掃除中に「ふざけている」と言われた息子。泣きながら語ったその真実とは

掃除中に「ふざけている」と言われた息子。泣きながら語ったその真実とはのタイトル画像

発達障害のある息子は、場所をわきまえずに突然ふざけ始めて、どんなに制止しても言うことを聞かないときがあります。なぜそんなにふざけるのか、なぜこんなに周りが見えないのか、悩み苦しんだ私がある日気づいたことは…。

7e57047c f540 4051 8bb8 dc7eca11cca2 s
142410 View

また言われた!「息子くん、ふざけてばかり」

発達障害のある息子は、たまに周りの人が困ってしまうほど、場をわきまえずにふざけてしまうことがあります。近くに私がいて制止しても何の効果もありません。むしろ、制止すればするほど、ふざけ方がエスカレートしていくのです。

頭の切り替えがうまくいかないからふざけてしまうのか、それとも単純に場の空気を読むことが苦手なだけなのか、とにかく一度ふざけ始めると「もう勘弁してよ~」と私は半泣きになるのでした。

息子のそんな態度に冷や冷やしながら始まった小学校生活。ある日、私が用事で小学校に行ったときに、息子と同じクラスのお友達からこう言われたのです。

「息子くん、掃除のときずっとふざけてます。全然ちゃんとやらないんです」


この言葉を聞いて、私はとにかく情けなくなってしまいました。1年生になれば普通に掃除もできるようになるでしょうに、どうしてそういうときにふざけるのか…と。

さらに詳しく聞くと、息子は、みんなが掃除をしているのに、教室の中をフラフラしていたり、学校の備品などを触って遊んでいるというのです。

こんなことを同じ年のお友達に報告されるのも情けない限りで、私は何度も謝って小学校をあとにしました。

息子がふざけてしまった理由を聞き…

その日、帰宅した息子に、なるべく冷静さを保ちながら私は言いました。

「ねえ、今日ね。掃除のときに息子くんがふざけてばかりでちゃんとやってくれないって聞いたんだけど。掃除の時間はふざけたりしないで、ちゃんとやろうよ」

すると、息子は言ったのです。

「ふざけてるんじゃない」

そして、その次の言葉に、私は衝撃を受けたのでした。

掃除の時間、自分は何をやればいいのか分からない。今日は教室の担当、とか、今日は下駄箱の担当、とかしか言われないけど、何をどうすればいいのか分からない。みんなは何も教えられていないのに、自分のやることがなんとなく分かっているみたいだ。でも僕には、さっぱり分からない。分からないうちに取り残されている。」

息子の頬から、小学校入学して初めての涙が、ぽとんと落ちました。

息子は発達障害の特性で、周囲の流れを読みながら行動をするということがとても苦手なのです。何をすればいいのか具体的に指示がない、自分に特別な役割が与えられているわけでもない、ただ周りの動きを見ながら自分のやることを見つけなければならない、それが掃除だったのでした。

息子は決して「ふざけていた」のではないのです。「困っていた」のです。

「困った子」は「困っている子」という言葉を思い出す

息子の言葉を聞いて、私はそれまで息子がふざけてしまって制止ができなかった場面を一つひとつ回想してみました。それはどれも、息子が「どう行動したら良いのか分からないとき」だったのです。

息子は、初めて会った人にいろいろ話しかけられたり、初めての場所で何かをしなければならないときに、必ずふざけ始めます。初めての人や初めての場所は、息子が特に苦手とするものです。なんとなく周囲を見ながらコミュニケーションを取ったり、自分の行動を決めたりということが、発達障害の子どもには難しいからです。

そのことに気づいた私は、息子が掃除のしかたが分からないという件について、連絡帳に書いておきました。学校ではすぐに、息子に具体的な指示と役割を与えてくださり、以後「掃除中ふざけている」というような話は聞かなくなりました。

息子が「ふざけている」のは「困っている」とき。これは、発達障害児についてよく言われる「困った子」は「困っている子」と同義なんだな…と感じています。

このことが分かってから、ふざけてしまう息子に対して「ふざけちゃダメ!」と怒るのではなく、「何に困っているのかな」と思って接することができるようになりました。そのおかげで、ただただ「情けない」と私の感情が高ぶってしまうこともなくなり、どうしたら息子が楽になるのか、冷静に考えることができるようになったのです。
「僕には、通訳が必要なの」発達障害の息子の頼れる「助っ人」って?のタイトル画像
関連記事
「僕には、通訳が必要なの」発達障害の息子の頼れる「助っ人」って?
幼稚園・保育園とは別世界!?発達障害児は小学校生活の何に戸惑う?のタイトル画像
関連記事
幼稚園・保育園とは別世界!?発達障害児は小学校生活の何に戸惑う?
うつろな目で飛び跳ね続ける…発達障害の息子にその理由を聞くとのタイトル画像
関連記事
うつろな目で飛び跳ね続ける…発達障害の息子にその理由を聞くと
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

発達障害の子どもが通常学級に進級する場合、先生やママ友に伝えておくべきことは?のタイトル画像

発達障害の子どもが通常学級に進級する場合、先生やママ友に伝えておくべきことは?

