子どもの進学先、どこを希望する?自閉症の息子の「自尊感情」を一番に考えた、わが家の場合

子どもの進学先、どこを希望する?自閉症の息子の「自尊感情」を一番に考えた、わが家の場合のタイトル画像

お子さんに発達の凸凹や遅れがあると、進級先について悩み、迷う方も多いのではないでしょうか。通常級?特別支援級?特別支援学校?どこがベストなのでしょう。

知的障害を伴う自閉症の息子は、特別支援学校と特別支援学級の両方を経験しました。そこで感じたこととは…。

立石美津子
15020 View
ノンフィクションの書籍『発達障害に生まれて』(松永正訓著/中央公論新社)の題材となった立石美津子です。

息子は知的障害のある自閉症です。わが家の場合は就学時健診も受けず、迷わず“特別支援学校”(当時は養護学校という名前)に入学希望を出しました。

どうしてかというと…

保育園時代、たった一人だけ障害児で母子ともに孤独だったこと。福祉の情報が入らなかったこと。

それから一番の理由は…

息子はじっとしていることが出来ませんでした。更に不器用なのでお絵描き、制作なども全くダメでした。周りに関心がなかったとはいえ、「自分だけできない」ことは本人なりに感じ取っていたと思います。

私は、自尊感情をきちんと育むことは、とても大切だと思っています。ですから、人生の最初の段階である小学校時代に “周りの子ができて、自分だけあれもこれもできない”という経験を幼い息子にさせたくありませんでした。「僕はできない子なんだ」と自己否定してしまい、自尊感情が育たなくなることだけは避けたかったのです。

更に教員1名対児童8名の特別支援学級ではなく、教員1名対児童6名という人員配置でより個別に丁寧に見てくれると考え、特別支援学校に進学を希望したのです(実際には、息子の学級は教員2名対児童5名でした)。

特別支援学校の個別の支援計画

特別支援学校に入学すると、担任の先生から「どんなことを学ばせたいですか?」と聞かれました。「靴ひもが結べない」「時間感覚がない」と担任に伝えると、息子のために一冊の分厚い個別の支援計画が用意されました。
子どもの進学先、どこを希望する?自閉症の息子の「自尊感情」を一番に考えた、わが家の場合の画像
Upload By 立石美津子
子どもの進学先、どこを希望する?自閉症の息子の「自尊感情」を一番に考えた、わが家の場合の画像
Upload By 立石美津子
これは、息子のために担任の先生がつくってくれた“蝶結びをマスターするための道具”です。
子どもの進学先、どこを希望する?自閉症の息子の「自尊感情」を一番に考えた、わが家の場合の画像
Upload By 立石美津子
こうして、蝶結びも、時計も読めるようになり、ある程度のことができるようになりました。

特別支援学級に転校することに

ところが、小学2年生のとき、東京都指導主事の巡回がありました。息子が集中して課題に取り組んでいる様子を見て「この子は支援級に転校した方がいいのではないか」と学校側に東京都から指示がありました。

確かに、特別支援学校での手厚い指導により、入学してからの2年間で着替え排泄など身辺自立や、文字・制作などさまざまなことができるようになっていました。

こうして3年生で支援学級に転校することになりました。特別支援級は今までより1学級あたりの人数も多く、特別支援学校ほどの手厚さはありませんでした。また、基本的に一斉指導で授業は行われていました。教科によっては、息子にとってやさしすぎたり、難し過ぎたりすることもありました。

けれども、個別指導の時間もありましたので、息子は登校渋りもなく、毎日元気に学校に通うことができました。息子は、中学校でも特別支援学級で学び、現在は特別支援学校高等部3年生です。

親の願いはみんな一緒

どんな家族も「子どもの幸せな未来のため」に「どの学校に入れるのがベストか」を考えて悩んだ末、進学・進級先を選ぶと思います。また、行政側のアドバイスがあっても、基本的には保護者の意向が優先されます。

