学校の先生にも知ってほしい!発達障害の子どもを怒鳴らないほうがいい3つの理由

学校の先生にも知ってほしい!発達障害の子どもを怒鳴らないほうがいい3つの理由のタイトル画像

幼稚園までの間、いろいろなことを伸ばしてもらった発達障害の息子。しかし就学時健診で、学校にネガティブな印象を抱いてしまいました。来年は1年生。

発達障害の子どもたちが安心して学校に通えるよう、先生に知っておいてほしいことがあります。

45aa4582 4461 48a9 95b7 a72f7c4c6368 s
131817 View

息子は来年小学生。主治医から就学に向け、言われたアドバイスは

私の息子には発達障害の診断が降りています。

息子が2歳頃まで、私には気持ち休まる時間がありませんでした。
多動で動き回り、癇癪で泣き続ける声にどうしたら良いのか分からず、思わず「うるさい!!」と泣いてしまったこともありました。

そんな息子が、来年度いよいよ小学校に入学します。

自由保育の幼稚園で先生方にしっかりと支えて頂きながらのびのび育ち、困りごとは今でも形を変えて継続していますが、大変さの度合は以前と比べものにならないほど和らぎ、6年間で別人のように成長しました。

しかし、就学について発達外来で相談したとき、ずっと息子を診てくださっていた医師の先生からこんなことを言われたのです。

「普通級でも支援級でも、お母さんのお考えに任せます。ただ1つだけ言えることは、小学校に上がると上からガツーンと押さえつけられるような叱られ方で、一気に二次障害に陥ってしまう子もたくさんいるんです。

息子君がここまで成長できたからこそ…気を付けてあげてください。

このときの先生のやるせなさそうな顔を、今でもふっと思い出すことがあります。

そして迎えた就学時健診。じっとしていられない息子の衝動性はピークに達し…

そして、就学時健診で小学校に息子を連れていったとき、私はこの先生の言葉を噛みしめることとなりました。

ほとんどの先生たちが来年入ってくる可愛い小さな子どもたちに、穏やかでわかりやすい指示を心がけていらっしゃいました。

うちの息子は、学校に貼ってあるポスターを見て先生を質問攻めにし始めたかと思えば、教室に置いてある本を読み始め、返事もせず…という場面が何度かありました。

そのとき、恐れていたことが起こりました。

私が受付をする間、衝動性がありじっとすることのできない息子は、健診で使う道具をパッと手に取ってしまったのです。
それを見ていた受付の先生は、大きな声で「さわるな!!!」と怒鳴りました。あまりの大きな声に、私ですらビクッとしてしまいました。息子はその先生の大きな声にパニックに。その拍子にまた別の器具を触ってしまいました。

先生はさらに畳みかけるように大声で「おい!!さわるな!!!」と怒鳴りました。
息子の顔を見ると真っ青。その直後、体育館の床にうずくまってしまったのです。

「小学校って最悪」「ぼく怒鳴られた」「怒鳴る先生がいるなら僕は小学校なんて行きたくない
帰り道、息子は真っ青な顔をしながらそう言ったのでした。

子どもの成長を阻まないで…!発達障害児と関わる先生に知ってもらいたい、3つの大事なこと

健診で起きた事件を振り返り、私は学校の先生にも知っていてほしいな、と思ったことがあります。それは、

発達障害児に怒鳴っても、百害あって一利なし

ということです。

発達障害児を特別扱いしろ、優しくしろと言っているわけではないですし、発達障害児の逸脱行動を無条件に受け入れて欲しいと思っているわけでもありません。

まずは発達障害児に厳しく怒鳴ると、どんなことが起こるのか?私の息子を例に挙げ、詳しくご説明したいと思います。
■ 1. 多くの発達障害児は耳に入る音や身体に触れられることに敏感です

息子の場合は聴覚・触覚・味覚に過敏性があります。
女の人の甲高い声や男の人の大声は、耳元でドラを鳴らされたかのように大音量に響いているようです。

耳元で大音量で聞こえる人間の声にパニックになると、指示はほとんど聞き取れないそうです。こうなると、冷静に行動することは難しくなります。
■ 2. 気持ちの切り替えが苦手です

息子は気持ちの切り替えが苦手で、怒鳴られて不快な気持ちになってしまうと、そこからなかなか抜け出すことができません。

不快な気持ちをなんとかするため、パニックになるのだそうです。
また、嫌な記憶は数年経っても鮮明に残り、フラッシュバックとなって本人を苦しめ続けます。

息子はこのフラッシュバックの影響で、新しいことにチャレンジしようという気持ちがなかなか起こらないようでした。
■ 3. 極端な考え方をする傾向があります

発達障害の子は極端な白黒思考の子が多いようです。

息子も1度嫌なことがあると、「ここは嫌な場所だ」とか「先生に怒鳴られた自分はダメだ」という考えになり、後からどれだけ励まそうが説明しようが、辛い記憶に引きずられて一気に思考がネガティブな方向へ傾いていきます。

