自閉症の息子が唯一、心を開く人。彼だけに見えていた息子の気持ちは?

自閉症の息子が唯一、心を開く人。彼だけに見えていた息子の気持ちは?のタイトル画像

我が家には双子の兄弟がいます。長男は重度の自閉症ですが、意外にも周りに人が大勢いることが大好きです。遊んでもらえると、とても嬉しそうに笑います。とはいえ、自分から相手に寄っていくことはあまりありません。そんな長男が背中にくっついて甘える唯一の存在がいるのです。

50e020d7bc94214e94b988f5aa0936405802b2b4 s
84479 View

ひいおじいちゃんの膝の上は、自閉症の息子の特等席

子ども達が冬休みに入り、普段は離れて暮らす私の実家に帰省したときのことです。

ひいおじいちゃんが居間で新聞を読んでいると、自閉症のある長男がそっと寄っていきました。
自閉症の息子が唯一、心を開く人。彼だけに見えていた息子の気持ちは?の画像
Upload By シュウママ
言葉のあまり出ない長男は「新聞邪魔、そこは僕の場所!」と言わんばかりの態度で、黙ってうっとおしそうに新聞を払いのけ、ぺたりとひいおじいちゃんの膝の上に腰をおろしました。
自閉症の息子が唯一、心を開く人。彼だけに見えていた息子の気持ちは?の画像
Upload By シュウママ
特等席の膝に陣取ると、長男はじっとひいおじいちゃんの顔を見ながら嬉しそうな笑顔を向けます。

ひいおじいちゃんも笑って長男の頭をなでてくれます。言葉は交わさなくとも「ひいおじいちゃんは絶対、僕が膝に乗ったらいい子いい子してくれる」、そんな安心感が長男の仕草や表情から伝わってきたことを覚えています。
自閉症の息子が唯一、心を開く人。彼だけに見えていた息子の気持ちは?の画像
Upload By シュウママ

いちばん大変な時期に、慣れない双子の育児に関わってくれたひいおじいちゃん

ひいおじいちゃんと双子は幼いころから深く関わってきました。8年前、低体重で生まれた長男は生まれてすぐ難病があることがわかりました。そのまま大学病院へ検査入院することになったのですが、その間双子の次男の面倒を見てくれたのがこのひいおじいちゃんだったのです。
自閉症の息子が唯一、心を開く人。彼だけに見えていた息子の気持ちは?の画像
Upload By シュウママ
双子ということで里帰り出産だったのですが、私は出産前2ヶ月間、切迫早産で入院していました。当時私の母が看病にあたってくれていたのですが、心臓の持病と、長男の病気の心労が重なりふせってしまいました。

そのため日中だけでも次男をみてもらえれば…と思いひいおじいちゃんを頼ったのです。戸惑いもあっただろうにそんなことはおくびにも出さず、とても献身的に面倒をみてくれました。育児にはあまり携わらなかった年代だと思いますが、長男の退院後も産後の私を気遣って、オムツを替えたりミルクを飲ませたり…。慣れない手つきで小さな双子に存分の愛情を注いでくれたのです。
自閉症の息子が唯一、心を開く人。彼だけに見えていた息子の気持ちは?の画像
Upload By シュウママ

自閉症の長男が、ひいおじいちゃんに心をひらく理由は?

けれど長男がひいおじいちゃんを好きなのは、それだけが理由ではありません。

自閉症特有の行動なのでしょうか、長男はコップの水をわざとこぼして、流れていく様子をじっと見ていることがあります。
自閉症の息子が唯一、心を開く人。彼だけに見えていた息子の気持ちは?の画像
Upload By シュウママ
そんな時、私を含めて誰もが叱るけれど、ひいおじいちゃんだけは、そんな長男の様子を興味深そうに穏やかに見つめています。どんなイタズラをしても、絶対に怒らず笑顔を絶やすことがないのです。

