たった一つの「答え」を決める前に~発達障害児への投薬派と自然療法派の分断に寄せて

たった一つの「答え」を決める前に~発達障害児への投薬派と自然療法派の分断に寄せてのタイトル画像

子どもが学校や家で困難に直面している。診断を受けたら投薬を勧められた。お医者さんは説明してくれたけど、でもちょっと抵抗がある…そんな風に悩む保護者は少なくないと思います。子どもへの投薬についてはネット上に色々な声もあり、情報を集めるほどますます不安になる日々。私もその一人でした。今回は、そんな不安のただ中にいた私に、友人と医師がかけてくれた言葉を紹介します。

98dcdbe29f33a705cad0b4a987b08f13b15f7b3c l
21774 View

次男の抱えていた困難と、勧められた投薬

次男がADHDと診断を受けたのは小学校3年生のころでした。

年度が替わった頃から教室での離席や他害が目立つようになり、色々と調べたりあちこちに相談したりしている中で「発達障害では」という可能性が浮上しての診療予約、発達検査と医師による診断でした。

診断結果を聴きに行った場で医師が提示した色々な対応策の中のひとつが、治療薬の投与でした。

我が子への投薬、「大丈夫なのかな…」という不安

子どもに対する精神薬の投与、という難題を前に、不安や怖さが募りました。

「もしやってみて、なにか息子に重大な問題が起こったらどうしよう…」

ネットで色々と情報を探してみましたが、子供への投薬を強く否定するものがどんどん目に入ります。
ホメオパシーやサプリメントなど、投薬以外の選択肢を勧めるものもたくさん。

情報が多すぎて混乱して悩んでいたときに、相談に乗ってくれた友人がかけてくれた言葉がありました。

「納得いくまで、聞けばいいんだよ」

友人はこう言いました。

「不安なら、飲ませるにせよやめるにせよ、とにかく納得がいくまで医者にちゃんと話を聞いてごらん。聞ける医者に出会うまで病院を替えてもいいんじゃない」

ハッとしました。

素人の私が、つたない知識や偏った情報だけで一人で全部決めるなんてそもそも無理だったんだ。それをやろうとしてたから混乱していたんだなぁと。

次の診察のときに、医師とゆっくり話す時間を取ってもらいました。

ネットで調べたことや本で読んだことをベースに、不安に思う部分やわからないことを聞き、最後に一番知りたかったことを尋ねました。

「先生、もし飲ませてみて子供や私が『いやだ』と感じたらやめてもいいんですか?」

お薬はいつでも止められる、支援の方法は何度でも変えられる

医師は即答してくれました。

「もちろんです、副作用や違和感があったり、合ってないとか違うと感じたらいつでもやめていいです。その時にはまた違う方法を考えましょう。」

先生のその言葉が、私の決断の最後の決め手になりました。

自然療法と呼ばれたりする、標準医療とは違う方法で、体をメンテナンスすることを目指す考えや手法はたくさんあります。そのひとつひとつの善し悪しは私にはわかりません。

手当法やマクロビオティック、ホメオパシーなどなど…私もこれまでいろいろな療法の本を読んだり、試してみたりしたことがありましたが、その中で感じていた違和感のひとつが、極端な選択肢の無さでした。

選ばなくていい安心感と、「たったひとつ」に身を委ねることの危険性

自然療法とされるものの多くに共通する傾向として、「その療法以外の選択肢が極端に少ない、または排除されている」というものがあります。

特定の自然療法を勧める方の中には、標準医療とされるものを否定し、薬やワクチンの接種を拒否する傾向が強いものも多いです。

次男の投薬を勧められたときの私は、とても不安でした。

将来への不安も強く、現状の困難に対処するために奔走して疲弊しきった状態で、次男の今後の健康に関わる選択の責任が自分たちにのしかかる。またそんな重い荷物を背負わせるのか…そんな気持ちになったのを覚えています。