それまで「この場所は楽しいところだ」と思えるよういろいろな準備や工夫をしていても、1回嫌な体験をしたら、その思い出は嫌な記憶になるようです。

このネガティブ思考を、程よいところまで戻すためには、たくさんの励ましと成功体験が必要になってきます。

怒鳴るより簡単!発達障害児に伝わる、指示のコツ

発達障害児に指示をする場合、怒鳴って言い聞かせるよりもずっと簡単な方法があります。それが、CCQというテクニックです。

CCQとは、

C(Calm) = 穏やかな声で
C(Close) = 子どもに近づいて
Q(Quiet) = 静かな声で


というものです。
うちの息子も、このテクニックを使えばすぐに理解し、サッと指示を聞いてくれます。

私たち親が発達障害児を育てる中で、怒鳴りたくなることは日に1度や2度ではありません。でも、怒鳴ったところで自分も子どもも辛いだけだとわかっているので、「どうしたら怒鳴らずに、育てていけるか?」ということに日々頭を悩ませています。

子どもの笑顔と成長を促すため、必死に悩み、育ててきました。だから正直、簡単な気持ちで怒鳴らないで欲しいな…と思うのです。
学校の先生、どうかパニックになっている子どもたちを、行儀が悪いと睨みつけないでください。

適切な方法で指示を出せば、子どもも落ち着いて行動できるでしょう。もし指示がわからなかったとしても、穏やかに話しかけられれば、パニックになることはグッと減るはずです。

子どもの成長を願うのは、親も先生も同じ。そのための方法は、1つとは限らないと思います。
嫌なことばかり記憶する発達障害の息子。むやみに叱る私を見て、療育の先生が教えてくれたことはのタイトル画像
関連記事
嫌なことばかり記憶する発達障害の息子。むやみに叱る私を見て、療育の先生が教えてくれたことは
「大人しい子」は我慢してる子?娘が不登校になり気づいたことのタイトル画像
関連記事
「大人しい子」は我慢してる子?娘が不登校になり気づいたこと
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

どんぐり さん
2017/01/08 10:15
大きな声で怒鳴られることは誰でも嫌なものです。この取り組みは定型発達の子たちにとってもきっと必要なことなのではないかと思いました。

私は自閉症スペクトラム障害の診断を受けましたが、私が幼少期の時(2000年前後)は、CCQなんて学べる環境が、親や学校には無かったように思います。小学校の先生や親から怒鳴られた事は鮮明に覚えていても、実際に何で怒られたのか、今も分からぬままです。
そうした経緯からか、成人してからもなお、怒鳴られたり、強い口調で話されると、しばらく何も出来なくなります。

私よりも後に生まれ育った世代では、CCQが広まること、発達障害を持っている人が、私のような苦しみを味わう人が居なくなって欲しい。

Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

林真紀 さんが書いた記事

音楽療法とリトミックの違いって?生きにくさを軽減してゆく「療法」であることの意味のタイトル画像

音楽療法とリトミックの違いって?生きにくさを軽減してゆく「療法」であることの意味

リトミックと音楽療法は何が違うのでしょうか。調べたり、見聞きするうちに見えてきたのは、目的設定の違い、そしてそこまでのアプローチの違いでし...
学習・運動
8380 view
2018/01/11 更新
自閉症スペクトラムを理解するための新たなアプローチ!最新の脳波技術を用いた研究結果とはのタイトル画像

自閉症スペクトラムを理解するための新たなアプローチ!最新の脳波技術を用いた研究結果とは

自閉症スペクトラム障害の人たちの多くに共通する「社会的コミュニケーションの困難さ」と「こだわりの強さ」。 これらを理解するための新たなアプ...
発語・コミュニケーション
17482 view
2017/12/22 更新
自分への問いかけかわからない!?クラスの会話すべてに首を突っ込む原因は聴覚の過敏性にあった!のタイトル画像

自分への問いかけかわからない!?クラスの会話すべてに首を突っ込む原因は聴覚の過敏性にあった!

発達障害児が悩まされることの多い「聴覚過敏」。大きな音や怒鳴り声などにパニックになってしまうことはよく知られています。そして息子の場合は、...
発語・コミュニケーション
11596 view
2017/12/12 更新
「ジッとしなさい!」と叱る前に。教室で活躍する「ペダルデスク」の存在からわかることのタイトル画像

「ジッとしなさい!」と叱る前に。教室で活躍する「ペダルデスク」の存在からわかること

ADHDの子どもの特性である衝動性・多動性。このような特性のある子どもたちにとって何時間もジッと座って授業を受けるということは、苦行です。...
進学・学校生活
25873 view
2017/11/23 更新
パニック予知も夢物語じゃない!?発達障害支援にもつながる、可能性に満ちたデバイス研究を紹介!のタイトル画像

パニック予知も夢物語じゃない!?発達障害支援にもつながる、可能性に満ちたデバイス研究を紹介!

子どものパニック発生を予知してくれるセンサーがあったら…!そう思ったことは1度や2度ではありません。しかし、今それも夢物語ではなくなってい...
発語・コミュニケーション
18765 view
2017/11/10 更新
Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。