ADHD(注意欠陥・多動性障害)の治療法・療育法は?治療薬は効果的なの?

2016/06/11 更新
ADHD(注意欠陥・多動性障害)の治療法・療育法は?治療薬は効果的なの?のタイトル画像

ADHDの治療法にはどんなものがあるのでしょうか?またどのような療育法が適しているのでしょうか?ADHDの治療薬の効果や副作用、薬以外の治療法としての療育などについてご紹介します。様々な治療法のメリット・デメリットを知り、本人が生きやすい環境を作るように心がけましょう。

6077ad2b372d5a152de8191d73e3e4480c620035 s
発達障害のキホン
377880 View
5a9f9be3a4c4f2b420bb57b06f1121b9c3f754e5 s
監修: 井上 雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授
応用行動分析学
自閉症支援士エキスパート
LITALICO研究所 客員研究員
目次 ADHD(注意欠陥・多動性障害)の原因は? ADHDって治療できるの? ADHDの治療の判断基準は?いつから始めるべきなの? ADHDの治療方法 接し方で大きく変わる!ADHDの子どもへの接し方のポイント まとめ

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の原因は?

ADHDの原因は、現在の医学ではまだはっきりと分かっていません。一番有力なのは、脳の前頭前野部分の機能異常だと言われています。前頭葉は脳の前部分にあり、物事を整理整頓したり、論理的に考えたりする働きをします。ADHDの人はこの部分の働きに何らかの偏りや異常があり、思考よりも五感からの刺激を敏感に感じ取ってしまいます。そのため論理的に考えたり集中するのが苦手となるのです。ADHDはこのような先天的な脳の機能障害と、さまざまな環境要因が相互に影響して引き起こされる障害であると考えられています。

以前は親の子育ての仕方がADHDの原因だと誤解を受けることもありましたが、育て方やしつけの問題という考え方は間違っていることが判明しています。
※ADHDは2014年に日本精神神経学会により「注意欠陥」が「注意欠如」に改名されたため、日本での正式な診断名は「注意欠如・多動性障害」となります。しかしながら、現在でも「注意欠陥・多動性障害」と呼ばれることが多いので、本記事ではADHD(注意欠陥・多動性障害)として表記しています。
ADHD(注意欠陥・多動性障害)の原因は?遺伝する確率は?のタイトル画像
関連記事
ADHD(注意欠陥・多動性障害)の原因は?遺伝する確率は?

ADHDって治療できるの?

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の治療法・療育法は?治療薬は効果的なの?の画像
Upload By 発達障害のキホン
ADHDを根本的に治療することはできません。しかし、ADHDによる困難の乗り越え方を学ぶ教育・療育や、ADHDの症状を緩和する治療薬は存在します。また環境調整をしたり、周囲が普段からの対応法を考えることによって、本人が生きやすい環境を作ることも可能です。

ADHDのある人はその特性ゆえに、生活する中で困難にぶつかることが多くなりがちです。同じミスを繰り返して何度も叱られたり、順番やルールを守れずトラブルになったりすることがあります。中には自分に自信をなくしたり、周りに敵意を持ってしまうこともあります。こういった日々の困難さが引き金となって、うつ病やひきこもりなどのいわゆる二次障害や併存症、合併症が発現することがあるのです。特に思春期以降の不安障害や気分障害の予防が大切になってきます。

ADHDの症状を緩和するのに加え、二次障害や併存症、合併症のリスクを極力なくすためにも、周りがADHDについてよく理解し、どのように対応すれば本人が行動しやすいか、生きやすいかなどを考えていくことが必要です。

ADHDの治療の判断基準は?いつから始めるべきなの?

どのような症状であれば治療が必要?

ADHDの人には、集中することができずにすぐに気が散ってしまう「不注意」、落ち着いてじっとしていることができず体を動かしてしまう「多動性」、そして順番が守れなかったり思いついたことを考えずにすぐに行動に移したりする「衝動性」の3つの特徴が表れます。

小さい子どものうちは、ADHDではなくてもこのような行動をとることもありますが、このような特徴が年齢や発達に不釣り合いなほど過度に見られ、社会的な活動や学業に支障が出る場合には、保健センターや子育て支援センター、児童発達支援事業所などの専門機関に相談することをおすすめします。

大人の場合には、同じミスばかり繰り返したり、大事な約束を頻繁に忘れてしまったり、整理整頓ができないなど、社会生活や日常生活に支障をきたす症状がある場合には、発達障害者支援センターなどの専門機関や精神科などの医療機関で相談してみましょう。

治療を始める年齢は何歳?治療を終える判断基準は?

治療には、療育や教育といった心理・社会的アプローチと、薬物療法などの医療的なアプローチがあります。

ADHDは先天性の発達障害ですが、診断は症状が出てからとなるため、治療や療育をはじめる年齢はまちまちです。一般的には療育や教育は年齢には関係なく、いつからでも受けることができますが、困りごとが出てきたり、障害に気づいた時点で早めに取り組むことが大切です。

特性を抑えるための薬物療法も存在しており、本人を落ち着かせるためにしばしば利用されることもありますが、人によって合う合わないもあり、副作用も見られるため、薬に頼りすぎたり、また自己判断で服用をやめたりしないようにしましょう。医師としっかり治療方針を相談した上で、用法用量を守って使用することが大切です。また、薬物療法のみで子どもを落ち着かせるのでははく、環境調整や落ち着いている時にスキルトレーニングなどを行っていきましょう。

ADHDの治療終了と判断される基準は、学校・職場や家庭での様々な困難が十分な期間改善されたかどうか、そして治療を終了しても長期的に改善された状況が続く見込みがあるかが検討されます。しかし、経過を観察していく中で環境が変わったり状況の変化に本人が対応できず、治療を再開することも少なくありません。ADHDは必要な時に必要な治療・サポートを受けることが大切なので、一度治療期間を終えても定期的に医師の検診を受けることをおすすめします。

ADHDの治療方法

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Question history

発達障害のキホンを知る

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!のタイトル画像

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!

発達障害は外見からはわかりにくい障害です。定義や特徴も複雑で、イメージしにくいかもしれません。この記事ではイラスト図解で、発達障害にはどん...
発達障害のこと
41638 view
2018/08/28 更新
ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめのタイトル画像

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめ

ADHDは不注意、多動性、衝動性の3つの症状がみられる発達障害のひとつです。注意欠如・多動性障害とも呼ばれます。子どもの20人に1人、成人...
発達障害のこと
4393757 view
2017/08/30 更新
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは、自閉症やアスペルガー症候群などが統合されてできた診断名です。コミュニケーションに困難さがあり、限定さ...
発達障害のこと
2124810 view
2016/09/29 更新
【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!のタイトル画像

【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!

学習障害(LD)がある子どもはどのような状態で、何に困っているのかご存知ですか?イラスト図解とポイント解説で、学習障害とはどんな障害なのか...
発達障害のこと
20419 view
2018/09/06 更新
Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。