「障害は個性なのか?」その議論にはなんの意味がある?

「障害は個性なのか?」その議論にはなんの意味がある?のタイトル画像

「障害も、個性の一つでしょ」息子は知的遅れを伴う自閉症ですが、これまで子育てをしてきた中で、そんな言葉を言われたことが何度かあります。その人が言わんとすることは理解できる気もしますが、よくよく考えると、「個性」って、なんとも掴みどころのない言葉です。皆さんは「障害は個性だ」と思いますか?それとも、「個性と障害は別物だ」と思いますか?

A17554a0d2b15a664c0e73900184544f19e70227 l
18040 View

「障害は個性である」という言葉、それってどういう意味?

こんにちは。『子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』著者の立石美津子です。

「障害も、個性の一つでしょ」

息子は知的遅れを伴う自閉症ですが、これまで子育てをしてきた中で、そんな言葉を言われたことが何度かあります。

その人が言わんとすることは理解できる気もしますが、よくよく考えると、「個性」って、なんとも掴みどころのない言葉です。

実際に障害のある子を持つ他の保護者の話を聞いても、障害と個性を結びつけて語られるとき、その人その人によって、その意図やニュアンスはバラバラでした。

健常児ママから障害児ママへの励ましの言葉

健常児を持つママが、障害を持つ子どもを育てている人に元気づけるつもりでこんなことを言うことがあります。

「誰でも得手不得手があり凹凸があるのが人間なんだから、障害じゃなくて個性の一つと考えればいいじゃないの」。元気づけるつもりで、また良かれと思って「子ども一人一人の違いを認め、障害を特別視しないようにしよう、ポジティブに考えてね」と思ってかけた言葉なのでしょう。

障害のある子どもを持つ親の思い

お子さんに障害がある保護者の方が、「うちの子は障害児ではない。個性的なだけ」と言う場合もあります。

この言葉の背景には、一人一人に様々な思いがあると思います。我が子の凸凹を障害ではなく個性と捉えている方もおられるでしょう。あるいは、子どもが実際に様々な困難を抱えているけれど、それを「障害だ」と受け止めるのが難しい時に、複雑な思いを抱えながら発した言葉なのかもしれません。

幼稚園、保育園の先生の言葉

幼稚園や保育園などでは、また別の文脈で「個性」が語られたりします。個人面談のとき、「うちの子は発達障害があるので特別な配慮をしてほしい」と願い出ると、担任から「それは個性の一つですよ。どの子も性格も違い個性があるのですからお宅のお子さんだけ特別扱いは出来ませんよ」と拒否されてしまうこともあります。

この場合は、「個性」という言葉が、「配慮をしない」理由として使われているような印象です。
…このように、同じ「個性」という言葉でも、それを語る人の考えや場面によって、意味合いが変わってきます。

子育て中の保護者に対しては、他にも「愛情をかけよう」「子どもは発達する」「どの子も伸びる」という言葉が多くかけられます。けれども、よく考えてみたらどれもこれもつかみどころのない言葉です。「愛情」「発達」「伸びる」それから「個性」ってとても漠然としている言葉のように感じます。

障害児も健常児も、そもそも個性は万人に存在する

そもそも個性は、万人に存在します。それは、障害児だろうと健常児だろうと同じことです。

障害のある子どもを持つ親に対して第三者が「障害のある子は天使よね」などと、「障害そのもの=性格」のような言いかたをしているのをよく耳にします。

でも、そんな型にはまったものではありません。知的障害児、ダウン症児、自閉症児…、確かにそうやって「障害名」ごとに分類した時に、ある程度共通する先天的な特性はありますが、そこから一人ひとりが育つ環境の中で、優しかったり、やんちゃだったりと様々な性格が形成されていきます。その中で、一人一人に違った個性が生まれると思うのです。

だから、染色体異常が原因であるダウン症児であったり、生まれつきの脳の機能障害がある発達障害を含めて、「障害そのものがイコール個性だ」としてしまうのは、少し乱暴なのではないかと思います。障害と個性は別物だと私は思っています。

