【大人のアスペルガー症候群】 仕事での困りごと・対処法まとめ

【大人のアスペルガー症候群】 仕事での困りごと・対処法まとめのタイトル画像

「今まで本人も周りも気が付かなかったけれど、大人になってからアスペルガー症候群ということが分かった」という方も少なくありません。人間関係やコミュニケーションを苦手と感じていたり、仕事でもミスを繰り返してしまうなど、大人になってからの困りごとと対処法、向いている仕事などをまとめました。

発達障害のキホンのアイコン
発達障害のキホン
582815 View
監修者井上 雅彦のアイコン
監修: 井上 雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授
専門行動療法士
自閉症支援士エキスパート
LITALICO研究所 客員研究員
公認心理師
目次

アスペルガー症候群(AS)とは?

アスペルガー症候群(AS)とは、「コミュニケーションの問題」「対人関係の問題」「限定された物事へのこだわり・興味」の3つの症状がみられ、知的障害や言葉の発達の遅れがない発達障害です。

アスペルガー症候群は、2013年に発行されたアメリカ精神医学会の『DSM-5』(『精神障害のための診断と統計のマニュアル』第5版 テキスト改訂版)においては「自閉症スペクトラム障害(ASD)」の中にまとめられています。そのため、今後この診断がつくことは少なくなることが予想されます。

ですが、現状では世界保健機関(WHO)の『ICD-10』(『国際疾病分類』第10版)(※)による診断を行う医療機関もあること、すでにICD-10や、DSM-5の前版の『DSM-Ⅳ-TR』(『精神障害のための診断と統計のマニュアル』第4版 テキスト改訂版)でアスペルガー症候群の診断を受けた人もおられることから、本記事ではアスペルガー症候群という用語を用い、説明していきます。

※ICD-10について:2019年5月、世界保健機関(WHO)の総会で、国際疾病分類の第11回改訂版(ICD-11)が承認されました。日本国内ではこれから、日本語訳や審議、周知などを経て数年以内に施行される見込みです。

アスペルガー症候群(AS)で働いている大人はどのくらいいる?

アスペルガー症候群は現代になってようやく少しずつ認知度が広まってきました。知的な遅れがないことから障害と認知されづらい側面もあり、今までは障害だと気が付かれずに、本人が生きづらい思いをしたり、周りも理解に苦しんだりすることも少なくありませんでした。

しかし、実はアスペルガー症候群は決して珍しいものではなく、約4000人に1人の割合で発症すると言われています。本人や家族の自覚のあるなしなども含め、広い意味で考えるとその数はもっと多いと考えられます。

そもそもアスペルガー症候群の大人が日本に何人いるか、正確な数を出すのはなかなか難しいですが、就職して働いている人も少なくないと考えられます。

自身にあった就職先に就労している人も多くいますし、障害者手帳取得者で、障害者雇用に関する公的支援を活用して仕事に就労している人もいます。働き方はそれぞれですが、自分の障害を認知しているかどうかでも就労状況は変わってきます。
【アスペルガー症候群とは】3つの症状と相談先、活用できる支援を解説のタイトル画像

関連記事

【アスペルガー症候群とは】3つの症状と相談先、活用できる支援を解説

大人のアスペルガー症候群、いつ診断された?きっかけは?

アスペルガー症候群と診断された人は、いつどのように診断をうけるのでしょうか?

アスペルガー症候群と幼少期から診断を受けている者です。私は、アスペルガーに対して理解力のある親の元に生まれ、小さい頃からアスペルガーとの診断を受け、小学校の頃から支援教室に通っていました。…中略…中学1年生の途中から支援学級の先生から初めて私がアスペルガーであることを教えられました。しかし、私は悲しみや悔しみなどの感情は全く起きず、今まで何故自分が人とのコミュニケーションが上手くいかなかったかの一つの要因を知ることが出来てむしろホッとしました。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10152507880
幼いころにアスペルガー症候群と診断される場合、周りの空気が読めなかったりすることや、併発している多動症などを不安に思い、親が診断に連れて行くことが多いようです。学校で人間関係のトラブルを起こしがちなことから「うちの子はもしかしたら他の子と何かが違うのかも」と思い、専門機関に相談したことがきっかけになるケースもよくあります。

