児童発達支援事業所
  • 問い合わせ受付中
  • 送迎あり
  • 土日祝営業

KIDSBASE さんかく

近隣駅: せんげん台駅、武里駅 / 〒343-0044 埼玉県越谷市大泊378-3
電話で聞く場合はこちら 050-3177-2868

最近の不登校事情

教室の毎日
こんにちは!
KIDSBASEさんかくで心理士をしています、田原です。
今日は不登校についてお話しします。

 そもそも不登校の理由は、いじめや対人関係、学業不振、ゲーム(スマホ)依存、非行等が影響していることが少なくありません。これらのように一次的な問題が明確であれば、早急に問題へ対処できれば登校できるようになることもあります。しかし、不登校が長期化すると、一次的な問題だけではなく、ニ次的に問題が生じ複雑化していきます。例えば、一次的に対人関係で不登校となり長期化してしまうと、二次的に不安が高くなり人の視線が気になりはじめたり、緊張感や恥ずかしさが過剰になったりしてしまいます。また、家にいるとき何をしているか不登校の子ども達に聞くと、ゲームや動画と答えます。はじめは暇潰し程度にやっていたゲームが、いつの間にか依存するくらいハマり、登校に影響してしまうことがあります。登校しないで暇だからゲームをやっている⇨ゲームをやりたいから登校しない、となることもあります。また、いじめで不登校になった場合では、担任の先生が介入できると登校できるようになることもあります。しかし、からかわれる子どもにも問題があるという話になると、二次的に担任の先生とも関係がこじれてしまい問題は複雑化してしまいます。

 最近では不登校事情も少し変化しているように思います。原因がはっきりしないことも多く、因果論では説明できないことも少なくありません。その場合、不登校と問題の関係が見えないわけですから、問題志向ではなく解決志向で考えていきます。クライエントさんにとっての解決とは何か。どうなると解決と自覚できそうか一緒に考えます。今自覚できる解決が、登校することにならないこともあるわけです。それを受容した上でクライエントさんとの関係を続けていると、ある時点から登校意欲が出てくることもあります。

 現在、コロナ禍で登校自粛により、休校や分散登校、授業短縮等が行われています。それが原因で登校しづらくなっている児童生徒もいます。逆に、登校自粛がスモールステップ的に不安拮抗的に働き、これまで登校出来なかった児童生徒が登校しやすくなっている場合もあるように思います。私は、子ども達が無理せず、楽しく登校出来るようになることを理想としています。一次的、二次的な問題を見立てながら、介入するタイミングとポイントを見極めながら対処することが求められています。また、場合によっては中長期的に支援を続ける必要があると思っています。
空き確認問い合わせフォーム
問い合わせ施設:

KIDSBASE さんかく

WEB問い合わせいただいた内容について、近日中に施設から回答いたします。
必須
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
任意
WEB問い合わせを送信すると「施設へのお問い合わせ内容に含まれる個人情報の取扱いについて」 に同意したことになります。

掲載情報について

施設の情報
施設の情報は、株式会社LITALICOの独自収集情報、都道府県の公開情報、施設からの情報提供に基づくものです。株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設の利用を推奨するものではありません。ご利用の際は必要に応じて各施設にお問い合わせください。施設の情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。


利用者の声
利用者の声は、施設と関わりをもった第三者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。


施設カテゴリ
施設のカテゴリについては、児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、その他発達支援施設の3つのカテゴリを取り扱っており、児童発達支援事業所については、地域の児童発達支援センターと児童発達支援事業の両方を掲載しております。