ADHD(注意欠陥・多動性障害)の原因は?遺伝する確率は?

2016/06/09 更新
ADHD(注意欠陥・多動性障害)の原因は?遺伝する確率は?のタイトル画像

ADHDは「多動」「衝動」「不注意」の3つの特徴がみられる発達障害です。ADHDは先天性の障害と言われていますが、原因にはどのようなものがあるのでしょうか?また、遺伝との関係性はあるのでしょうか。

発達障害のキホン
267501 View
監修: 井上 雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授
応用行動分析学
自閉症支援士エキスパート
LITALICO研究所 客員研究員
目次 医学的にADHD(注意欠陥・多動性障害)の発現時期は分かっているの? ADHDの原因は? ADHDは親から子どもへ遺伝するの? 生まれる前にADHDを検査する方法はあるの? ADHDの治療法はあるの? まとめ

医学的にADHD(注意欠陥・多動性障害)の発現時期は分かっているの?

ADHD(注意欠陥・多動性障害)は英語でAttention Deficit Hyperactivity Disorderの略で、不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(考えずに行動してしまう)の3つの症状がみられる発達障害のことです。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の詳しい原因はまだ解明されていませんが、先天性の障害と言われています。

ADHDの症状の発現時期は一人一人異なり、また、なんらかの困難に直面したり症状に気づいたりしてから診断を受けるケースがほとんどのため、明確にはわかっていません。ですが一般論としては、生後すぐには症状の確認はできず、2歳ごろから少しずつ症状がみられるようになると言われています。

保育園や幼稚園に通うようになる3~4歳ごろは、定型発達の場合、自律することを覚えたり、社会のルールを学び始める時期ですが、この頃、集団での行動が難しい、先生の指示を聞くことができない、席に座ることができない、落ち着きがない、癇癪をおこしやすいなどの多動性の症状が同年齢の子どもに比べて目立つようになると言われています。園の先生や、3歳児健診で医師から指摘されて気づくケースもあります。

小学校に上がる7歳ごろになると顕著に症状がみられるようになるため、ADHDの確定診断が下される場合が多くなります。(文部科学省の定義では7歳以前に症状が現れるとされていますが、2013年に出版されたアメリカ精神医学会の『DSM-5』(『精神障害のための診断と統計のマニュアル』第5版)では、診断年齢は7歳以前から12歳以前に引き上げられています。)

他にも大人になってからADHDの診断を受けることがありますが、大人になってから突然ADHDの特性が発現したということではありません。先にも述べたようにADHDは先天性のものなので、大人になってからADHDの症状で悩んでいる場合でも、実際には子どもの頃からADHDの特性はあったが、それまで分かりにくかった、発達障害によるものではないと思っていた、などが考えられます。

※ADHDは2014年に日本精神神経学会により正式には「注意欠如・多動性障害」という名称に改名されました。しかしながら、現在でもADHD(注意欠陥・多動性障害)の名称を使う人が多いので、本記事ではこちらを障害名として使っていきます。
ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめのタイトル画像

関連記事

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめ

ADHDの原因は?

ADHDの症状が起こる確かな原因はまだ解明されていません。主に「遺伝的要因による脳の機能障害説」「環境的要因の説」があり議論や研究が重ねられています。現在有力だとされている素因は脳の前頭野部分の機能異常です。近年の研究から、ADHDの人は、行動等をコントロールしている神経系に機能異常があるのではないかと考えられています。

前頭葉は脳の前部分にあり、物事を整理整頓したり論理的に考えたりする働きをします。この部位は注意を持続させたり行動などをコントロールさせたりします。ADHDの人は、この部分の働きに何らかのかたよりや異常があり、前頭葉がうまく働いていないのではないかと考えられています。

前頭葉が働くためには、神経伝達物質のドーパミンがニューロンによって運ばれなくてはいけません。しかしADHDの人の場合ニューロンによってドーパミンがうまく運べず、前頭葉の働きが弱くなってしまうと考えられています。それが原因で「多動」「衝動」「不注意」の3つの特徴が現れます。

ADHDの人は五感からの刺激を敏感に感じ取ってしまう傾向がありますが、それも前頭葉の働きが弱いからだと言われています。思考よりも五感からの刺激を敏感に感じ取ってしまい感覚を過剰に感じてしまうので、論理的に考えたり集中するのが苦手となる傾向があります。