心が弱っているとき、選択肢は少なければ少ないほど安心するものです。

自分の代わりに、自分が不安に思っている何か(お薬もそのひとつ)を否定し、「こちら側が正解だよ」と導いてくれる存在に出会ったなら、心強く感じることもあるでしょう。

しかし、そんな「心強い存在」たった一人、「救ってくれそうな療法」たった一つに身を委ねてしまったら、どうなるでしょう。

息子の当時の主治医が言ったような「ダメだったら違う方法をやってみましょう」といった、状況を見ながら柔軟に対応を変えていく可能性が閉ざされることになります。

目の前にある「○○療法」の中でだけで解決していく道しか、残されていないことになってしまうのです。

私は夫や周囲の友人に相談して負担を軽くすることができたし、医師の言葉でさまざまな選択肢を落ち着いて比べて選べるようになったけれど、もし自分一人で抱え込んでしまっていたらどう転んでいたかわかりません。

そのときどきのベストを模索する環境と、それを求めることの大切さ

発達障害児との暮らしは、試行錯誤の連続です。
生活の中でもいろいろな工夫をやってみては本人に合うものを探していく。

医療もそのなかのひとつだと私は思います。

ライターのなないおさんがこのサイトで以前、サプリメントと薬の併用について医師と相談した経緯を書かれています。
薬とサプリメントは併用していいの?主治医と薬剤師に教わったことのタイトル画像
関連記事
薬とサプリメントは併用していいの?主治医と薬剤師に教わったこと

娘に対して私がサプリメント(ビタミンB群と亜鉛)を試してみたいと相談してみました。

先生は、サプリメントの効果に関しては明言されませんでしたが、試してみること自体には否定はされませんでした。

ただし、試す場合には薬との飲み合わせが大丈夫か確認し、子どもの体に合った量をきちんと計算した上で飲むほうがよいとアドバイスをくださいました。
(中略)
薬剤師の先生からも説明を受ける機会を作っていただきました。いつも薬は院内処方で出してもらっているので、薬剤師の先生にも気軽に相談することができました。

出典:https://h-navi.jp/column/article/530
お医者さんの性格や診療時間などで限界はあるかもしれませんが、こんなふうにゆっくり相談ができる病院を求めて私も転院を経験しました。今は最初の主治医より更に長い時間、薬についても細かく相談しながら調整をしてくれる病院にかかっています。

なないおさんのように医療のなかにサプリメントを組み込んでいくような柔軟な対応も可能でしょうし、さまざまな療法と標準医療を両立しながら最適な方法を模索している方もいらっしゃると思います。

大事なのは「そのとき何を選ぶか」ではなく「そのときどきのベストを模索できる環境を求める」ことだと思うのです。

いつかは子どもたちが「自分で選ぶ」ことになる。それまでに親が出来ること

親だけが判断するのでもなく、医師が一方的に決めるのでもなく。

子どもに関わるそれぞれの大人が希望や診断内容や知見について情報を出し合い、相談し、コミュニケーションを深め、その子に合ったそのときのベストな方法を模索していくことができる環境。

それを整えることが、発達障害を含むハンディのある子たちのために大事なことだと私は思います。

いずれは子どもたちが、私たち親が培ってきたその環境で、親に代わり自分で自分の方針を決めていくことになる。

そのときに選べる道が少なくなってしまわないように、自分だけで抱え込まないように、可能性を潰さないように、選択肢のない未来にならないように……

岐路に立たされ迷ったときにはいつもそれを意識するようにしています。
現役医師が語る、発達障害と医療の望ましい関係とは?―児童精神科医・吉川徹(1)のタイトル画像
関連記事
現役医師が語る、発達障害と医療の望ましい関係とは?―児童精神科医・吉川徹(1)
発達障害の症状に、「お薬」は効果があるの? ―児童精神科医・吉川徹(7)のタイトル画像
関連記事
発達障害の症状に、「お薬」は効果があるの? ―児童精神科医・吉川徹(7)
発達障害と医療、新しい薬や治療法の情報をどう受け止めれば良い?-児童精神科医・吉川徹(10)のタイトル画像
関連記事
発達障害と医療、新しい薬や治療法の情報をどう受け止めれば良い?-児童精神科医・吉川徹(10)
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

