つづけ…の画像
Upload By SAKURA
4歳まで会話が難しかった娘。週2回、あるコトを1年間つづけ…の画像
Upload By SAKURA
というように、事前に献立を見て内容を知っている私が、ヒントを出します。

すると、娘は「ハンバーグ!」と答えてくれます。

これを繰り返すことで「考える、思い出す、話す」という一つの流れを娘に癖付けるようにしました。

地道なことでしたが、毎日続けることで娘は段々と、お弁当や給食だけでなく、「誰と何をして遊んだか」も話してくれるようになりました。

毎日、生活の中でできる訓練を

独自に考え出したキャラ弁を使った方法でしたが、のちに発達外来のかかりつけ医から
「記憶力の定着にも繋がるとてもいい方法ですよ!」と言ってもらえました。

現在、幼稚園の年長さんになった娘は、
4歳まで会話が難しかった娘。週2回、あるコトを1年間つづけ…の画像
Upload By SAKURA
と、たくさんお話してくれるようになりました。

毎日当たり前にやっていることでも訓練になります。

1つひとつは小さなことでも、続けたら大きな力になる。

娘に負担にならない楽しい方法を見つけて、これからも一緒に成長していけたらと思います。
娘から自発語が出た!私が実践している言葉を促す接し方の工夫のタイトル画像

関連記事

娘から自発語が出た!私が実践している言葉を促す接し方の工夫

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。