家族団らんより偏食指導!モーレツ母さんだった私が、今思うこと

2018/08/23 更新
家族団らんより偏食指導!モーレツ母さんだった私が、今思うことのタイトル画像

「子どもに偏食があることを“この世の終わり”」のように感じてしまい、「好き嫌いを許さずに、何でも食べさせよう!」と一生懸命になりすぎてしまうことはないでしょうか。でも、親まで療育の先生のようになって「お家でも偏食指導」をされては、楽しいはずの食事がしんどいものになってしまうかもしれません。実は、わが家もそうでしたが…。

サムネイルイラスト:今井久恵

立石美津子のアイコン
立石美津子
16534 View
『子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』著者の立石美津子です。

偏食を辞書で引くと「好き嫌いが激しく、特定の食品だけを食べること」と出てきます。親は「世の中にはおいしいものがたくさんあるのだから、もっと食事の幅を広げてほしい」「同じものばかり食べていると、栄養が偏るのではないか」と心配になり、療育の先生のようにあれこれ指導したくなりがちです。

私の心に刺さった、ある本

『障害のある子の親である私たち』(福井公子著/生活書院)という本にこんなことが書いてありました。

著者の息子さんは就学前まで白いご飯を食べられなかったそうです。そこで「日本人なのにお米が食べられない。これは何とかしなければ」と考え、綿密な計画を立てます。例えば、保育園から帰った一番お腹がすいているとき、ほんの一口からご飯を食べさせ、その後、大好きなチョコレートを食べてよい許可を与える。

その結果、息子さんは家に帰ることを嫌がり、あげくのはてに保育園に迎えにいった母親の顔をみるなり先生にしがみついて、離れない状態になってしまいました。

ところが、スーパーに行ったときのこと。試食販売のおばさんが、小さなカップに一口大のご飯を入れ、ふりかけをかけたものを息子さんに渡したそうです。すると、嬉しそうに食べたというのです!そして、その日を境にふりかけご飯が大好きに…。

療育者である前に、親であるということ

この本の最後に、次のような言葉が書かれていました。

期待も押しつけもしない、ちょっと太った試食販売のおばさん。私はそんなお母さんになろうと思いました。

障害のある子の親はついつい専門家もどきになってしまう。でも、親が療育の専門家になってしまうと子どもには親がいなくなる。障害のある息子と向き合ったとき、私はやっぱり親でいたいと思いました

…中略…

親は親以上でも親以下でもない。親だからできることもあり、親だからできないこともある。それでいいのだと思うのです。

『障害のある子の親である私たち』(福井公子/生活書院)より

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/4865000151
https://www.amazon.co.jp/dp/4865000151
福井公子
生活書院

わが家の食事は、「恐怖の食卓」だった

家族団らんより偏食指導!モーレツ母さんだった私が、今思うことの画像
イラスト:あべゆみこ
Upload By 立石美津子
息子がまだ幼いころ、私も息子の偏食を直そうと必死でした。

卵と牛乳に食物アレルギーがあった息子は、食べられるものが少なかっただけでなく、感覚過敏とこだわりの特性により「納豆、かぼちゃ、さつまいも、うどん、シュウマイしか僕は食べません」という食生活が続いていました。

当時の私は、卵と牛乳を除去したさまざまな献立をつくり、「これでもか、これでもか」と食べさせようと必死でした。息子は食べたくないものが並ぶ食事の時間が、次第に苦痛になってきたようです。

本来、楽しいはずの食事の時間なのに
・「好き嫌いしないように、残さず食べろ」と小言を言われる
・マナー優先、スプーンやお箸を上手に使えないと叱られる
・手づかみしたら手を叩かれる
・「こぼさないように食べなさい」と何度も叱られる

という状況だったからです。
そのころの私は、まさにモーレツ母さんでした。そして、本来、楽しいはずの食事の時間を「偏食を直す訓練の時間・しつけの時間」にしてしまったのです。