なんでも個性の問題にしてしまえば、「個性があるのはみんな同じでしょ」と済まされて、健常者の枠組みの世界でその他大勢と一緒にされる恐れがあります。それでは、その子が直面している生活上の支障を取り除いたり、特別な支援・配慮も受けられません。

個性か障害かの議論よりも、「何に困っているか」に注目して

「障害は個性なのか?」その議論にはなんの意味がある?の画像4
イラスト: 今井久恵, すばる舎
Upload By 立石美津子
現代の医学では、発達障害児であるかどうかの診断は、『DSM-5』や『ICD-10』といった国際的な診断基準を基に、経験のある医師が子どもを個別に診て行います。

脳のMRIや採血などの検査で明確に数値が出て、それだけで客観的に「はい、発達障害です」とわかるような生物学的マーカー(指標)は無いのです。

ウェクスラー式知能検査をはじめとする、様々な知能検査・心理検査の結果は、診断の参考情報として活用されます。しかし、これらの検査結果も体調や検査環境などで左右されるので、問診でそれまでの成育歴などを聞きとります。検査結果や問診などの多角的な情報を総合的にみて、その子が発達障害の診断基準に該当するかどうかが判断されます。

その子の先天的な特性の凸凹があったとしても、それだけですぐに発達障害だと言われるわけではありません。対人関係、生活環境の中でどのような困りごと=障害が生じているかが重要なのです。

明確な生物学的指標がないので、どこまでが個性でどこからが障害か、の線引きが難しいのが発達障害という概念の特徴ですが、個性か障害かの議論をするよりも、むしろ私は、その個別に配慮する具体的な視点こそが、大切なのだと思います。
「障害は個性なのか?」その議論にはなんの意味がある?の画像5
イラスト: 今井久恵, すばる舎
Upload By 立石美津子
どんな子どもにも違った個性が存在します。それは当たり前の前提としても、生活パターンで本人が生きづらいのならば、特別のサポートが必要になります。

聴覚過敏があり幼稚園で流される音楽が耐えられない、運動会で使われるピストルが恐くて仕方ない、皮膚の感覚過敏で粘土が触れない、特定の服しか着られない、味覚過敏でひどい偏食がある…こういった生きづらさを「全部、みんなと同じようにしなさい」と言われることは本人にとって酷なことです。

どうぞ、個性という言葉でひとくくりにしないで、子どもが毎日、不快なく生活できる環境を準備してあげてください。それで子どもが穏やかな顔になるとママも幸せな気持ちになると思うのですが、皆さんは個性と障害どう区別していますか?

この記事を書いた人の著書

「障害は個性なのか?」その議論にはなんの意味がある?の画像6
Upload By 立石美津子
発達障害のある息子への言葉、1番傷つくのは「障害=○○」のタイトル画像
関連記事
発達障害のある息子への言葉、1番傷つくのは「障害=○○」
WAIS・WISCとは?ウェクスラー式知能検査の特徴、種類、受診方法、活用方法のまとめのタイトル画像
関連記事
WAIS・WISCとは?ウェクスラー式知能検査の特徴、種類、受診方法、活用方法のまとめ
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

Ohinata-mam さん
2017/01/12 22:42
只今、学校とたくさん話し合いをしてるところです。
個性と言う言葉にいつも違和感がありました。

そう、個性とか言葉で片付けないで
その子その子を見て欲しいし
何に困ってるのかを見てほしい。

個性と言われると
いつも壁を作られてるような
否定されてるような気持になんとなく
感じてました。

もちろんそのつもりは相手にないのだろうけど。

読んでスッキリと
自分が言いたいことがわかりました‼︎

touko さん
2017/01/11 10:54
色々な意味を持つ「個性」という言葉に、理解してもらえないと振り回されないようにしたいです。

Avatar11

みんなのアンケート

Column title c6836bad50fd5a57095ac6032e29e523a502a25fc8489b1ea6580e64dc0e2b19

あわせて読みたい関連記事

「個性を大切に」と唱えていながら、学校で障害者排除が起きる理由のタイトル画像

「個性を大切に」と唱えていながら、学校で障害者排除が起きる理由

子どもの個性の尊重、他人への思いやり…育児・教育の世界ではこうした美しい言葉がよく掲げられます。ですが実際の現場を見ると、できない子や障害...
進学・学校生活
29844view
2016/09/23 更新
感覚の過敏さ(感覚過敏)、鈍感さ(感覚鈍麻)とは?発達障害との関係、子どもの症状、対処方法まとめのタイトル画像

