入学式、支援の先生に手を引かれる息子の姿を見た父は…

入学式、支援の先生に手を引かれる息子の姿を見た父は…のタイトル画像

私は息子の発達障害について自分の両親には話していませんでしたが、入学式の日にやってきた父は何となく察したようです。父もかなり強いADHDの特性を持つ人ですが、息子が発達障害と知り言った言葉に、私は衝撃を受けました。

45aa4582 4461 48a9 95b7 a72f7c4c6368 s
36597 View

父が入学式に参加する!?さあどうしよう

私の父にはADHD の特性があります。今も落ち着きのなさとお喋りの止まらなさで、家族に毎日毎日叱られています。言わずもがな、幼少の頃はそれはそれは「大変な子」だったらしく、パニックや多動で幼稚園も入園1ヶ月で強制退園になるほどだったそうです。

父は自分と同じ振る舞いをする息子に大変な思い入れがあり、小学校の入学式にも参加したいと言ってくれました。けれども私は、父に参加してもらうことについては少し抵抗がありました。というのも、息子に発達障害の診断がおりていること、ましてや特別支援学級に通級することなど、私は父には何も話していなかったからです。

入学式でもし何らかの形で通級のことがバレてしまったら…。私は悩みました。

これまでは私は、他人から「支援級なんてとんでもない!この子は普通級でいい!」と何度も畳みかけられ、イライラしてきた経験がありました。なので、父からもそんな言葉を投げかけられるのは耐えられない…と思ったのです。
発達障害は遺伝するもの?確信したのは私の父の特性でしたのタイトル画像
関連記事
発達障害は遺伝するもの?確信したのは私の父の特性でした

温かい配慮で迎えた入学式。その光景を見た父は、

結局、参加を断る理由も見つからず、父は2時間かけて入学式に来てくれました。

実は入学式の前から、先生方は息子のために綿密に打ち合わせをしてくださっていました。特別支援の先生方は、息子の幼稚園の先生と打ち合わせの場を持ってくださり、息子の特性について話し合いをしていました。また、息子が動揺しないように学校見学を開催してくださり、校長先生や教頭先生一同で息子を迎えてくださいました。前日は担任の先生からお電話頂き、入学式にあたって配慮が必要な点などについて聞かれました。

当日は特別支援の先生方と担任の先生方が、かわるがわる息子と手を繋いでいてくださいました。息子が少し不安定になったときには、特別支援の先生がずっと横について声をかけてくださいました。なんて素敵なスタートでしょう、私は感動してしまいました。いろんな人に支えられて入学式を迎えられたことは、この子を育てていて良かったと改めて思うほど幸せなことでした。

けれども、息子が「ちょっと違う子で、違った扱いを受けている」ということは、教室の中でも一目瞭然でした。

入学式が終わった後に、父も交えて昼食を取っていたときです。父がこう言ったのです。

「ずっと先生が息子くんの隣についてくれていたな。息子くんは、アスペルガー症候群なのか?

息子が発達障害と知った父の一言は…

私は、父がアスペルガー症候群という言葉を知っているのをそこで初めて知りました。同時に、「話すなら今だ!」と思い、息子の障害のことを打ち明けることにしたのです。

「うん。3歳で診断がおりた。賢い子だけど、初めての環境とかにとても不安になってしまうし、どうしても集団生活でストレスがかかってしまう。だから、国語と算数だけは特別支援学級で勉強することにした。」

父は否定も肯定もせずに聞いていましたが、私の話を聞き終わって、こう言ったのです。

「この子が羨ましいね。僕のときは、叱られて叱られて、自信がなくなるばっかりだったから」
「今日もみんなに代わる代わる手を繋いでもらって。良かったじゃないか。診断をもらってて

私はこの父の言葉を聞いて、同じように発達障害の特性を持ちながら、まだそれを障害と認知していない時代を過ごしてきた父の苦労を思ったのでした。また「羨ましいね」という言葉は、今の時代に発達障害児として生まれてきた息子を全肯定してくれる言葉であったと思います。

先人たちの苦労を無駄にしてはいけない。私は父の言葉を聞いて、改めてそう強く思ったのでした。
幼稚園・保育園とは別世界!?発達障害児は小学校生活の何に戸惑う?のタイトル画像
関連記事
幼稚園・保育園とは別世界!?発達障害児は小学校生活の何に戸惑う?
同じADHDでもこんなに違う!?息子の療育で気づいた障害のとらえ方のタイトル画像
関連記事
同じADHDでもこんなに違う!?息子の療育で気づいた障害のとらえ方
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

林真紀 さんが書いた記事

親子三代、ADHD気質。一子相伝で祖父から受け継いだ困りごと解決4か条のタイトル画像

親子三代、ADHD気質。一子相伝で祖父から受け継いだ困りごと解決4か条

ADHDの特性があり、幼少期にとんでもなく苦労してきたという私の父。そして同じ特性を受け継いだ私と息子。そんな私たちですが、父から直伝の「...
自分と家族のこと
16739 view
2018/02/08 更新
拡張現実(AR)で療育!?自閉症スペクトラムの人がソーシャルスキル獲得に使えるメガネがスゴイ!のタイトル画像

拡張現実(AR)で療育!?自閉症スペクトラムの人がソーシャルスキル獲得に使えるメガネがスゴイ!

自閉症スペクトラム障害のソーシャルスキルトレーニングにスマートグラスを用いる研究が進められています。ソーシャルスキルをゲームで、しかも拡張...
発語・コミュニケーション
6310 view
2018/01/27 更新
音楽療法とリトミックの違いって?生きにくさを軽減してゆく「療法」であることの意味のタイトル画像

音楽療法とリトミックの違いって?生きにくさを軽減してゆく「療法」であることの意味

リトミックと音楽療法は何が違うのでしょうか。調べたり、見聞きするうちに見えてきたのは、目的設定の違い、そしてそこまでのアプローチの違いでし...
学習・運動
11300 view
2018/01/11 更新
自閉症スペクトラムを理解するための新たなアプローチ!最新の脳波技術を用いた研究結果とはのタイトル画像

自閉症スペクトラムを理解するための新たなアプローチ!最新の脳波技術を用いた研究結果とは

自閉症スペクトラム障害の人たちの多くに共通する「社会的コミュニケーションの困難さ」と「こだわりの強さ」。 これらを理解するための新たなアプ...
発語・コミュニケーション
18988 view
2017/12/22 更新
自分への問いかけかわからない!?クラスの会話すべてに首を突っ込む原因は聴覚の過敏性にあった!のタイトル画像

自分への問いかけかわからない!?クラスの会話すべてに首を突っ込む原因は聴覚の過敏性にあった!

発達障害児が悩まされることの多い「聴覚過敏」。大きな音や怒鳴り声などにパニックになってしまうことはよく知られています。そして息子の場合は、...
発語・コミュニケーション
12366 view
2017/12/12 更新
Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。