[第2回]描く理由、そして描き続ける理由。14歳のAkiが全国ツアーを決めたその先にあったもののタイトル画像
Story long headline

[第2回]

描く理由、そして描き続ける理由。14歳のAkiが全国ツアーを決めたその先にあったもの

第1回目では画家Akiの誕生ストーリーを伺いました。
数々の作品コンクールで受賞を重ね、オリジナルグッズを原宿で手売りする日々では月に3000個売れる事もあったといいます。中学生の時に縁あってミュージシャンのツアーでライブペイントをすることになったAkiさん。
今回は、Akiさんにとっての描く理由、そして描き続ける原動力についてお届けします。

あれは運命の瞬間だった。―
人生を変えた人との出会いの瞬間を、今でも鮮明に色褪せない記憶として語る画家Aki。
その出会いは一体Akiに何をもたらしたのか。
そこに、筆を躍らせる目の奥の強さと豊かさに繋がる、何かヒントがあるのかもしれない。—
[第2回]描く理由、そして描き続ける理由。14歳のAkiが全国ツアーを決めたその先にあったものの画像
絵を描くときはどこか空気が違う

才能は見る人が決める、感性のままに描くこと

取材中にも筆をとってくださったAkiさん。
真っ白なキャンバスに、淡い色の不思議ならせんが現れました。
すっと筆が踊り、みるみるうちになにやら輪郭が出現。

「チョココロネです。さっき食べた時、きれいなフォルムだなと思って、描きたくなったんです」(Akiさん)
[第2回]描く理由、そして描き続ける理由。14歳のAkiが全国ツアーを決めたその先にあったものの画像
お昼に食べたチョココロネを描くAkiさん
Akiさんが絵を描くとき、フォルムや色の美しさが頭に残っているといいます。
印象的な形や色が頭の中でイメージできており、するするっと筆を躍らせていくのです。
何かを見ながら書くことはほぼありません。

「食べ物の映像を見た時も、おいしそうだけでなく、食べ物にもいい形があるんだなと。
 フォルムのおもしろさや色に刺激をされる」
(Akiさん)

この言葉にドキっとさせられました。
独特な感性をもっているAkiさんですが、絵を習ったことはないといいます。
仕事で全国各地を回り、新しい発見をすることが、豊かな表現を加速させているのかもしれません。
[第2回]描く理由、そして描き続ける理由。14歳のAkiが全国ツアーを決めたその先にあったものの画像
富士山
「Akiに絵の才能があると思ったことは一度もありません。才能は、見る人が決めることです」(昭さん)

運命の出会いが教えてくれたのは、コミュニケーションの面白さ

運命の出会い、そうAkiさんが語るミュージシャンの湯川トーベン氏との出会いをきっかけに、中学校に在籍しながら、人前で絵を描くライブペイントをして回り始めました。

「14歳の時、最初にお父さんにツアーで遠いところに行くか?といわれた。
すぐ行きたいと思った。いろいろなものを見てみたいし、いろいろなところを回りたい。
広い世界に出なきゃと思ったからです」
(Akiさん)
[第2回]描く理由、そして描き続ける理由。14歳のAkiが全国ツアーを決めたその先にあったものの画像
終始穏やかに話してくださるAkiさん
「もっと褒められたい、上手く描こうというのではなく、ただただ描いている。
描いたもので会話が生まれるから嬉しい、というのはあるみたいですね」
(昭さん)

会場は、ライブハウス。それはAkiさんの苦手な「暗がり」そして「大きな音」。
そんな環境さえも、絵を描いてコミュニケーションが生まれる面白さに魅了され、自然と慣れていきました。

鵜飼いの船上で描くこともありました。地方の居酒屋で描くことも。
どんな場所であっても、そこには真っすぐに夢中になって絵を描くAkiさんの姿がありました。

「ライブペイントをするようになって、友達が増えた。嬉しかった。
ライブハウスやお店で知り合いました。個展に来てくれる、知り合った人はみんな絵を見てくれる。話しかけてくれる。
そうやって自分の書いた絵がお金になるのは嬉しい」
(Akiさん)
[第2回]描く理由、そして描き続ける理由。14歳のAkiが全国ツアーを決めたその先にあったものの画像
迷いなく描き続ける

熱中できることで生きていけるのは、「きちんと商売にできたから」

現在の活動は、Akiさんが代表を務め、昭さんやスタッフが事業をサポートしています。
Akiさんの真っすぐに絵を描く、そして描き続ける力が今に繋がっているといいます。

「人間、正解なんてないんです。やりたいことをやればいい。
Akiは絵を描くことに熱中できる。そして人前で描いたり、絵を通したコミュニケーションが大好きで、それを実現させてやろうと思ったんです」
(昭さん)

現在は、東京で過ごす時間は3分の1程度。ほとんどが全国出張。
そんな生活をハードだと思う事なく、仕事として楽しんでいるAkiさん。
[第2回]描く理由、そして描き続ける理由。14歳のAkiが全国ツアーを決めたその先にあったものの画像
普段は原色を使うことが多い
「熱中している姿をみて、Akiがこれで幸せになるなら、と思ったのは事実です。
ですが、きちんとビジネスになるから続けていられるんです。
Akiの熱中する姿がいくら大切でも、食べていけなければやめるしかない。純粋に絵を描くのを楽しんでいるから、描き続けられる。
Akiらしい作品を描き続けられる力が、ビジネスとして繋がっている」
(昭さん)

今での、規模の大小に関わらず、日本全国を巡り活動をしています。
生活する上でも、心の活力としても、絵を描いていくことが生きる力になっているのです。



どこまでも真っすぐに絵を描き続ける画家Aki。
自分の絵を喜んでくれる人がいる。―
その濁りない原動力こそ、
鮮やかで見るものを魅了するAkiの絵画を作り出しているのかもしれない。

次回

現在、28歳のAkiさん。
軽度の知的障害がある彼は、どのような暮らしをしているのでしょうか。
次回は、そんなAkiさんの「働くこと」「暮らすこと」についての考えをじっくりと聞いていきたいと思います。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Story bar line Story bar line