高萩きずな さん
2017/01/19 10:32
とてもいいお話し、ありがとうございます✨
色んな情報や意見を大量に見ることができる現代だからこそ、そういう視点を忘れないでいることは大切にしたいですね。

健康番組でも、『これをたべれば大丈夫』『これだけ使えば大丈夫』など、偏り過ぎなんじゃないかと感じてしまいます。

大切なのはバランスと相性、と思います。
一人で考えてもまた偏るし、信頼できる、相談に乗ってくれる人の存在、たまには厳しいことも言ってくれる人の存在も、大切にしたいですね。

イシゲスズコ さん
2016/11/02 09:23
たくさんの温かいコメントをありがとうございます。
本当にみなさんの仰るとおり、違和感を覚えたり違う事を試したいと思ったときにしなやかに路線変更していける環境を守ることが子供たちにとっての未来を明るくしてくれるんじゃないかな、と思っています。
特に発達障害特性を抱えての生活はトライ&エラーの連続、それができないと生活が詰むとも言える。そんな特性を持つ人たちだからこそ、より注意してしなやかさを保つ必要があるのかもしれません。

Avatar11

みんなのアンケート

Column title c6836bad50fd5a57095ac6032e29e523a502a25fc8489b1ea6580e64dc0e2b19

あわせて読みたい関連記事

PDD-NOS(特定不能の広汎性発達障害)とは?自閉症やアスペルガーとの違い、診断・支援方法は?のタイトル画像

PDD-NOS(特定不能の広汎性発達障害)とは?自閉症やアスペルガーとの違い、診断・支援方法は?

PDD-NOSは広汎性発達障害のグループに属する障害ですが、アスペルガー症候群や自閉症スペクトラム障害などと何が違うかご存知ですか?この記...
発達障害のこと
27546view
2016/11/21 更新
うつ病(大うつ病性障害)とは?単なる気分の落ち込みとの違いは?症状や原因、発達障害との関わりまとめのタイトル画像

うつ病(大うつ病性障害)とは?単なる気分の落ち込みとの違いは?症状や原因、発達障害との関わりまとめ

うつ病とは気持ちが落ち込み、その感情を抑えることができずいつも通りの生活を送ることができなくなる精神疾患です。日本では約15人に1人がうつ...
身のまわりのこと
23828view
2016/11/12 更新
自閉症の治療法は?治療の具体的な方法、療育方法・子どもへの接し方のポイントを伝授します!のタイトル画像

自閉症の治療法は?治療の具体的な方法、療育方法・子どもへの接し方のポイントを伝授します!

自閉症の子は対人関係・コミュニケーションを困難に感じたり、物事に強いこだわりを示したりする傾向があります。自閉症は生まれつきの脳機能障害に...
発達障害のこと
21887view
2016/10/21 更新
発達障害児への「投薬」どう決断する?イライラに苦しむ娘をみて考えたことのタイトル画像

発達障害児への「投薬」どう決断する?イライラに苦しむ娘をみて考えたこと

発達検査、療育、障害告知、進路、就労などなど、障害を持つ子どもの親は「選択」と「決断」の連続です。その中でも多くの方が1度は直面するのが「...
発達障害のこと
16692view
2017/01/15 更新
素行障害(CD)とは?症状や原因、ADHDとの関わり、周囲の対応法などを詳しく説明しますのタイトル画像

素行障害(CD)とは?症状や原因、ADHDとの関わり、周囲の対応法などを詳しく説明します

素行障害とは社会で決められたルールを守らず、反社会的な行動を起こし続けてしまう疾患です。素行症や行為障害と呼ばれることもあります。ADHD...
身のまわりのこと
14289view
2016/12/27 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。