一人暮らし4年生!ADHD&アスペルガーの私が直面した困難とその解決策をご紹介!

一人暮らし4年生!ADHD&アスペルガーの私が直面した困難とその解決策をご紹介!のタイトル画像

都内の企業への就職を機に、一人暮らしを始め、早くも4年。アスペルガー症候群、ADHDの私がどんな困難に直面したのか、私が実際に経験した事を振り返りながら、具体的にお話していこうと思います。

514d17bb1d431801cc86b685e16c5e47660cecfcb63950d354173fe7870b606a s
27726 View

いよいよ就職が決まり、憧れの一人暮らし。けれどもトラブル続出!?

私が一人暮らしを始めたのは、大学を卒業し都内の企業へ就職したタイミングでした。後にアスペルガー症候群、ADHDと診断される私ですが、このときはまだ、自身の特性を自覚しておらず、新しく始まる新生活の期待に満ち満ちていました。

しかし、新しい生活のスタートするやいなや、それまで両親がやってくれていたことを自分一人でこなすことが必要になり、新たな困難さに直面することになったのです。

それまではやはり、両親が私自身の苦手な部分をカバーしてくれていたから問題が表面化しなかっただけなのでしょう。

今回は、私が特に困った重大なポイント4つをご紹介したいと思います。

1. ゲームやスマホがやめられない。

一人暮らしをすればゲームに夢中になる自分に「もういいかげんにしなさい」と両親が声かけをしてくれることもなくなり、「あと少し…あと少し」と繰り返していくうちに、気づけば深夜だったことが何度もありました。

私は、過集中の傾向と凝り性な一面があり、やり出したら止められなくなってしまうことが多くあります。

また、最近のゲームの多くは、強いカードや珍しいキャラクターを手に入れるためにお金を使わせる仕組みになっています。
射幸心を煽る演出もあいまって、もう1回もう1回と衝動的にのめり込んでしまうことに。結局、ゲーム課金で、気付いたら1万円近く使ってしまったことがありました。

2. 給与をもらってすぐに、欲しいものを衝動的に買ってしまう。

1ヶ月に生活費がいくら必要なのかを考えずに、衝動的に欲しいものを買ってしまうことがありました。

私は、衝動性が高いタイプのADHDだと自覚していますが、特に新しい物好きです。パソコン関係などの家電や新製品を見つけると、ついつい目を奪われてしまいます。同時に、手元にあるお金を今自由に使えるお金と錯覚してしまい、即使ってしまうのです。

その結果、給料日の1, 2週間前になって、「アレ?足りない…。…。あのー…母さん、お金が足りないんだけど…」とお願いすることがしばしばありました。

実際の一人暮らしでは、振り込まれた給料から、家賃や光熱費、上下水道代....その他諸々のお金が引かれるので、今あるお金は、今使えるお金ではない。ときちんと認識することが大切だと痛感しました。

3. どこに何を置いたのか、しまったのかを忘れる。

思いがけないタイミングで、かつ高頻度で発生するのがコレです。

不意に置いたメガネや自宅の鍵、定期、スマホなどをどこに置いたか、翌日になるとすっかり忘れてしまっていました。出かける直前になって、コレがないッ!!アレがないといことが日常茶飯事。

特によく無くすものは、キーケース。ちょっと出かけるためにテーブルに置いていたり、ポケットに入れておいたりと、絶対的な位置に置いておくのが難しいものは、日常的に捜索をかけなければならない状況になってしまいます。

その結果、家を出る時間が予定よりもだいぶ遅くなり、遅刻しそうな状況に陥ることも珍しくありませんでした。

4. 自分の疲れているサインに気づかず、無理をしてしまう。

自分が疲れていることに気づかず、無理をしてしまうことが今でもあります。中でも一番多いのが過集中による休憩を全く挟まないことで生じる疲れです。

過集中でいる間は疲れを感じないだけで、疲労が蓄積されていないわけではありません。ゲーム、パソコンを12時間以上、朝から晩までぶっ続けで行って、目に痛みを覚えて鏡を見たら、目が酷い充血をおこしていることが今でもあります。

もう一つ多いのが、外出中の刺激過多による疲れです。特に都心部では街のネオンや、たくさんの雑音、人混みなど、自身が疲弊してしまう刺激が雨のように降ってきます。

そうした環境下で無理をすると、翌日に寝込んでしまうことまでありました。

やっぱり、一人暮らしは難しい。だけど、

一人暮らしの中で日々直面する多くの困りごと。しかし、そんな毎日であっても、一人暮らしは決して不可能でないと私は確信しています。

それでは私が実践してきた一つひとつの対策を見ていきたいと思います。

過集中に対しての解決策

過集中に関しては、自分一人の力では解決が難しく、東京発達・家族相談センターを訪ね、「大人のADHD時間管理セミナー」のグループセラピーに参加して、少しずつ出来るようになりました。それらを含め、実際に私が取り組んだ内容をご紹介したいと思います。

