ADHDの3つの特性と診断タイプや困りごとついて、イラストでADHDを分かりやすくご紹介【専門家監修】

ライター:発達障害のキホン

ADHDは、外見からはその特徴が分かりにくかったり、「衝動的に行動する」「忘れっぽい」「落ち着きがない」などの行動面の問題は個人の努力不足と誤解されやすかったりと、理解されにくい障害です。定義や特徴も複雑で、イメージしにくいかもしれません。この記事ではイラスト図解で、ADHDの原因や症状・特性、チェックポイントなどを解説します!

監修者井上雅彦のアイコン
監修: 井上雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授
LITALICO研究所 客員研究員
応用行動分析学をベースにエビデンスに基づく臨床心理学を目指し活動。対象は主に自閉症や発達障害のある人たちとその家族で、支援のための様々なプログラムを開発している。
目次

ADHDとは

ADHD(注意欠如・多動性障害)は、主に不注意、多動性、衝動性の特性が現れる発達障害です。文部科学省はADHDを以下のように定義しています。
ADHDとは、年齢あるいは発達に不釣り合いな注意力、及び/又は衝動性、多動性を特徴とする行動の障害で、社会的な活動や学業の機能に支障をきたすものである。また、7歳以前に現れ、その状態が継続し、中枢神経系に何らかの要因による機能不全があると推定される。
出典:http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/004/008/001.htm
ADHDの特徴を分かりやすくまとめると、以下のようになります。
ADHDの特性
Upload By 発達障害のキホン

ADHDの3つの特性と診断タイプ

主な特性は「不注意」「多動性」「衝動性」の3つ

ADHDの主な特性は不注意・衝動性・多動性の3つ
Upload By 発達障害のキホン
・不注意…物事に集中できず、忘れっぽい
・多動性…落ち着きがなく、じっとしていられない
・衝動性…自分の感情や行動をコントロールできず、衝動的に動いてしまう

診断の場では3つのタイプに分類される

診断の場で使われることが多いのは、アメリカ精神医学会が定める「DSM-5」という診断基準です。

DSM-5では、ADHD「注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害」の診断基準に照らし、さらに以下の3つのカテゴリーに分類され、重症度を特定されます。

・不注意優勢型…過去6ヶ月、不注意の基準を満たしている場合
・多動・衝動性優勢型…過去6ヶ月、多動性・衝動性の基準を満たしている場合
・混合型…過去6ヶ月、不注意と多動性・衝動性の基準をともに満たしている場合

ADHDのある人の多くは3つの特性を併せ持っているといわれていますが、それぞれの症状の現れ方は一人ひとり異なり、不注意が目立ち、多動性はあまり見られない人もいれば、多動・衝動性が強く現れる人もいます。

ADHDの特性・困りごと

ADHDのある人によく見られる困りごとの一部をご紹介します。不注意、衝動性と多動性の困りごとは関係しあったり、重なったりしている場合も少なくありません。
ADHDの特性をチェック
Upload By 発達障害のキホン
年齢や環境などによって現れる特性や困りごとは異なり、また特性があるからといって必ずしも生きづらさや困りごとが現れるとは限りません。ですが、リストの特性や困りごとに当てはまるものが多く、長期にわたって日常生活や学業・仕事に支障が出ている場合、専門家への相談をおすすめします。自治体の保健福祉センターや子育て支援センター、発達障害者支援センターなどで相談支援を行っています。必要に応じて検査や、発達障害を専門とする医療機関につないでもらうこともできます。
次ページ「ADHDの原因は?」




同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。