発達障害の娘との会話はユーモアたっぷり!でも最初はうまくいかず…

2017/02/15 更新
発達障害の娘との会話はユーモアたっぷり!でも最初はうまくいかず…のタイトル画像

広汎性発達障害の娘は、会話がとても苦手。ちょっと前まで、返す言葉が決まりきっていたのですが…

SAKURAさんのアイコン
SAKURA
29106 View

発達障害のある娘は会話がとても苦手。3歳のころは、話しかけられても返事の仕方が分からず…

広汎性発達障害がある娘は、会話がとても苦手です。

3歳ごろになると、簡単な内容なら、相手の言っていることを少しずつ聞き取ることや理解することが出来るようにはなりました。

ですが、相手が言ってきたことに対して、まだどういう返事をしたらいいのかが分からないようでした。
発達障害の娘との会話はユーモアたっぷり!でも最初はうまくいかず…の画像
Upload By SAKURA
会話に合った返事や言葉は、繰り返し教えていくことで、少しずつ覚えてくれました。

しかしそのせいか、決まりきった返事しかできなくなってしまい、娘との会話はほとんど定型文のように…
発達障害の娘との会話はユーモアたっぷり!でも最初はうまくいかず…の画像
Upload By SAKURA

5歳になって、自分で返事を考えられるように!すると娘との会話にユーモアがあふれだした

「いつになったら、娘とたくさん会話が出来るんだろう…」そう心配していた私でしたが、

娘は5歳を過ぎたころから、自分で考えた返事ができるようになりました。

すると娘との会話は、以前では考えられないようなユーモアなものになったのです!
発達障害の娘との会話はユーモアたっぷり!でも最初はうまくいかず…の画像
Upload By SAKURA
発達障害の娘との会話はユーモアたっぷり!でも最初はうまくいかず…の画像
Upload By SAKURA

他の子に比べればゆっくりだけど…確実に成長していた

少しずつしゃべるようになった3歳ごろから、5歳ごろまでは決まりきった会話の引き出ししか持っていなかった娘。

でも今、もうすぐ6歳になる娘と、私は会話を楽しめています!

他の子に比べればゆっくりだったけど、娘は少しずつ成長してくれました。

改めて『療育は、焦らずゆっくり』だな…、と実感しています。
発達障害の娘との会話はユーモアたっぷり!でも最初はうまくいかず…の画像
Upload By SAKURA
発達障害の娘への見方が変わった!心に刺さった主治医の一言のタイトル画像

関連記事

発達障害の娘への見方が変わった!心に刺さった主治医の一言

娘(5歳)にお手伝いを頼んだら…なぜか私が手伝うハメに!?のタイトル画像

関連記事

娘(5歳)にお手伝いを頼んだら…なぜか私が手伝うハメに!?

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。