感覚の過敏さ(感覚過敏)、鈍感さ(感覚鈍麻)とは?発達障害との関係、子どもの症状、対処方法まとめ

シャワーを嫌がる、集団で行動するのが苦手である、好き嫌いがあるなど、気になる子どもの行動。それは音や光、味などの刺激に強い不安やストレスを...
発達障害のこと
46079view
2016/10/06 更新
「すべての子どものための教育」インクルーシブ教育って?背景、具体的な取組み、課題点についてのタイトル画像

「すべての子どものための教育」インクルーシブ教育って?背景、具体的な取組み、課題点について

インクルーシブとは、「包括的な」「包み込む」という意味です。インクルーシブ教育の導入により、就学先決定の仕組みや、通常学級で障害のある子ど...
進学・学校生活
18752view
2016/09/20 更新
ICF(国際生活機能分類)とは?ICFの考え方からその活用法まで、分かりやすくご紹介します!のタイトル画像

ICF(国際生活機能分類)とは?ICFの考え方からその活用法まで、分かりやすくご紹介します!

ICF(国際生活機能分類)とは、人間の「生活機能」と「障害」を判断するための「分類」の方法を示したものです。人間の生活を障害の有無のみでは...
発達障害のこと
14611view
2017/01/31 更新
合理的配慮とは?考え方と具体例、障害者・事業者の権利・義務関係、合意形成プロセスについてのタイトル画像

合理的配慮とは?考え方と具体例、障害者・事業者の権利・義務関係、合意形成プロセスについて

2016年4月施行の「障害者差別解消法」により、一人ひとりの困りごとに合わせた「合理的配慮」の提供が行政・事業者に義務化されます。この記事...
発達障害のこと
133847view
2016/03/18 更新

この記事を書いた人

立石美津子 さんが書いた記事

自閉症の息子が10年ぶりに受けた知能検査。その結果を見た母の私は…のタイトル画像

自閉症の息子が10年ぶりに受けた知能検査。その結果を見た母の私は…

自閉症の息子に幼児期からさまざまな刺激を与えてきました。10年ぶりに発達検査を受けさせ、結果を目の当たりにしたとき、息子に対する見方が18...
自分と家族のこと
12591view
2017/02/19 更新
「障害」という表記は変えるべき?残すべき?皆さんはどう思いますか?のタイトル画像

「障害」という表記は変えるべき?残すべき?皆さんはどう思いますか?

「障害」という言葉の表記に対しては、今までも様々な議論がありました。最近では、「障がい」と表記したり、もともと使われていた「障碍」を常用と...
発達障害のこと
10344view
2017/01/29 更新
下級生に飛び降りを強要した少女、親の責任はどこまで問える?特性理解と早期支援が大切な理由のタイトル画像

下級生に飛び降りを強要した少女、親の責任はどこまで問える?特性理解と早期支援が大切な理由

2013年に起きた、当時小学4年生の女の子が小学2年生の女の子に飛び降りを強制した事件。判決では、子どもの特性に気づかず十分な対応を取らな...
将来のこと
23224view
2016/12/12 更新
障害児と健常児を「比べる病」、私は卒業したはずだったのにのタイトル画像

障害児と健常児を「比べる病」、私は卒業したはずだったのに

子どもに障害がある場合、まわりの健常児とわが子を比べたり、同じ障害のある子どもを見て「あの自閉症の子ができていることを、同じ自閉症のわが...
自分と家族のこと
35611view
2016/12/03 更新
発達障害の子どもが通常学級に進級する場合、先生やママ友に伝えておくべきことは?のタイトル画像

発達障害の子どもが通常学級に進級する場合、先生やママ友に伝えておくべきことは?

知的発達に遅れがない発達障害の子どもの場合、通常学級への在籍を選ぶご家庭も少なくないでしょう。近年では通級による取り出し指導も充実してきて...
進学・学校生活
26782view
2016/11/21 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。