[第3回]「心は今でも不登校」そんな僕だからこそ伝えたいのタイトル画像
Story long headline

[第3回]

「心は今でも不登校」そんな僕だからこそ伝えたい

メンバー3人全員が不登校経験を持つロックバンド「JERRY BEANS」。ドラムの山崎雄介さんのインタビューもいよいよ最終回。自分たちの経験を講演と歌に託して届ける「講演ライブ」は、全国の小中学校で大人気。自己表現が苦手だったという、5年間の不登校経験を持つ雄介さんは、どんな思いを胸に、表現活動を続けているのでしょうか。

学校に行くたび、「あの時の僕」に出会う

[第3回]「心は今でも不登校」そんな僕だからこそ伝えたいの画像
「JERRY BEANS」の講演ライブは、多い年で年間約130件にのぼる。小学5年生から中学3年生まで、ずーっと学校に行けなかった自分が、大人になってからこうして全国の学校を回るようになるなんて、人生って本当に不思議で面白いなと思う。

不登校だったからといって、いま学校を訪ねること自体にしんどさはない。だけど、子どもたちの前で講演をする時は、やっぱり辛くなる。何回やっても慣れない。

でも心や命を伝えることに慣れてしまったらダメだと思う。だからいつも必死で伝えている。

どんな年代、どんな学校の子どもでも、講演に行くたびに、「あの時の僕」と似たような子どもに出会うから。周りの子どもとの違いを感じ、常に独りぼっちで孤独な感覚を抱えている子どもたちに。

今でも人に発信することは苦手で、始まる前は毎回怖くなる。講演で話していると自分も涙が出てくる。でも前を見ると、子どもたちやお母さんたちも泣いている姿に気づいて、「あぁ、僕はこの怖さに向き合わなあかん」って気持ちになる。

自分の経験を伝えることで、明日死のうと思っていた人が、明日もなんとか生きていこうと思えるようになってくれるのなら、恐怖と向き合って発信していこうと決めた。

学校の先生だって、決して完璧じゃない

5年生の居残り授業で僕に「字が汚い」といった当時の担任とは、卒業するまで話す機会もなかった。だけどその先生は、卒業式のときに僕への謝罪の手紙を書いてくれていたのだ。

その手紙は母がずっと持っていて、長らく読むことができなかった。当時、僕がまだ不安定だったから、先生の気持ちを知って自分を責めたらいけない、と思って預かっていたそうだ。

講演活動を始めた頃に、ようやくその手紙を受け取った。

「君の気持ちがわかってあげられずごめん。」

その手紙を読んだ時に、「あぁ、きっとこの先生も、必死に子どものことを考えてくれていたんだろうな」と気付き、涙が溢れてきた。

思いが真剣でも、その伝え方やタイミングがずれてしまっていることって、たくさんある。それは誰にでも起こる、人間らしい失敗にすぎなくて、先生だって例外じゃない。

子どもも先生も親も、完璧を目指す必要はない。自分の弱いところを隠さずに、他人に見せていけばいい。

そんな思いを、今たくさんの人たちに伝えている。

「かわいそう」と言われた人にしか言えないことがある

[第3回]「心は今でも不登校」そんな僕だからこそ伝えたいの画像
うまく言えないけど、自殺をするような人って、ある意味勢いがあるのかなって、思う。

僕も、自殺を図った日の朝、起きてすぐに「あ、今日死ぬ日や」と思い立った。深く考えることなく「あ、今日でぼくは終わる」って。

だけどそこで死ななかったから、母親が止めてくれたから、ここにいる。

死なずに生きていたから、不登校だった時間も、振り返れば「大切な時間」に変わっていく。

僕の心の中は、今でも不登校の頃のままかなって思う時もある。

不登校の僕は、周りから「かわいそう」って思われていた。でも、「かわいそう」って思われた経験が、今の活動に活きているんだと思う。

「かわいそう」と言われた人にしかわからないこと、言えないことがある。だからこそ、今死のうと思っている人に、一秒でも長く生きてほしいと思う。辛い気持ちのまま人生を終わってほしくない。その一秒後に出会えるかもしれない喜びを信じて。その気持ちがあるから、みんなの前に立つことができる。

僕はこれからも、この活動を続けていく。

あのときの僕のように、苦しい想いをしている人、自ら死のうとする人が、一人でも少なくなることを願って。
[第4回] 「追いつめられたら、逃げたっていい」不登校の先に、生きる意味を見つけた今だから語れることのタイトル画像
関連記事
[第4回] 「追いつめられたら、逃げたっていい」不登校の先に、生きる意味を見つけた今だから語れること
[第3回]「もう生きてたらアカン」そんな僕を変えてくれた2つの出来事のタイトル画像
関連記事
[第3回]「もう生きてたらアカン」そんな僕を変えてくれた2つの出来事
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Story bar line Story bar line