夜なかなか寝付けない…息子は「睡眠障害」を引き起こしていました

夜なかなか寝付けない…息子は「睡眠障害」を引き起こしていましたのタイトル画像

「発達障害をもつ子どもは睡眠障害を起こしやすい」と私が知ったのは、つい最近のことでした。毎晩、なかなか眠らない息子を持て余し、「おばけが来るよ」「ガオーさんが来るよ」と脅して眠らせてきましたが、睡眠障害だと認識してからは対処方法が変わりました。

E66d35a623d670f416f6080f849b834be5e04d17 s
29474 View

ベッドに入ってもなかなか寝付けない息子

ここ数ヵ月、夜ベッドに入ってもなかなか眠らない息子に手を焼くことが増えました。昔から眠るのは苦手でしたが、それでも1時間ほど寝かしつければ、眠ってくれていたのです。

それが段々と、眠りに着くまでに布団の中で体をもぞもぞ動かすようになり、挙句の果てには起き上がって正座でピョンピョンと跳んだり、壁や私の体を蹴ったりするようになりました。

「じっとしなさい!」「明日遅刻しちゃうよ!」「早く寝ないとおばけが来るよ!」「暴れているとガオーさんが来るよ!」

そんな風になだめすかし、時には脅しながら、無理やり眠らせようと格闘する時間は日を追うごとに長くなり、ついに寝付くまでにかかる時間は2時間半を超えるようになりました。

「眠りたいのに眠れない」涙の訴え

1時間も2時間も寝かしつけをしていると、私の方がうとうとしてしまいます。息子は自分だけが夜に取り残されてしまうという恐怖から、私を寝かすまいと必死に叩いて抗議します。

「いい加減にして!ママも疲れているの!いつまでも付き合っていられない!」と声を荒げたことも一度や二度ではありませんでした。

そんなある日、息子が涙ながらに訴えたのです。
「ママ、眠りたいのに眠れない。疲れて眠いのに、眠り方がわからない。わからないの。うぇ~ん!」

そうか。
息子も眠りたかったのか。
眠り方が分からなかったのか。


どうしてそこに気が付かなかったんだろう。
ようやく眠っても、夜中にうなされて泣く息子に何度も起こされ疲れ果てていた私は、とにかく早く眠ってもらうことだけを考えていました。でも本当はどうして眠らないのかを息子にきちんとたずねるべきだったのです。

ママ、また間違えちゃった。ごめん。ごめんね。一緒に気持ちよく眠れる方法、探してみようね。

そんな気持ちになりました。

「入眠障害」の息子が30分で眠れるようになったアイテム

こうして息子と私の新たな二人三脚が始まりました。

発達障害児の睡眠について調べていくと、いろんなことが分かって来ました。

息子の状態は「睡眠障害」の中の「入眠障害」に該当すること。

興奮状態にあるため、眠る準備が出来ていないこと。日中の運動量を増やすと、かえって興奮が長引く場合があること。心身を落ち着かせる環境が必要なこと。

どの情報を取り入れるかはそれぞれだと思いますが、私にはこのような情報がとても参考になりました。

眠れないのは、息子のせいではない。それを認識できたことで、「どうして眠ってくれないの!?」とイライラすることはなくなり、どうすれば息子が心地よく眠りにつけるかを模索する日々が始まりました。

そんな折、たまたまオルゴールのCDを聴いた息子が「なんだか眠くなる音。」と言い出したのです。そんなことを言うのは初めて。もしかして入眠導入に使えるのでは!?

その夜、早速寝室でオルゴールのCDを流してみると・・・。

寝た!あれほど眠れずに苦しんでいた息子が、30分ほどで穏やかに眠りについたのです!

試しに夜通しオルゴールをかけてみると、夜中に泣いて起きることもほとんどなくなりました。オルゴールひとつで息子の睡眠は改善したのです。すごい!嘘みたい!
それ以来、わが家では毎晩、小さな音でアルファ波が発生するというオルゴールのCDを流し続けています。息子は朝、笑顔で起きられるようになりました。いいアイテムが見つかって本当に良かったです。

同じようなお悩みをお持ちの方、もしオルゴールのCDがあれば一度試してみてくださいね。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

GreenDays さんが書いた記事

「どうしてママは意地悪言うの?」声をかけを嫌がる子ども。わが家で決めたルールとはのタイトル画像

「どうしてママは意地悪言うの?」声をかけを嫌がる子ども。わが家で決めたルールとは

毎日をスムーズに過ごすための声掛けなのに子どもから疎まれてしまう・・・。どこのご家庭でもよくある光景だとは思うのですが、なんとかこのいざこ...
身のまわりのこと
2089 view
2018/01/13 更新
他人のイライラで自分がツライ!感情に呑まれやすい私が心に鎧をまとって生きていくにはのタイトル画像

他人のイライラで自分がツライ!感情に呑まれやすい私が心に鎧をまとって生きていくには

他人が怒っているとき、泣いているとき。その負の感情が自分の心にダイレクトに侵入してきてしまうことはありませんか。私はそれが当たり前のことだ...
発達障害のこと
14634 view
2017/12/12 更新
7歳になっても続くおもらし。負のスパイラルに終止符を打ったのはある日のトイレの惨状だったのタイトル画像

7歳になっても続くおもらし。負のスパイラルに終止符を打ったのはある日のトイレの惨状だった

7歳の息子はいまだにトイレトレーニングの真っ最中。相次ぐおもらしに怒りを抑えられない日々…。そんなつらい毎日の中で、負のスパイラルを断ち切...
身のまわりのこと
12674 view
2017/11/26 更新
たびかさなる「どうすればいいの?」にイラっ!思考停止してしまう息子を変えた母特製マニュアルのタイトル画像

たびかさなる「どうすればいいの?」にイラっ!思考停止してしまう息子を変えた母特製マニュアル

発達障害のある息子は些細なことでパニック状態に…。私に向かって「どうすればいいの」を毎回たずねてきます。 「自分で考えて行動できる子に育っ...
発達障害のこと
29006 view
2017/11/12 更新
凸凹兄弟、ピアノ発表会に挑む!練習法の違いから見えた「生き方のヒント」とはのタイトル画像

凸凹兄弟、ピアノ発表会に挑む!練習法の違いから見えた「生き方のヒント」とは

自閉症スペクトラム&ADHDの診断がおりている娘と息子は、幼い頃からピアノを習っています。先日発表会が行われ、3ヶ月前から練習を重ねて挑ん...
発達障害のこと
10384 view
2017/10/22 更新
Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。