「もっと早く気づいていたら」そう自分を責めてしまうパパとママへ

「もっと早く気づいていたら」そう自分を責めてしまうパパとママへのタイトル画像

次男の障害告知を経て、「遅れを取り戻さなければ」「きっとみんなに追いつくはず」と焦っていた私。子どもを「普通に近づける」のではなくて、子どもと「普通に暮らす」、それができればいい。シンプルだけど大切なことに気づかせてくれたのは、親子で最初に出会った療育園でした。

90af7edbfd8a161a7f711504a114aaf5bf597f9f s
48140 View

母の勘は野生の勘?何かが違うと感じたとき

まさかわが子の障害が見落とされているとは思いもよりませんでした。

わが家は3つ子。
3人とも、1000g台の未熟児として生まれました。

多胎児出産や未熟児医療に長けた大学病院で
妊娠から出産、そしてNICUから乳児検診に至るまで一貫してお世話になっていたので、安心してお任せしていました。
 
しかし、歩行の遅れに発語の遅れ・・・。
三人三様といっても明らかに1人だけ取り残されているかのような次男の発達。

いくつかの相談窓口で不安を打ち明けてみたものの、返ってくる言葉は「未熟だったしね。もう少し様子を見ましょう」「お母さん、疲れているのね。子どもの発達は様々で、3人そろってとはいかないものよ。」等、新米ママを励ます言葉ばかりでした。

そんな周囲の思いやりさえも、当時の私の心には虚しく響くばかり。
大丈夫と思いたい母の気持ちを掻き消すように、やはり何かが違うと胸がざわつくのです。

母の勘というものは、新米だろうがベテランだろうが、野生動物のそれと同じなのかもしれません。
漠然とした不安が現実のものとなったのは、不安を感じてから半年後、3つ子が1歳9か月のときでした。
「もっと早く気づいていたら」そう自分を責めてしまうパパとママへの画像
Upload By じゅん

気づけるチャンスはあったのに・・・自分を責めて悔やむ日々

赤ちゃん特有のパンダ座りができず、常にちんまりと正座姿の次男を見て、主治医が慌てて撮ったMRI画像。
そこには、ところどころ白いもやがかかったような、次男の脳が写っていました。

「脳室周囲白質軟化症」

これが、次男についた最初の診断名でした。
なぜ今になって?出産時にも全身の検査を受けたはずなのに?

「このくらいならそんなに大きな遅れはないと思いますよ」

さらりと言う主治医のこの言葉に、腹を立てる余裕もありませんでした。
もっと重たい病と闘っている赤ちゃんを診ている主治医にしてみたら、次男の障害は命の心配のない、程度の軽いものに思えたのでしょう。

でも、私たち夫婦にとってはかけがえのない大切な子ども。
障害を負ってから1年以上、何も気づかずに放置してしまったのです。

もっと早く検査を希望していたら・・・もっと早くからリハビリをしていたら・・・
親として不甲斐なくて、次男に申し訳なくて。

「無駄にしてしまった1年半を取り戻そう」と療育を開始することを決めました。
「まだ早いですよ」という市の担当者に頼み込み、地域の療育園に通わせてもらうことになったのが、3つ子が2歳3か月の冬でした。

呪縛を解いてくれた先生の言葉

療育園と聞いて真っ先に頭に浮かんだイメージは、がむしゃらに訓練に勤しむ親子の姿でした。
うん、次男のためなら頑張れる。そうしたらきっと次男は他の2人に追いつくはず!
ドキドキしながら療育園の門をくぐった私を迎え入れてくれたのは、思いがけずゆったりとした、穏やかな空間でした。
「お母さん、上手に子育てしてきたのね。次男くん、とてもいい笑顔をするね。」

驚きました。
自分が人前で、しかも療育教室で、しゃくりあげて泣くなんて予想もしていませんでした。

次男に対して
「母として取り返しのつかないミスをしてしまった」「こんなに遅れてしまったのは私のせい」と、
無意識のうちに自分を縛っていた自責の念。


その呪縛を、先生がスルッと解いてくれた瞬間でした。

今までの時間は無駄じゃなかったよ、次男はちゃんと幸せに育ってるよ、そう言ってもらえたようでホッとしたのです。

同時に療育園の子どもたちの屈託のない笑顔や、全身全霊をかけて泣いたり怒ったり笑ったりする姿に(本当に、どうしてそこまで元気なの?!と感心するような全力投球っぷりなのです)、すっかり魅了されている自分がいたのです。
「もっと早く気づいていたら」そう自分を責めてしまうパパとママへの画像
Upload By じゅん

「ふつうにする」のではなく「ふつうに育てる」

その後、次男には「自閉症」という2つ目の診断がおりました。

「自閉症も、だなんて次男は欲張りだね」と笑う私たち夫婦を見て、満面の笑みを浮かべる次男。
つられて笑う、長男と長女。


あのまま、障害を克服せねばと躍起になっていたら、こんなふうに笑いのこぼれる今の家族の姿はなかったかもしれません。
社会でふつうに暮らしていくためにも、愛情をこめていっしょに笑い、ときには叱り、ときには悩み、ふつうに「子育て」をしていけばいい。

それは障害があろうとなかろうと同じこと。
そんなふうに気づかせれくれた療育園に、今も感謝の気持ちでいっぱいです。

健康に育っていると信じていたわが子に、障害があると知らされる絶望感。
その後に襲ってくる無力感。

今は少々のことでは動じない、かわいらしさ皆無の肝っ玉母さんになってしまったけれど、
あのときの気持ちはずっと忘れずにいたいなあと思っています。

今、昔の私と同じように悩んでいるパパやママの心に
「大丈夫、あなたのお子さんはちゃんと幸せだよ、あなたの子育てはまちがってないよ」と、共感をこめて伝えていくために。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。