子どもの発達障害が発覚したけれど、本人には伝えないという選択をされる保護者も多くおられます。上の方の場合、中学1年生のときに障害であるということを支援学級の人から教えられたそうです。

また、アスペルガー症候群の診断を受けている人の中には、大人になってから障害が発覚した人もいます。

ADDが主でアスペルガーを併発の中年女性です。
幼い頃より生きづらさを抱え、社会に出てから困りごとを抱えていない時は無い状態で長年を生きています。

私は鬱症状が酷くなってからの受診・検査・治療でした。
私自身は本当にわからないのです。
どうしてこんなに毎日努力しているのに、努力が足りないなんて、、、と。
適応障害による鬱症状が出なければ受診しなかったかもしれません。
鬱の克服法を調べているうちに、鬱は発達障害の二次障害ではないかと気づき受診した次第です。
一般人の適応障害なのか?それとも発達障害なのか?は専門機関できちんとした検査を受ければ判明します。
それ基づいて診察と心理療法を受けました。

出典:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2015/1126/741268.htm
大人になると社会で求められる責任や役割が大きくなり、仕事や生活をする上での困りごとも増えるでしょう。仕事上のトラブルや人間関係に悩んだり、うつ病や不安障害などの二次障害がきっかけで心療内科や精神科を受診し、大人になり社会に出てから診断を受けるケースも多いです。他者との違いを感じ、自身や周りのすすめで専門機関をあたる人が多くいます。

私は30代でアスペルガーと診断されましたが、相貌失認です。
相貌失認で悩んでいる発達障害者は非常に多いです。
私は実際これが原因で解雇されていますしね。

また意識的な訓練の結果、向上する部分もあります。
私は診断後、あえてコールセンターで数年間働きました。相当苦労しましたが、おかげさまで聞き取り能力はかなり向上したと思います。

出典:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2016/0205/750055.htm

つい最近、アスペルガーと診断された成人です。
ショックというより、苦痛から解放された気分でしたね。

小さい頃は虐められてました。
「自分は何もしてないのに、虐められるの?」とずっと悩んでました。
アスペルガー症候群特性上のKYぶり、異常な行動や言動が原因でした。
診断後は謎か解けて、気分は晴れやかです。
就職活動にも積極的になったし、プライベートでも明るく振る舞える様になりました。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1384562053
診断を受けることですぐに問題が解決するわけではありません。不安やショックを感じ、仕事を続けてよいのか悩む人もいるでしょう。ですが、それまで「どうしてうまくいかないのか」と悩み、不安だったことが診断を受けることで気持ちが楽になり、専門機関の支援を受けることで、対処もできるようになるケースも多くあります。

仕事上においてもいろいろと工夫を凝らすことによって、障害の特性を緩和させ、生きやすさを向上することができます。自分だけで悩みを抱えこんでしまうのではなく、周りともよく相談し、サポートを受けながら対処法を考えていきましょう。

アスペルガー症候群の人が向いている仕事は?向いていない仕事とは?

アスペルガー症候群の人は、その特性が仕事の向き不向きに大きく反映されやすいですが、個々にあった職業を選ぶことで離職を抑えられたり、働きやすい環境を手に入れることが可能です。アスペルガー症候群の特性から、一般的に向いている・向いていないと考えられる仕事について、以下に述べていきます。

アスペルガー症候群の人が得意と言われている仕事

・集中してできるもの
・目に見えるものを取り扱う
・イレギュラー対応が少ない
・規則性、法則性が高い
・人間関係が複雑でない環境

上記5つはアスペルガー症候群の人が働きやすいスキル・環境です。同症候群の人は、自分の関心に応じた知識を掘り下げ、専門性を高めていくことが得意です。興味のあるものはとことん突き詰める特性があるので、そういった分野ではかなりの集中力を発揮します。向いている仕事の例として下記に5つ紹介します。あくまで一例なので、アスペルガー症候群の人すべてに当てはまるわけではありません。個々にあった仕事、興味を持てる仕事を選ぶことが大切です。