(1)睡眠ログを取る

1日を睡眠不足と感じること無く、有意義に過ごすために、自分は何時間寝ることが必要なのかを把握します。睡眠時間の把握には、スマホアプリが便利です。iPhoneでもAndorodでも、無料で使えるアプリが公開されています。
睡眠のログをとり、自分の日々のコンディションと対比してみることで、自分の特徴というのがだんだんとわかってきました。

私の場合であれば、23時頃に寝て、6時くらいに起きる生活であれば、日中に眠くなることなく、仕事に熱心に打ち込めるようです。
(2)自動で消灯や調光ができるLEDライトを使用する。

また自宅ではスマートフォンアプリで調光や消灯が設定出来るLEDライトを使っています。今は、23時前になると明るさが段々暗くなり、23時に消灯するように設定して、寝る時間が迫っていることを体感的に分かるようにしています。私の場合、家電量販店などの白色灯が眩しいなと感じるため、調光機能を使って、自分好みの明るさと色温度に設定しました。
Philips Hue
(※製品は一例です。各機能の利用の可否、利用に必要な条件については、製品情報を参照してください。)

欲しいものを衝動的に買ってしまうことについての対策

後先考えずお金を使ってしまうことへの対策は、今現在使った金額を直感的にわかるようにすることで解決しようとしています。

まずレシートの量で、視覚的にどのくらい使っているのかを分かるようにするために、ポケット収納を壁に吊り下げました。

また私は、視覚優位なタイプなので、項目ごとに色分けしてあると、より直感的に理解しやすいように思います。次の画像の場合だと、外食のカテゴリーに失費が多いということがひと目で分かります。
一人暮らし4年生!ADHD&アスペルガーの私が直面した困難とその解決策をご紹介!の画像
Upload By ツーちゃん
また、Excelなどの表計算ソフトや家計簿アプリなども併用しています。レシートを1回1回撮影するのは、手間が掛かるので、仕事がお休みの日に表計算ソフト上で合計金額を計算し、その値を家計簿アプリで把握しています。

さらに家計簿アプリは、ネットバンキングとも同期できるため、非常に使い勝手が良くなっています。

どこに何を置いたり、しまったりしたのかを忘れる。についての対策

鍵、腕時計、ハンカチなど忘れると困るものを、こんな風に置き場所を決めています。
一人暮らし4年生!ADHD&アスペルガーの私が直面した困難とその解決策をご紹介!の画像
Upload By ツーちゃん
また、バッグの中でごちゃごちゃで汚い、探し物がすぐに見つからないことでも悩んでいましたが、バッグインバッグという方法を用いて、今ではスムーズに必要なものが見つかります。障害者手帳や、お薬手帳、受給者資格証など比較的よく使うものなどの場所を取り出しやすい手前のポケットに入れるなど対策をしています。
一人暮らし4年生!ADHD&アスペルガーの私が直面した困難とその解決策をご紹介!の画像
Upload By ツーちゃん
それから、出来るだけ平積みをしないように心掛けています。場所を区切って置き場所を作る事で、一番下のものを引っ張り出す必要がなくなり整理整頓が簡単になります。
一人暮らし4年生!ADHD&アスペルガーの私が直面した困難とその解決策をご紹介!の画像
Upload By ツーちゃん

疲れているサインに気づかず、無理をしてしまうことについての対策

週に1度、休憩を取る、早く寝る日を作っています。その日は家事も、夕飯作りも、友達づきあいも全てしないと割り切り、シャワーだけを浴びてすぐに就寝します。

強制的に脳と体を休ませることによって、たとえ、疲れているサインに気づかなかったりしても、問題がないようにしています。

私の場合は、初対面での対話や、刺激がたくさんある場所を複数箇所訪れるような場合に、疲れが溜まりやすいと感じます。また、疲れているサインとしては、眠気のない疲労によるあくび、刺激過多による偏頭痛などの予兆が起こることがわかってきました。

この予兆を感じとれるようになったことで、事前の対策が可能になってきたのです。

そして4年の月日が流れ…

上述したような困り事もあり、大変ではありますが、もうすぐ一人暮らしを初めて4年になります。これまで失敗することも数多くありましたが、それだけ対応策を作ることもできました。

もし、この記事を読んでいる親御さんがいらっしゃったら、ぜひ覚えておいてほしいことがあります。
それはそれはどう頑張っても一人では対策が難しい面があるということです。

それを前提にした上で、失敗そのものを責めずに、どうすれば出来るようになるか、一緒に考えるパートナーとして温かく見守って欲しいなと思います。

このコラムが、将来の一人暮らしを考えるときの参考になればと思います。

参考にしてきた書籍

「大人のADHD」のための段取り力
司馬 理英子 (監修)
講談社
ADHDタイプの大人のための時間管理ワークブック
中島 美鈴 (著),‎ 稲田 尚子 (著)
星和書店
発達障害の僕が、障害をオープンにした就職活動で内定を得るまでの話のタイトル画像
関連記事
発達障害の僕が、障害をオープンにした就職活動で内定を得るまでの話
発達障害カミングアウトで退職に追い込まれた26歳。実体験から伝える、退職までの軌跡とこれからのタイトル画像
関連記事
発達障害カミングアウトで退職に追い込まれた26歳。実体験から伝える、退職までの軌跡とこれから
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。