目指す方向や目的は一緒であっても、行政と親、また保護者のそれまでの生き方、価値観、子育て方針により、同じ程度の障害であっても、「支援学校」「支援級」「通常学級」と進学・進級先は分かれる場合もあるでしょう。

情報を集めて

通常学級は指導要領のカリキュラムに沿って一斉指導で授業を行っています。「学期終わりの翌年3月までには○○の単元まで」と、授業を進めなくてはならないわけです。
子どもの進学先、どこを希望する?自閉症の息子の「自尊感情」を一番に考えた、わが家の場合の画像
通常学級・特別支援学級・特別支援学校という3つの就学先の特徴比較
Upload By 立石美津子
また、通常学級では特別支援級・学校とは異なり、障害のある児童それぞれの特性や課題に合わせた、「個別の指導計画」や「個別の教育支援計画」の作成義務は今の段階ではありません。子どもに必要な支援を通常学級に通いながら受けるためには、通級制度や特別支援教室(※)を週に何回か利用するという形があります。

※特別支援教室は東京都で平成28年度から順次取り入れている制度です
特別支援教室とは?どんな制度?通級との違いは?特別支援教室を徹底解説します!のタイトル画像

関連記事

特別支援教室とは?どんな制度?通級との違いは?特別支援教室を徹底解説します!

知的障害を伴わない発達障害児の進路は?

知的障害がなかったり、発達が気になるけど診断がつくほどでもないといった “グレーゾーン”のお子さんの場合、特別支援学級では学習面で物足りなく、通常学級の中で配慮を受けながら頑張っていくという選択もあります。

反対に通常学級では環境ストレスが大きいため、特別支援学級の落ち着いた環境を選ぶという選択もあります。勉強面では問題なくても、大人数での授業は感覚過敏などの特性がありつらく感じたり、一斉指示でうまく動けない、またクラスメートとのコミュニケーションがうまくとれないといった場合もあるためです。

サポートブックの活用を

文部科学省の規定で、小学校の1年生の人数は1クラス35名となっています。2年生からは40名。非常勤のスタッフが加配という形で人員が多くなることもありますが、基本、教師1名:生徒40名が通常学級です。

同じ教室で共に学ぶ“インクルーシブ教育”のためにも個別の支援は欠かせません。

お子さんの発達が気になるご家庭で、通常学級への就学を考える場合は、子どもが少しでも過ごしやすい環境を整えるため、保護者自身が子どもの特性を理解し、学校の先生への説明・相談を丁寧に行うことが大切です。

近年では通級による取り出し指導も充実してきていますし、障害者差別解消法の施行により、合理的配慮も求めやすくなりました。ですが、担任の先生も発達障害支援の専門家ではないことを前提に、子どもの特性や、どのような支援が必要かなどを保護者の側からも情報発信することが重要だと思います。
そこで、発達障害のある子どもが学校で学ぶ際には、なんでも学校任せにするのではなく、保護者が学校としっかり提携して、互いに協力しながら子どもを育てていく姿勢が大切だと思います。(通常学級に在籍する場合だけでなく、特別支援学級や特別支援学校に進む場合も、サポートブックを用意できたほうが、先生方はより指導がしやすくなると思います)

■サポートブックに記載する内容の例
・成育歴
・「特別な配慮が必要な子」として保育園、幼稚園担任からの細かい申し送り
・主治医や療育施設からのアドバイスの共有
・発達検査・心理検査の結果
・子ども本人がどんなことが苦手で、どんなことが得意か
・子どもが理解しやすい指示の伝え方
・パニックを起こしたときの対処法
・絶対に避けてほしいこと(急に音楽を鳴らすのではなく事前予告し、小さな音から徐々になど)
・どのようなタイプの友達が苦手なのか、どんなタイプの子と馬が合うか など