また、最近の研究では、遺伝的要因とともに、胎児期・発育期の環境的要因も相互に影響を及ぼすといわれています。様々な関連の可能性について、研究が進められていますが、まだはっきりとした因果関係についての結論は出ていません。

まだ明確な原因の解明には至っていませんが、ADHDには複数の関連遺伝子が素因としてあり、それらが様々な道筋をたどって、このような特有の脳機能の偏りを引き起こし、ADHDの症状につながるのではないかと言われています。つまり、先天的な遺伝的要因による脳の機能異常があり、それが様々な環境的要因と相互に影響し合ってADHDの症状となると考えられるので、以前言われていたような親の育て方やしつけが直接の原因という説は誤解です。

ADHDは親から子どもへ遺伝するの?

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の原因は?遺伝する確率は?の画像
Upload By 発達障害のキホン
親からの遺伝によって子どもがADHDになる可能性はあるのでしょうか?

ADHDは脳の機能障害が原因であると考えられています。脳の機能障害には、遺伝的要因が関連するという研究結果も出ています。親からの遺伝が原因となって発現する可能性を確率によって表すことはできませんが、ゼロであるとは言い切れないと考えられています。

また、現在、双生児研究や家族性についての研究が盛んに進められています。

ADHDの原因は、医学的にはまだはっきりとはわかっていません。
しかし、「家族性」があることや、周囲の「環境」にも原因があると考えられています。

ADHDには、「家族性」があることがわかっています。 家族性というのは、家族に糖尿病や近視の人がいると、自分もそうなる確率が高くなるという意味です。 病気の遺伝子を受け継いだ子どもが、親と同じ病気を発症する「遺伝」とは少しニュアンスが違います。

アメリカで行われたある調査によると、父親か母親のどちらかにADHDがあると、その子どもにADHDがあらわれる確率は最大50%だといわれてます。また、兄弟姉妹にADHDの子どもがいる場合、いない子に比べ5~7倍の率で発症するというデータもあります。 しかし多動・衝動的な行動に対しては、周囲の対処の仕方で症状の出方は大きく変わります。 ADHDの家族性がある一卵性双生児でも、両方の子が発症する確率が100%ではないのは、成育環境などの影響によるものと考えられます。

出典:http://www.dr-maedaclinic.jp/dq140.html
「家族性」とは、ADHDのある人がいる家系の場合、ない家系より発現しやすい傾向があるということですが、これもまだ研究段階ではっきりと確率が出ているわけではありません。

家族間では遺伝による体質と、生育環境が似ているため、このような傾向が出るのではないかと考えられていますが、ADHDは体質や環境要因が相互にかつ複雑に影響して発現します。また、遺伝子が一致する一卵性双生児でも100%の確率で発現しないことから、単純に親がADHDだからといって、子どもにADHDが遺伝するということではありません

生まれる前にADHDを検査する方法はあるの?

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
放課後等デイサービス・児童発達支援の求人一覧です。待遇・給与、勤務時間、研修・教育制度、職員のインタビューからあなたにぴったりの職場を探せます。
会員登録後のエントリーで1,000円のAmazonギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中!
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

発達障害のキホン さんが書いた記事

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説のタイトル画像

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説

PTSDは、つらいできごとがトラウマとなり、さまざまな症状を発症する疾患です。発症すると、そのできごとに関わる人・場所を過度に避けたり、考...
発達障害のこと
254130 view
2018/12/09 更新
子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめのタイトル画像

子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめ

大声で泣き叫んだり、暴れたりする子どもに困っている…。一旦気持ちが爆発するとなかなか収まらない癇癪ですが、子どもが癇癪を起こす背景には必ず...
発達障害のこと
656721 view
2018/12/07 更新
難病の軽症高額該当で、医療費助成の対象外でも支援が受けられる?制度該当条件などを詳しく解説します!のタイトル画像

難病の軽症高額該当で、医療費助成の対象外でも支援が受けられる?制度該当条件などを詳しく解説します!

難病法には重症度基準が設けられ、病状の程度が一定以上の人は、医療費助成の対象となります。しかし、指定難病の診断を受けていても、治療により症...
身のまわりのこと
3855 view
2018/12/04 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。