大人になっても「あれも嫌い、これも食べられない」と好き嫌いが多い人はそんなにはいません。確かに偏食を厳しく指導された結果、なんでも食べられるようになる子もいます。その一方、嫌いなものを無理矢理口に押し込まれてトラウマになり、絶対に食べられなくなる子もいます。「楽しく食事を」を優先すべきだったと反省しています。

息子の世界を、理解しようとしていなかった私

悲しいかな、こういうことは後になってわかることです。

息子は多動性もあり、食事時間中じっと座っていることなんかできませんでした。きちんと座ってお箸で食事をするより、おにぎりやサンドイッチなどの手づかみ献立のほうが無理なく食べられたかもしれません。

「世界では手食文化の国だって多くあるんだし、まあいいか」「お箸を使った方が上手につまめる。スプーンを使ったら、たくさんすくえるし手も汚れないし熱くもない。そう気づいたとき、使えるようになればいい」程度に思っていた方が、母子ともに楽だったかもしれません。

発達が遅れている息子に対して、当時の私は、無理矢理「こっちの世界に合わせろ」と強要していたと反省しています。自閉症がある大人がレストランでスプーンを投げたり、手づかみで食べている光景は、あまりみかけませんからね。人目を気にするあまり叱ってばかりいて、心が不安定になってしまったら本末転倒です。

昔の自分と息子に、かけたい言葉

今は食べ盛りでいろんなものをモリモリ食べます。
家族団らんより偏食指導!モーレツ母さんだった私が、今思うことの画像
Upload By 立石美津子
もし、過去に時間を戻せるのだったら幼児期に戻り「好きなものだけ食べていればいいんだよ、食事時間を楽しんで」と息子に言ってやりたいです。

そして過去の自分の肩をポンと叩いて「美津子さん、そんなに真面目に一生懸命にならなくたっていいですよ。もっと今を楽しんで」と声をかけてやりたいです。偏食指導はほどほどに…。

このコラムを書いた著者の本

立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方
立石 美津子
すばる舎
偏食や過敏の根底には「不安・緊張・ストレス」がある!当事者研究で浮かび上がった食の困難とはのタイトル画像

関連記事

偏食や過敏の根底には「不安・緊張・ストレス」がある!当事者研究で浮かび上がった食の困難とは

自閉症とは?主な症状と具体的な特徴、診断基準や分類について詳しく解説しますのタイトル画像

関連記事

自閉症とは?主な症状と具体的な特徴、診断基準や分類について詳しく解説します

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

立石美津子 さんが書いた記事

「5分前行動」は出発5分前から準備でパニック?道路で靴を履き替える…!?自閉症の息子、言葉はいつも額面通りのタイトル画像

「5分前行動」は出発5分前から準備でパニック?道路で靴を履き替える…!?自閉症の息子、言葉はいつも額面通り

就労移行支援事業所に通うようになってから、息子は「5分前行動!」と繰り返し言うようになりました。“5分前に行動する”とインプットされたため...
身のまわりのこと
9177 view
2019/09/17 更新
プールで泳がず走る?「今晩のごはんは?」で白米の写真…!?自閉症息子への伝え方は「丁寧に、具体的に、分かりやすく」がキモのタイトル画像

プールで泳がず走る?「今晩のごはんは?」で白米の写真…!?自閉症息子への伝え方は「丁寧に、具体的に、分かりやすく」がキモ

「こういう風に言えば、当然相手は理解して行動してくれるだろう」と思っていることが、相手には正確に伝わっていないことが日常にはゴロゴロ転がっ...
身のまわりのこと
8335 view
2019/09/03 更新
パニック、自傷を「やめなさい!」と制されて――自閉症息子のやり場のない気持ちを、受け止めきれなかった私のタイトル画像

パニック、自傷を「やめなさい!」と制されて――自閉症息子のやり場のない気持ちを、受け止めきれなかった私

自閉症の子どもがパニックを起こしたり、自傷しだしたりすると「何とか止めさせたい」。親ならそう思うのでないでしょうか。そうすると、「やめさせ...
自分と家族のこと
21195 view
2019/08/13 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。