自閉症の長男にも背負わせてあげたかった。支援学校でも使えるランドセル

自閉症の長男にも背負わせてあげたかった。支援学校でも使えるランドセルのタイトル画像

3年前、重度自閉症の長男は特別支援学校に、次男は地元の小学校に入学しました。入学当初長男は大きなリュックを背負い、小さな体でえっちらおっちら歩いていました。その姿はとても可愛かったです。けれど私は、長男の歩いていく背中を見送りながら一抹の寂しさがありました。

50e020d7bc94214e94b988f5aa0936405802b2b4 s
29363 View

双子の兄弟が就学年齢に。長男は特別支援学校、次男は通常学校への入学が決定

重度自閉症の長男は、比較的早い段階で特別支援学校への入学が決まっていました。そして我が家は双子であるため、同時に通常学校へ入学する次男の学校手続もしなければなりませんでした。

忙しい日々でしたが、10月に長男の就学通知書が届いた時にはなんだか肩の荷がおりてほっとした気持ちになったものです。

入学前の準備。支援学校のカバンはランドセル?それとも?

自閉症の長男にも背負わせてあげたかった。支援学校でも使えるランドセルの画像
Upload By シュウママ
そして11月も過ぎたころ、はっと気が付いたのは長男が学校に持っていくカバンのこと。

次男はもちろんランドセルのつもりでしたが、長男はランドセルが必要だろうか――入学説明書にはこのカバンで!という明確な記載がなかったので、私は支援学校に問い合わせてみました。
電話で丁寧に答えて下さった女性の返事は「特に規定はありませんよ」というものでした。
自閉症の長男にも背負わせてあげたかった。支援学校でも使えるランドセルの画像
Upload By シュウママ
この言葉を聞いた私は、じゃあリュックでいいかな…と思い大きめの新しいリュックサックを長男のために、次男には同じ頃、ランドセルを購入しました。

次男のランドセルをじっと見ていた長男に、母として想うこと

ピカピカのランドセルを見て次男は嬉しそうでした。

色は黒、ふち取りは赤、何日も前から次男が選んで注文しておいたものでした。入学式の前から次男はランドセルを背負い鏡を見て満足そうにしていました。そんな次男の姿を療育から帰ってきた長男がじっと見つめていました。
自閉症の長男にも背負わせてあげたかった。支援学校でも使えるランドセルの画像
Upload By シュウママ
次男がランドセルを床に置いて遊びに行ってしまうと、長男はランドセルにそろりそろりと手を伸ばしました。

どうしたのかな?と見ていると、長男はランドセルの肩ベルトに腕を通して背負おうとしました。けれど不器用で筋力のない長男は、うまく手が通せなかったのかごろりと前のめりになり床であごをごんっ!と打ち、大きな声で泣き出しました。
自閉症の長男にも背負わせてあげたかった。支援学校でも使えるランドセルの画像
Upload By シュウママ
私は驚いて長男のあごをさすってやりました。もちろん長男は痛くて泣いているのでしょう。

でもこの泣き声がまるで「僕もランドセル背負いたかった!」という長男の叫び声に聞こえてきました。

私はランドセルにするか、リュックにするか、ほとんど逡巡せずに決めたことに対して申し訳ない気持ちになりました。当時、まだ言葉で意思の疎通ができなかった長男に、どちらかを選択させるという考えが私にはなかったのです。ごめんね…と私は長男に謝りました。
自閉症の長男にも背負わせてあげたかった。支援学校でも使えるランドセルの画像
Upload By シュウママ

長男が入学。そこで目にしたのは…

そしてひと月が過ぎ長男は支援学校に入学しました。ほどなく父兄の懇談会が長男の教室で行われました。私は同じクラスのお母さん達に挨拶しながら、何気なくロッカーに目をやりました。

すると長男のリュックの入ったロッカーの隣りに、横長の形をしたランドセルがあることに気がつきました。
自閉症の長男にも背負わせてあげたかった。支援学校でも使えるランドセルの画像
Upload By シュウママ
「横に長いランドセルってあるんですね」

私はランドセルの子のお母さんに聞いてみました。

障害児を育てる親に寄り添うランドセルがあった

するとそのお母さんは微笑んで言いました。
自閉症の長男にも背負わせてあげたかった。支援学校でも使えるランドセルの画像
Upload By シュウママ
お子さんは足が悪いため、車椅子に取り付けやすいベルトがついていることと、沢山荷物が入るということが横型ランドセルを選んだ理由だそうです。

最近は障害のある子ども用のランドセルも充実しており、多機能でいろんな色が選べるんだというお話でした。

「何よりランドセルを背負った姿が見たかったから・・」お子さんを優しい目で見つめながら言われた気持ちが、私にはよく分かりました。

障害のあるお子さんをお持ちなら親は何度も選択を強いられます。そしてそれはとても辛い選択です。普通学校の支援級ならランドセルが必要、でも支援学校なら必要ない――それもその一つです。

けれど障害があっても背負えるランドセルもある。それは苦しみを少しだけ軽減してくれ、親心に寄り添ってくれる素敵なランドセルだなと、私もほわっと温かい気持ちになるお話でした。
「ランドセル買う?買わない?」ぎりぎりまで決められない親心とは?のタイトル画像
関連記事
「ランドセル買う?買わない?」ぎりぎりまで決められない親心とは?
その「ラン活」ちょっと待って!発達障害のある長男のランドセル事件のタイトル画像
関連記事
その「ラン活」ちょっと待って!発達障害のある長男のランドセル事件
特別支援学校ってどんなところ?教育環境から入学への流れまでのタイトル画像
関連記事
特別支援学校ってどんなところ?教育環境から入学への流れまで
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。