■研究職(統計学者、物理学者など)
■コンピュータープログラマー、SE(システムエンジニア)
■ゲーム、ウェブ、自動車、工業関連の興味関心の高い領域での職業
■デザイナーなどの独創性を生かして働ける職業
■法律などを扱う専門事務職

アスペルガー症候群の人が苦手と言われている仕事

・人間関係が複雑に絡む(マネジメント、クレーム処理など)
・複数のタスクを抱える
・イレギュラー対応が必要になる
・先を予測して行動する
・相手の表情や心情を読む

上記はアスペルガー症候群の人が苦手なことです。このようなスキルが強く必要とされる職場では働きにくかったり、辛い思いをしたりして離職してしまう可能性もあるでしょう。複雑な人間関係や高い対人スキルが比較的多く求められるような職場環境は、適さない傾向があると言えます。下記はその職業の一例です。

■ショップ店員(レジ係やサービスカウンター業務など)
■ウェイトレス、飲食などの接客業
■相手のニーズをくみ取り、それに合わせて提案を行うサービス業
■クレーム対応が要求される職種

ここで紹介した職業は、あくまでもアスペルガー症候群の特性に基づいた向き不向き程度の参考事例です。本人が興味を持っていたり、打ち込める職業であれば問題ない場合もあります。大切なのは本人が楽しんで打ち込める仕事がどうか、というところです。

アスペルガー症候群の人の仕事の探し方

アスペルガー症候群の人が仕事を探す場合、アスペルガー症候群でない人と同じ方法で探す方法もありますが、特に診断を受けている人は、公的な支援などを受けることも検討してみましょう。

■ハローワーク
まず、最寄のハローワークでの相談をおすすめします。ハローワークには障害者のための専門職員や相談員が配置されています。窓口は障害者雇用の窓口になります。そこでご自身のアスペルガー症候群の特性について伝え、仕事を探していること、仕事で不安に感じていることなどの相談をします。適職があれば求人に応募してもよいでしょう。障害者を対象とする障害者合同就職面接会などの情報を得ることもできます。

自分で探したいという方は、ハローワークに障害者専用のインターネット検索も設けられています。まずはそちらで探してみて、やってみたい仕事があれば相談するという手順もよいでしょう。

「若年者コミュニケーション能力要支援者就職プログラム」として、発達障害などでコミュニケーションに困難を抱えている場合の支援も行っており、不安がある場合には、発達障害者支援センターや医師との連携をとってもらうことができます。適職を自分では探すことが難しい場合には、適職を探す方法や調べられるところも紹介してもらえます。

就職に不安をかかえている場合には、就労移行支援という方法で就職をすることもできます。これは障害者総合支援法に基づいた支援で就労移行支援事業所が各都道府県や政令都市の認可を受けて民間が運営しています。この就労移行支援は障害者手帳を取得していなくても支援を受けることができます。
まずは最寄のハローワークや就労移行支援事業所に連絡をとってみましょう。また、就労移行支援事業所を探す際には、複数の事業所を掲載した検索サイトなども参考にすることができます。
就職後も相談に乗ってほしい場合はジョブコーチによる支援を受けることもできます。これは、就職後、職場にジョブコーチが出向き、職場でうまく仕事をしていくための支援をしてくれる制度です。
■障害者雇用制度を利用する
精神障害者保健福祉手帳や療育手帳を取得している場合、いわゆる「障害者雇用制度」の対象となります。

・手帳所持者を事業者が雇用した際の、障害者雇用率へのカウントの対象となり、障害者雇用枠での就職ができる
・障害者職場適応訓練を受けられる 
など、就職への支援が受けられます。実際に障害者雇用制度を利用して就労する人の数は年々増加しています。

ですが、希望している職種や企業が障害者雇用枠で募集しているとは限らないこと、賃金などの面で希望と合わないこともあるでしょう。一般の求人に応募したい場合などには、手帳を持っているからと言って必ずしもこの制度を利用しなくてもよいですし、手帳取得者であることを報告する義務はありません。制度を利用するかどうか、よく考え、支援機関などと連携し、相談しながら進めていくとよいでしょう。

大人のアスペルガー症候群、会社への報告は?

