娘は郵便屋さん!伝達訓練になった「先生とママのメッセンジャー作戦」とは?

2017/04/26 更新
娘は郵便屋さん!伝達訓練になった「先生とママのメッセンジャー作戦」とは?のタイトル画像

広汎性発達障害のある娘は、先生からの大事な連絡事項をなかなか言葉で伝えられずにいた。幼稚園のうちはしょうがないと思っていたのですが、さすがに小学生になって伝達漏れで忘れものをするのは困るし…と悩んでいました。「先生の言うことを聞き、ママに伝える」ことの大切さを身をもって分かってほしくて、専門家にそのことを相談し、3ステップの訓練をした時の話です。

SAKURAさんのアイコン
SAKURA
19214 View

園からの伝達事項は「お知らせお手紙」だけで把握

娘は郵便屋さん!伝達訓練になった「先生とママのメッセンジャー作戦」とは?の画像
Upload By SAKURA
小学生の娘が幼稚園年長さんの頃、通っていた園の次の日に持ってくる物などの連絡は、100%先生からのお手紙でした。

帰宅後、私がカバンからお手紙を取り出してチェックし、伝達事項の共有を確認します。

でも、娘から直接「あしたは~○○もってくるってせんせいがいった~」などと聞いたことは、一度もありませんでした。

「きっと先生は子どもたちに、明日の持ち物など話すわけじゃないんだろうな~、だから家で話題になることはないし、ママはお手紙を受け取って忘れ物をしないための大切な黒幕ってことね」と勝手に思い込んでたのです。

実は先生が「明日は○○持ってきてくださいねー」とアナウンスしていた!!

娘は郵便屋さん!伝達訓練になった「先生とママのメッセンジャー作戦」とは?の画像
Upload By SAKURA
たまたま早く迎えに行った日、先生が園児たちに「明日は長靴を持ってくるんだよ~」と話をしている場面に遭遇。

娘は先生の話を聞いているように見えたので、教室から出てきた娘にそのことを聞いてみたのですが、「え?」という反応…。

娘は、先生の話を私に伝えなくっちゃいけないとは全く思っていなかったようでした。
娘は郵便屋さん!伝達訓練になった「先生とママのメッセンジャー作戦」とは?の画像
Upload By SAKURA

『先生の話を理解し、ちゃんとママに伝える』を訓練できないかしら?

このままじゃ小学生になった時に困るんじゃないだろうか…。先生の話を聞いて、それを私に伝えるという訓練はないだろうか?

いい方法が思いつかなかった私は、いつもお世話になっている言語訓練の先生に相談してみました。
娘は郵便屋さん!伝達訓練になった「先生とママのメッセンジャー作戦」とは?の画像
Upload By SAKURA
いつも娘の訓練に携わってくださり、彼女の特性を知っている先生は、

「そんな時は娘さんをメッセンジャーにするといいですよ!お母さんと担任の先生で手紙のやり取りし、それを娘さんに運ばせるんです。」

と教えてくれました。娘に手紙を渡すという役目をやってもらい、『この手紙は大事なことが書いてある、渡さなければいけない』

という意識をしてもらうのです。私は早速、幼稚園の担任の先生にお願いすることにしました。担任の先生は快く了承してくれ、次の日から、私と担任の先生の手紙のやり取りが始まりました。

ステップ①~ただ、手紙を渡してくれるように頼む~

娘は郵便屋さん!伝達訓練になった「先生とママのメッセンジャー作戦」とは?の画像
Upload By SAKURA
渡すのは毎日ではなく、週に2、3回。内容は、

「今日は朝ごはんたくさん食べました」や、「日曜日は家族でお出かけしました」といった、本当に簡単なことでした。

先生からも、『今日はウサギに餌をあげました』や、『お遊戯の練習、元気よくできました』などのことが書かれていました。

ステップ②~手紙に何が書いてあるか話す~

娘は郵便屋さん!伝達訓練になった「先生とママのメッセンジャー作戦」とは?の画像
Upload By SAKURA

ステップ③~手紙なしで口頭で伝えてもらう~

娘は郵便屋さん!伝達訓練になった「先生とママのメッセンジャー作戦」とは?の画像
Upload By SAKURA
このように少しずつレベルアップしていき、
卒園する頃には、
簡単なことであれば口頭で伝えられるようになりました。
4月から小学一年生になった娘。訓練のおかげもあって、「せんせいがこれもってきてだって!」と連絡を言えています。

しかし、言えるのは一回に一つの連絡のみ…。他の連絡はすっかり忘れてしまっているようで(笑)

ここからは数をこなして、また少しずつレベルアップ出来たらいいなと思っています。
言葉が理解できず泣く娘。広汎性発達障害といわれ、初めての言語訓練で…のタイトル画像

関連記事

言葉が理解できず泣く娘。広汎性発達障害といわれ、初めての言語訓練で…

4歳まで会話が難しかった娘。週2回、あるコトを1年間つづけ…のタイトル画像

関連記事

4歳まで会話が難しかった娘。週2回、あるコトを1年間つづけ…

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。