知的発達に遅れがない発達障害の子どもの場合、通常学級への在籍を選ぶご家庭も少なくないでしょう。近年では通級による取り出し指導も充実してきて...
進学・学校生活
72261 view
2016/11/21 更新
発達障害のある子どもを「通常学級」に入れるときに気をつけたい3つのポイントのタイトル画像

発達障害のある子どもを「通常学級」に入れるときに気をつけたい3つのポイント

お子さんが発達障害と診断されていると、小学校の進級先を「特別支援学級」にするのか、「通常学級」にするのか、すごく悩んでしまいます。生徒数も...
進学・学校生活
195457 view
2016/10/26 更新
脳性麻痺とは?どんな症状なの?いつ分かるの?治療方法はあるの?など徹底解説します!のタイトル画像

脳性麻痺とは?どんな症状なの?いつ分かるの?治療方法はあるの?など徹底解説します!

脳性麻痺とは、脳の損傷のために生じる運動と姿勢の障害です。どうして脳が損傷してしまうと運動や姿勢に影響が出るのでしょうか。脳性麻痺の原因や...
発達障害のこと
173316 view
2017/01/31 更新
同じ発達障害でも全然違う!アスペルガー娘とADHD息子に同じ質問をしてみると…のタイトル画像

同じ発達障害でも全然違う!アスペルガー娘とADHD息子に同じ質問をしてみると…

アスペルガーの娘に質問をすると、瞬時にさまざまな情報があふれ出てきますが、ADHDの息子に質問をしても返ってくるのは「わからない」「忘れた...
発達障害のこと
77798 view
2016/10/25 更新
小児期崩壊性障害とは?症状・原因・治療法・療育法は?他の障害との違いは?のタイトル画像

小児期崩壊性障害とは?症状・原因・治療法・療育法は?他の障害との違いは?

小児期崩壊性障害とは、それまで明らかに定型発達していたのに突然、成長の過程で覚えた言葉や排泄能力などを失い、最終的には知的障害を伴った自閉...
発達障害のこと
72162 view
2016/12/01 更新

この記事を書いた人

林真紀 さんが書いた記事

パニック予知も夢物語じゃない!?発達障害支援にもつながる、可能性に満ちたデバイス研究を紹介!のタイトル画像

パニック予知も夢物語じゃない!?発達障害支援にもつながる、可能性に満ちたデバイス研究を紹介!

子どものパニック発生を予知してくれるセンサーがあったら…!そう思ったことは1度や2度ではありません。しかし、今それも夢物語ではなくなってい...
発語・コミュニケーション
14187 view
2017/11/10 更新
介助犬が自閉症の子どもの歯科治療をサポート!南米チリでの進んだ取り組みを紹介のタイトル画像

介助犬が自閉症の子どもの歯科治療をサポート!南米チリでの進んだ取り組みを紹介

自閉症スペクトラムの子どもを歯医者さんへ連れてゆく。その大変さは想像を絶するものでした。息子と一緒になって泣きそうになる辛い日々の中、私の...
発達障害のこと
5109 view
2017/10/21 更新
メインイベント前にお祭りを早退!自ら決断を下した息子から出た言葉は以外にも!?のタイトル画像

メインイベント前にお祭りを早退!自ら決断を下した息子から出た言葉は以外にも!?

発達障害のある子どもは、他の人と違う時間の過ごし方、他の人と違う楽しみ方があっていい。親子ともどもそのことに気付けたとき、初めて自分の居場...
自分と家族のこと
5705 view
2017/10/07 更新
ヒントは連想ゲーム!息子の「こだわり」を燃料に変えた、世界を広げる秘策のタイトル画像

ヒントは連想ゲーム!息子の「こだわり」を燃料に変えた、世界を広げる秘策

発達障害児は興味の幅が狭くて深く、こだわりも強いことが多いです。ひとつのこだわりにはまり込んで、他のことに全く興味を示さない姿は、ときとし...
発達障害のこと
3449 view
2017/09/28 更新
習いごとで失敗だらけの息子が自らスイミングスクールへ!挑戦の前に、親子で交わした約束とはのタイトル画像

習いごとで失敗だらけの息子が自らスイミングスクールへ!挑戦の前に、親子で交わした約束とは

私は発達障害のある息子を育ててきて、これまで「習いごと」で良い思いをしたことはあまりありません。そのことから、かつて私は、本人の成長が追い...
学習・運動
6849 view
2017/09/21 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。