会社へアスペルガー症候群であることを報告するかどうかはとてもデリケートな問題です。会社に報告する人が多くなってきていることは事実ですが、周りや会社には報告しないことを選択している人も少なくありません。

アスペルガー症候群の人に限定した離職率は発表されていません。しかしアスペルガー症候群が含まれている発達障害の人の離職率の数値は発表されており、就労して1年以内に離職する割合は約4割弱だという調査もあります。本人や職場が障害の認識を共有していない場合は離職率はどうしても高くなってしまう場合が目立ちます。

ですが、本人が自覚していたり、学校紹介の職場へ就労した場合や、就労支援センターなどを介して就労した場合には、離職率が下がるという調査もあります。これは自分と職場の思いや環境がマッチしているからと言えるでしょう。また、職場に伝えることで、障害に対する理解をしてもらい、必要なサポートが受けられて仕事がしやすくなることも、離職率を下げていると考えられます。

メリットとデメリットをふまえ、ご自身の状況をよく考えた上で報告するかどうかを慎重に決めることが大切です。

報告のメリット・デメリットは?

アスペルガー症候群を会社や同僚へ報告する場合のメリットとデメリット、注意すべき点などを下記にまとめました。

【メリット】
・職場と本人に共有認識ができ、離職しにくくなる
・同僚のサポートや理解を得やすくなることで、人間関係がスムーズになる
・本人の仕事への意欲を伸ばしやすい

【デメリット】
・障害に対する偏見を持たれてしまうことによって、チャレンジさせてもらえなかったり、周りに距離を置かれてしまったりする場合がある
・本人が居心地悪く感じたり、肩身の狭い思いをすることがある

どのように報告すべき?

会社や同僚へ障害の報告をする場合は、下記のポイントに注意して行うようにしましょう。

■手順
・まずは信頼できる直接の上司や同僚に相談し、どの範囲の人たちに公表するのかを決める
・自分がどのような障害でどんなサポートが必要かを簡潔に報告する

■伝える点
何が苦手で何が得意か、どんなフォローが必要かなど、具体的に伝え相談します。
(例)
・人間関係が上手に構築できない場合があることを報告する
・会話を表面通りに受け取りやすいが、明確な指示があると行動しやすいことを伝える
・一つに集中すると、周りが見えなくなりやすいこと
・スケジュール管理やタスク管理が苦手なこと
・自分では気がついていない点があるため、注意や支持を促してほしいこと
・(感覚過敏がある場合)軽減するためにイヤーマフなどの使用許可や環境を調整をお願いする

人によって特性が異なるため、あくまで自分の特性に応じた内容を伝えるようにしましょう。

■注意するべき点
・障害だからサポートしてもらって当たり前といった、一方的な報告にならないこと
・障害の理解、把握を報告したら、会社でどのような配慮があれば力が発揮できるかなど、自分なりの解決策を提示すること
・その解決策が正しいかどうか、上司や同僚に確認してもらうこと
・仕事が好きなこと、挑戦してみたいこと、そのためにはどうしたらよいのか具体的な目標を一緒に考えてもらう

アスペルガー症候群の仕事での困りごと・よくあるミスと対処法

アスペルガー症候群の仕事上でよくある困りごとにはどんなものがあるのでしょうか。就労を続ける上で、よくあるミスやその対処法を知っておくことはとても大切です。

周りに理解されず人間関係で失敗する

アスペルガー症候群の人は、コミュニケーションや対人関係を築くのが苦手です。周りに理解されずにいじめにあったり、職場に馴染めずにやめてしまうケースもあります。相手の表情や空気を読むことが困難な人や、周囲から敬遠されがちになってしまい、孤立してしまう場合もあります。

【対処法】:障害を報告し、周囲への理解を求める
まずは信頼できる直属の上司や同僚に相談し、どの範囲の人たちにまで公開するかを決めましょう。また、自分がどのような障害でどんなサポートが必要かを簡潔に報告すると、周囲からの理解や支援が得やすくなります。また、自分も仕事の進捗や悩みを相談しやすくなります。必ずしも全員に報告する必要はありませんので、必要に応じて相談する範囲を決め、サポートをお願いしてみると良いでしょう。

