「笑顔で不登校」学校で頑張り続けた息子と私が、自宅療養を決断するまで

「笑顔で不登校」学校で頑張り続けた息子と私が、自宅療養を決断するまでのタイトル画像

ADHDの次男が、中学1年で不登校になるまでのこと。紆余曲折し、「今は何が一番大事なのか」という視点をもったとき、子どもを守ることを決めました。その形が、我が家の場合「自宅療養」だったのです。

517a85a16452bcbeca6ae067474b550924994e05a8f6794c0139dbe43252ddf1 s
50204 View

しぶしぶ通級を開始した小学校

次男は小学2年生でADHDと診断を受けました。

多動があり目線が合わない。手足のゴソゴソが目立ち、先生からの指示も理解しにくく聞いても忘れる。そして忘れ物が激しく、カタカナも覚えられない子でした。

主治医と相談しながらお薬を利用する事を決め、コンサータを飲みながら学校へ通い、心理士との定期のカウンセリングもスタート。

お薬が合っていたので、目立つ症状は落ち着きました。時々学校へ行きたがらなくてお休みする日もありましたが「明日は学校に行こうね」と言うと「分かった」と、翌日は元気に学校へ行っていました。

そして高学年になり、支援学級を考えるようになりました。本人にその事を伝えると「友達と同じがいい!」と言って支援学級へ行く事を拒否。

ならばと通級を利用しましたが、本人は通級にも抵抗があったようです。「友達と同じように過ごしたい」という思いは強かったようですが、通級を使いながら何とか小学校時代は過ごしました。

普通級、支援級と頑張りつづけた中学校

中学校進学前、本人と支援学級について話し合いました。
「まずは皆と一緒に頑張る。もし駄目な時は…その時になったら支援学級へ行くよ」という本人の言葉を聞き、まずは普通級に決めました。

スクールカウンセラーも利用し、学校との連携を進め、先生と面談。万全な支援体制を整えたつもりでした。

進学後、最初は順調に思えましたが、1学期半ばから腹痛や頭痛が増えていき、夜に寝付けない日もありました。
勉強についていけない、でも友達といるために頑張らなきゃ、けど思うようにできない…そんなストレスがあったのかと思います。

もう普通級で続けていくのは無理だと判断した私は、支援学級へ入る手続きを取りました。次男もその事に同意。

支援学級で心機一転、学校生活を送り始めたものの、思うように先生に理解をしてもらえず、次第に学校に行けない日が増えていきました。
困難さを知ってもらいたいと、先生とも何度も話しましたが、なかなか思うようにいきませんでした。

ある日の朝、制服に着替えようとしない様子にイラ立ち、私は思わず「頑張るんじゃなかったの!」と言ってしまいました。

次男は驚いた顔で私を見ました。そして私はその顔を見て、ハッとしました。

そうだ!この子は今まで頑張ってきたんだ。頑張りたいのに頑張れない、そんな自分に戸惑ってるんだ。これ以上頑張らせる事は今のこの子には酷だ、と気づきました。

私はすぐに「ごめんね、いっぱい頑張ったんだよね」と謝りました。するとウンウンと、頷きながら涙を流していました。

「この子の頑張りは周りから分かりにくいだけ。私がこの子の頑張りを認めてあげなくてどうするのだろう」そう思った途端、ふっと力が抜けました。

「学校休もう」そう伝えると次男は安堵の表情になりました。そこから完全に不登校となりました。

心から安心できる、自宅療養を

「療養」といっても、何かするわけではありません。生活リズムを整えて、心をゆっくりと休めることを一番に過ごしています。

親としては、本人を認めるような声掛けを心がけています。手伝いをしてくれた時に「ありがとう!おかげで助かったよ!」と伝えると、ドヤ顔で嬉しそうにします。そんな些細なことが、嬉しくて幸せです。

というのも、無理をし続けて学校に通っていた時は、家でも表情も暗く、八つ当たりの兄弟喧嘩も絶えなたっかたのです。

自宅療養をはじめてからは、よく笑い、よく話をしてくれるようになり、驚くほど表情も優しくなりました。

思えば私自身も、周囲の言う「子どもはちゃんと学校にいくものだ」という言葉にプレッシャーを感じながら、先生との連携やカウンセリングの手配をしていた様に感じます。

ここから私が学んだことは、親が苦しみながら子どもに無理をさせても、お互いに辛いだけ、ということ。

人生はいつからでもスタートできますから、自宅療養も焦らずに1年、2年と長い目でみて、見守っていようと思います。
不登校の原因・きっかけは?解決に向けた子どもとの向き合い方、進級・進学や支援機関について解説しますのタイトル画像
関連記事
不登校の原因・きっかけは?解決に向けた子どもとの向き合い方、進級・進学や支援機関について解説します
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。