帽子が大嫌いだった長男。やっと苦手が克服できたと思ったら…

2016/08/12 更新
帽子が大嫌いだった長男。やっと苦手が克服できたと思ったら…のタイトル画像

ADHD当事者の私。息子も「発達障害の疑いがある」と言われています。そんな凸凹親子の日常を少しだけご紹介ます。今回は、長男の話です。

モンズースーのアイコン
モンズースー
39385 View

どんなに嫌がってもしつこく被らせていた帽子

帽子が大嫌いだった長男。やっと苦手が克服できたと思ったら…の画像
Upload By モンズースー
今では、長男自ら被れるようになった帽子ですが、赤ちゃんの頃は、何か頭に被せるだけで、怒ってすぐ脱いでいました

当時は車がなかったので、徒歩での外出です。

元々髪が薄く、夏場は熱中症などで体調を崩さないか?

よく転ぶ子だったので、頭を打って怪我をしないか?

心配だった私は、少し強引でしたが、毎回「外に出るときは帽子を被る」と伝えていました。

帽子を被っていると、外出先で会う大人に「かわいいね」「素敵な帽子だね」と褒められていた長男。

それもあって、だんだん帽子が好きになり自分で被るようになりました。

「好き」はだんだん「こだわり」へ…

帽子が大嫌いだった長男。やっと苦手が克服できたと思ったら…の画像
Upload By モンズースー
その後、長男にとっての帽子は「被らないとお出かけできない」というこだわりに変わっていき、冬でも最初に教えた麦わら帽子を被る!と言って聞きませんでした。

以前、子どものこだわりへの対応として、生活に必要なことは「良いこだわり」に定着させるといいという話を聞いたことがあります。

例えば、「信号は青の時だけ渡る」、と伝えるのもその1つですね。

長男の帽子へのこだわりは、ちょっと面倒なこともあるけれど、人に迷惑をかけるわけでもないし、夏場は自分から進んで被ってくれると助かるので、良いこだわりかな…と思っています。
髪型が気に入らない!と大パニックな娘に幼稚園バスの先生が一言のタイトル画像

関連記事

髪型が気に入らない!と大パニックな娘に幼稚園バスの先生が一言

服を選べない、同じものばかりを着る…そんな時にお家で出来るサポートとはのタイトル画像

関連記事

服を選べない、同じものばかりを着る…そんな時にお家で出来るサポートとは

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事に関するキーワード

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。