学校の先生は、障害名は知っていても、その分野への専門的な知識があるとは限りませんし、どんな著名な医者や専門家より、生まれたときからずっと育ててきた保護者が一番、子どものことを知っているはずです。

特別に支援される意味

何より、障害の軽い子も中くらいの子も重い子も含め、一人ひとりの学びの機会を最大限保障することが教育の目的ですから、障害の程度や周囲との関わりも踏まえて、保護者が自分の子どもに最も合った環境を検討していく必要があると思うのです。

子どもの状態に合わないクラスに在籍し、担任に対して「うちの子がみんなについていけるように、きちんと対応して!」と要望だけ主張するのは、内科を受診して「虫歯を治してください」と言っているのと同じことのように私は感じてしまいます。

それぞれの家庭の方針があると思いますが、置かれた環境次第で自信がついたり、逆に自信を無くしてしまったりするのが人間です。ですから、「子どもの能力に一番適した成功体験や達成感が得られる教育環境なんだろう?」と考えることが大切だと思います。

息子が小学校に入学した時代は“特別支援”という言葉がなく、支援級を特殊学級、支援学校を養護学校と呼んでいました。2年生になったときに法改正があり“特殊学級→特別支援学級、養護学校→特別支援学校”となりました。

“○○特別支援学校”、「特別に支援します」という意味を含んだ言葉が印刷されているスクールバスを見て、誇らしく嬉しく思ったことを、今でも思い出します。

著者親子のルポルタージュ

2018年9月10日、医師・松永正訓氏が立石親子を取材、書き上げた新刊が発売に。発達障害がある子と母の、幼児期から今までに渡る育児について綴られています。
発達障害に生まれて-自閉症児と母の17年
松永正訓
すばる舎

このコラムを書いた人の著書

立石流子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方
立石美津子
すばる舎
特別支援学校ってどんなところ?教育環境から入学への流れまでのタイトル画像

関連記事

特別支援学校ってどんなところ?教育環境から入学への流れまで

発達障害のある子の取扱説明書「サポートブック」で学校と連携!作り方と連携のコツをご紹介しますのタイトル画像

関連記事

発達障害のある子の取扱説明書「サポートブック」で学校と連携!作り方と連携のコツをご紹介します

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
放課後等デイサービス・児童発達支援の求人一覧です。待遇・給与、勤務時間、研修・教育制度、職員のインタビューからあなたにぴったりの職場を探せます。
会員登録後のエントリーで1,000円のAmazonギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中!
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

立石美津子 さんが書いた記事

おやつは「ハサミの練習」の時間!?自閉症息子の楽しみを奪ったモーレツ母さんの、14年後の懺悔のタイトル画像

おやつは「ハサミの練習」の時間!?自閉症息子の楽しみを奪ったモーレツ母さんの、14年後の懺悔

療育に通うと知識が増えます。すると、親が専門家のように勉強熱心になり、家にも“お母さん”という名の療育の専門家がいることになります。でも、...
自分と家族のこと
18700 view
2018/11/05 更新
「衣替え」の度に親子バトル勃発。変化が苦手な自閉症息子のパニックを回避できた、わが家流対処法!のタイトル画像

「衣替え」の度に親子バトル勃発。変化が苦手な自閉症息子のパニックを回避できた、わが家流対処法!

こだわりの強いお子さんを育てている保護者の皆さん、衣替えの季節って大変じゃあありませんか?自閉症の息子は秋になっても「しばらく半袖だったの...
身のまわりのこと
13675 view
2018/10/05 更新
【発達障害 子育て】息子の言葉に感情が宿った?自閉症児の育児、今までで一番嬉しかったことのタイトル画像

【発達障害 子育て】息子の言葉に感情が宿った?自閉症児の育児、今までで一番嬉しかったこと

私の息子は自閉症です。今年、高校3年生になりました。この子を育てる中で、一番嬉しかったこと…それは息子が意味のある「言葉」を話した瞬間でし...
自分と家族のこと
17252 view
2018/09/11 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。