「◯◯君は、どうして出来ないの?」お友達の率直な質問に私は…

「◯◯君は、どうして出来ないの?」お友達の率直な質問に私は…のタイトル画像

発達障害のお子さんは、成長がゆっくりだったり苦手なことがあったり、色々な特性があります。うちの現在小学2年生の息子は、今ではしゃべりすぎる位おしゃべりでしたが、小さい頃は殆ど話せませんでした。保育園で同世代のお友達から聞かれたときに、私が答えていたことについてご紹介します。

たっくんママのアイコン
たっくんママ
25871 View

「どうして○○君は、○○できないの?」

「◯◯君は、どうして出来ないの?」お友達の率直な質問に私は…の画像
Upload By たっくんママ
園で同世代のお子さんに何度か言われたこの言葉。

発達障害のお子さんは、成長がゆっくりだったり、苦手なことがあったり、色々な特性があります。

うちの現在小学2年生の息子は、今ではしゃべりすぎるくらいおしゃべりでしたが、小さい頃はほとんど話せませんでした。

「どうして○○君はまだしゃべれないの?」

とても、ストレートな質問ですよね。

はじめは言われると傍にいる私が落ち込んだりもしていました。

子どもはとても敏感で、自分や周りとの違いを色々感じ取ります。

けして悪意のある質問ではなく、自分や周りの子ができていることをどうして○○君はできないんだろう?素朴な疑問で聞いているのだとわかってからは、息子を理解してもらうチャンスだと捉えることにしました。

できないことは、苦手なので練習中だと伝えてみた

「○○は、おしゃべりするのが苦手で、今練習中なんだ

でも沢山話しかけてもらえると上手になるから、沢山話かけてあげてね~」

と答えました。

質問した園児は、少しきょとんとしてましたが、大きくうなずいてくれました。

マザー・テレサも、「愛情の裏返しは憎しみではなくて、無関心です」と言っています。

悪意のある関心は困りますが、関心を持ってくれたということはそれだけ気にかけていて、お友達や味方になってくれる可能性もあるということだと思います。

「どうして、○○君は先に帰るの?」

「◯◯君は、どうして出来ないの?」お友達の率直な質問に私は…の画像
Upload By たっくんママ
これは、息子が療育のために園を早退する時にかけられた言葉です。

あいまいに濁しても良かったのですが、

「○○(息子の名前)はちょっと苦手なことがあってね、練習しにいっているんだ」

とその時は答えました。

答えるときに私が心がけているのは、落ち着いたトーンで答えるよりも、できるだけ明るく伝えてそれがマイナスではないというよというニュアンスを含めるようにしています。

息子も

「そうなんだ、ぼく練習行ってくるんだ!」

とやや自慢げに答えていました。
児童発達支援とはどんな施設?サービス・利用方法・費用・受給者証手続きの流れをご紹介のタイトル画像

関連記事

児童発達支援とはどんな施設?サービス・利用方法・費用・受給者証手続きの流れをご紹介

カミングアウトの目的とは

上記の2つの例も、すごくソフトなカミングアウトに当てはまると思います。

カミングアウトは、なんでもかんでもした方がよいという考えは私にありません。

時期や相手、その時の環境など様々な要因によって、メリットデメリットを比較した上で判断することだと思います。

ベストなタイミングというのは判断が難しいと思いますが、私の場合は「カミングアウトをすることによって息子が暮らしやすくなるか?」を判断基準にしています。

以下の本は、周囲から障害について聞かれたときに「どう説明するか?」という考え方や沢山の事例が書いてあり、私の考え方の指針になっています。

苦手なことがあるけど、仲間だと感じてくれた

「◯◯君は、どうして出来ないの?」お友達の率直な質問に私は…の画像
Upload By たっくんママ
聞かれた時にそのつど説明していたことによって、同世代の園のお友達は、苦手なことがある息子に対して他の子よりも苦手なことが多い○○君だけど、同じクラスの仲間という認識でいてくれたように思います。

女の子は同じ年齢でしたがお姉さんのような感じで、息子が困っていたときに助けてくれていたこともあったと、後から先生に聞きました。

もちろん小さな衝突やトラブルはたくさんありましたが、介助の先生に間に入って頂き、楽しく3年間の保育園生活をすごせました。

いかがでしたか?

「◯◯君は、どうして出来ないの?」お友達の率直な質問に私は…の画像
Upload By たっくんママ
言い方には気を配ったり、言う言わない色々なケースがあると思いますが、私は今回の場合は伝え続けてよかったと思っています。

伝えたことによって、お子さんの仲間やサポーターになってくれるかもしれない場合は、伝えてみてもいいかもしれません。
障害のカミングアウトはどうすれば?先生・ママ友・クラスメートそれぞれへの対応のタイトル画像

関連記事

障害のカミングアウトはどうすれば?先生・ママ友・クラスメートそれぞれへの対応

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。