スケジュール管理ができない

何度言われても遅刻をしてしまったり、スケジュールの管理がうまくできない場合があります。周りからはだらしない人間と思われたり、締め切りや納期を守らない人間として見られてしまい、信頼を失いやすい立場になってしまいます。

【対処法】:遅刻や納期の遅れを受け止め、改善する具体策を目標にする
まずは、遅刻した事実や納期に遅れる事実を受け止めて反省することから始めます。次にどのようにすれば遅刻や納期遅れをしないかを考えます。朝起きてからの準備をルーティンワークにし、紙に書いて予定通りにできるか実行してみる、前の日にできる準備はすべて終わらせておくなどがおすすめです。特にスケジュールを視覚的に把握、確認できやすい場所に置いておくといいでしょう。スケジュールアラームなども有効的に使用するといいでしょう。

集中しすぎて他のタスクが進められない

一つのことに夢中になりすぎると、それが終わるまで延々と同じ仕事、作業を繰り返してしまう傾向にあります。それらが続くと他の業務や作業が遅れ、仕事全体の遅延や未着手の仕事が増えてきてしまいます。

【対処法】:1日の業務量とタスク量を決めておく
1日の業務量とタスク量を決めておき、その分が終わればそれ以上は同じ仕事はしないというように設定しておきます。本人が納得のいく業務量を設定することが大切ですが、ここまで、という明確な判断基準が難しい場合は上司や同僚に相談して設定してもらうようにしましょう。没頭しすぎて忘れていたら声をかけてもらい、次の仕事に移るように指示してもらうとはかどりやすくなります。

ミスが多い

同時に複数のことを進めることが苦手なので、どうしても抜け漏れがあったりケアレスミスを頻発してしまうことがあります。電話を取りながらメモを取る、ということも苦手に感じる人は少なくありません。

【対処法】:業務内容を見なおしてもらう
注意点を紙に書き出して視覚化したり、意識したりしてもミスを頻発してしまう場合、その業務が自分に適していない可能性が考えられます。ミスを連発し、自己嫌悪を引き起こし、またミスをするという悪循環に繋がりかねません。いつかはできると自分だけで抱えこまず、周囲にも相談し、自分にあった業務内容に変更してもらうことも検討することも大切です。

アスペルガー症候群だから仕事ができないわけではない

アスペルガー症候群の人が就業する場合、困難はもちろんあると思います。中には、職場の人から虐待をうけてしまうケースもあります。本人から周りに助けを求めるのが難しい場合もあるので、虐待に気づいた場合、周りの人が市区町村の障害者虐待防止センターなどの専門機関に虐待の存在を知らせましょう。本人からの申告も可能ですし、またこの虐待は就業場に限らず家庭内の虐待も含みます。

障害者虐待防止センターに虐待を相談すると、支援・指導を受けることができ、問題の糸口を探すのをお手伝いしてくれます。強制的に仕事や家族から隔離されたりすることはありませんので、安心して相談することができます。

アスペルガー症候群だから仕事ができない、というわけでは決してありません。その人に適した仕事内容、職場や本人との共通認識があれば、障害を感じることなく仕事することは可能です。周りのサポートはもちろん大切ですが、本人も自分の特性を理解し、対処法を考えることが大切です。

専門機関や担当医、サポーターなどにアドバイスをもらいながら、本人と職場がマッチした状態で就労環境を整えるようにするのがベストと言えます。仕事や職場環境で悩むことがあれば、一人で抱え込まずにそういった人々へ相談してみましょう。
図解 よくわかる 大人の アスペルガー症候群
上野 一彦 (著),‎ 市川 宏伸 (著)
ナツメ社
【大人のADHD】仕事での困りごと・対処法まとめのタイトル画像

関連記事

【大人のADHD】仕事での困りごと・対処法まとめ

【アスペルガー症候群】どうやって診断されるの?診断基準や専門医による診断の方法について紹介しますのタイトル画像

関連記事

【アスペルガー症候群】どうやって診断されるの?診断基準や専門医による診断の方法について紹介します

アスペルガー症候群(AS)の原因は?遺伝する確率はあるの?のタイトル画像

関連記事

アスペルガー症候群(AS)の原因は?遺伝する確率はあるの?

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。