自閉症の長男も、定型発達の次男も、誰もが双子を可愛がってくれます。けれど言葉もあまり出ず、言動も幼い長男のことは、悪気なく皆赤ちゃん扱いしてしまいます。無意識ではありますが、私自身も例外ではなかったかもしれません。
自閉症の息子が唯一、心を開く人。彼だけに見えていた息子の気持ちは?の画像
Upload By シュウママ
本を破いたり、かんしゃくをおこしたりする長男を目の前にすればそれは無理からぬことだと思います。

けれどどんな状態の長男と接しても、ひいおじいちゃんは「シュウは頭の中にたくさん言葉があるぞ。言葉が出れば気持ちも落ち着くぞ。お前はかしこいかしこい子だよ」そう言い続けてくれたのです。

長男がかんしゃくをおこすのは、思いをうまく言葉にできないもどかしさゆえだということを、ひいおじいちゃんは気づいて理解してくれる唯一の人だったのでしょう。
自閉症の息子が唯一、心を開く人。彼だけに見えていた息子の気持ちは?の画像
Upload By シュウママ

認めて寄り添う大人の存在が、息子の心を開いてくれる

自閉症の子どもを持つ親御さんは、何度注意しても同じことをする、どれだけ注意しても伝わらないという葛藤があるのではないかと思います。そのうち、話しかけることにすら億劫になる、私自身がそうだったのかもしれません。

けれど、どうして同じ行動を繰り返すのだろう?と子ども自身の気持ちになって考え、ほんの少しでも心に寄り添ってみれば、子どもは心を開いてくれることもあるのかもしれません。

好奇心にあふれた目で自分を見てくれるひいおじいちゃんの笑顔、「シュウはかしこいよ」と投げかけてくれる優しい言葉……。ひいおじいちゃんはそのままの長男を認め、表には見えにくい長男の心の成長に気づいて接してくれている。

少なくとも私には、長男はそのことをちゃんと分かっているのではないかと思うのです。だからこそ、長男はひいおじいちゃんが大好きなのかもしれません。
夫の両親に「娘は発達障害かも」と伝えたとき、お義母さんは…のタイトル画像
関連記事
夫の両親に「娘は発達障害かも」と伝えたとき、お義母さんは…
「発達障害」と呼ばないで。学校に馴染めず苦しむ子どもたちに眠る”スペシャルタレント”を育もうのタイトル画像
関連記事
「発達障害」と呼ばないで。学校に馴染めず苦しむ子どもたちに眠る”スペシャルタレント”を育もう
障害児と健常児を「比べる病」、私は卒業したはずだったのにのタイトル画像
関連記事
障害児と健常児を「比べる病」、私は卒業したはずだったのに
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

シュウママ さんが書いた記事

家中に響く自閉症長男の大声に変化が!?ボリュームを伝える息子版・声の大きさ表をつくってみたのタイトル画像

家中に響く自閉症長男の大声に変化が!?ボリュームを伝える息子版・声の大きさ表をつくってみた

わが家の最近の悩み事。それは自閉症の長男シュウの大声です。どんなにやめてと言ってもおさまりません。家族はほとほと悩まされていました。ところ...
発語・コミュニケーション
15794 view
2018/08/01 更新
自閉症の長男が大好きだったひいおじいちゃんの葬儀。不安もあったけど一緒に出てよかったと思った訳のタイトル画像

自閉症の長男が大好きだったひいおじいちゃんの葬儀。不安もあったけど一緒に出てよかったと思った訳

4月の初め、長男が大好きだったひいおじいちゃんが亡くなりました。しかし、そのことを私が泣きながら告げても、長男はぽかんとしていました。自閉...
発達障害のこと
19647 view
2018/06/20 更新
自閉症の息子の言葉が消えた─。絶望する母の気持ちを支えた医師の一言のタイトル画像

自閉症の息子の言葉が消えた─。絶望する母の気持ちを支えた医師の一言

わが家の9歳の長男は重度の自閉症です。長男は7歳を過ぎて言葉が増え始めましたが、実は7歳までの間にも単語が出ていた時期がありました。当時、...
発語・コミュニケーション
39430 view
2018/05/23 更新
Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。