最新動向をチェック!児童発達支援の無償化やゲーム障害の実態調査など、話題のニュースやイベントを紹介!

最新動向をチェック!児童発達支援の無償化やゲーム障害の実態調査など、話題のニュースやイベントを紹介!のタイトル画像

【2月の発達障害ニュース】2019年10月から幼児教育無償化の一環で、就学前の障害児の発達支援も無償化されることを知っていますか?また、ゲーム障害が疾患として認められることを受けて実施中の実態調査など、今注目のニュースをお届けします。また、3月の「世界ダウン症の日」を前に行われるキックオフイベントや障害者支援施設が運営する美術館のプロジェクトなど、チェックしてみてくださいね!

発達ナビニュースのアイコン
発達ナビニュース
13094 View

【ニュース】2019年10月から、就学前の障害児の発達支援を無償化へ!

2019年10月から就学前の障害児の発達支援が無償化されます。

就学前の障害児の発達支援を含む、幼児教育の無償化については、2017年から検討を進められてきました。2018年12月には関係閣僚会合で制度の具体化に向けて「幼児教育・高等教育無償化の制度の具体化に向けた方針」がまとめられました。

対象は、満3歳になった後の最初の4月から小学校入学までの3年間。具体的には、
・児童発達支援事業所
・医療型児童発達支援事業所
・居宅訪問型児童発達支援事業所
・保育所等訪問支援事業所
・福祉型障害児入所施設
・医療型障害児入所施設

の利用料が無償化されます。

また、幼稚園や保育所、認定こども園をこれらの発達支援と一緒に利用する場合は、ともに無償化の対象となります。認可外保育施設等の場合は上限額があります。

就学前の障害児の発達支援には、現行の障害児福祉サービスの制度と同じく、一般財源があてられます。

自治体によっては、すでに独自の制度として一部で無償化しているところもありますが、全国的な動きとして、地域間の差がなくなっていくことで、どこで暮らしていても子育てしやすい環境が整えられていくといいですね。

【ニュース】厚労省が「ゲーム依存」の実態調査を実施中!結果から予防や対策を検討

2019年1月17日から「ネット・ゲーム使用と生活習慣」についてのアンケートが実施されています!

この調査は、2018年6月に世界保健機構(WHO)が、ゲームのやり過ぎで日常生活に支障をきたす依存症を「ゲーム症・障害」という疾患として認め、2019年5月の総会で正式承認する見通しとなったことを受けて計画されました。

WHOは、
■ゲームをする衝動を止められず、コントロールできない
■ゲームを最優先する
■日常生活に支障が出てもゲームを続ける
といった症状が、12か月以上に渡って続くことを「ゲーム症・障害」という疾患とみなすとしています。


2019年度にはネット使用、ネット依存、ゲーム依存等に関するさらに大規模な調査が行われる予定で、今回はその予備的調査の位置づけとされています。

今回の実態調査は、厚生労働省依存症対策全国センター調査研究事業の一環で、久里浜医療センターが実施。無作為に選ばれた全国の6,000人が対象です。事前に依頼ハガキが送付され、調査員が直接訪問して行われます。対象となった人は、調査票に記入後、調査員に手渡すか、郵送、またはオンラインで回答することもできます。

調査結果は、厚生労働省の政策企画・立案の基礎資料として活用され、予防や治療対策に役立てられます。

【期間】2019年1月17日(木)〜2月中旬ごろ
【対象】全国の10〜29歳の6,000人

【ニュース】専門家に相談できる!オンラインの「育児発達相談窓口」を 経済産業省が福利厚生制度として導入

株式会社WOODYが提供するオンライン育児相談サービス「育児発達相談窓口」を経済産業省が導入
株式会社WOODYが提供するオンライン育児相談サービス「育児発達相談窓口」を経済産業省が導入
Upload By 発達ナビニュース
2019年1月から、株式会社WOODYが提供するオンライン育児サービス「育児発達相談窓口」を経済産業省が従業員向けの福利厚生制度として導入しました。「育児と仕事の両立の難しさ」を抱える従業員をサポートし、退職減に取り組むもので、WOODYでは、福利厚生制度として、年内に30社での導入を目指していくとしています。

このサービスでは、従業員が周囲に相談しづらい育児の悩みをオンラインで気軽に相談できる機会を提供。臨床発達心理士、作業療法士、言語聴覚士、療育士、子ども向けワークショッププロデューサーといった専門家のカウンセリングを受けられます。

WOODYは、発達障害のある子どもが興味を持っている分野の学生や専門家などをマッチングさせ、対面やオンラインでカウンセリングなどを行い、一人ひとりの可能性を伸ばすWEBサービス「Branch」を運営。これまでの経験をいかして、育児や子どもの発達に悩む従業員を対象に、この「育児発達相談窓口」を開設しました。

株式会社WOODYの中里祐次代表取締役のコメント

「育児に関してすべて相談できる場所というのは中々なく、一人で悩んでいる方が多いです。このサービスを始めたきっかけは、私個人宛に様々な方から育児や発達に関する相談をもらっていたからです。家庭の中の内容なため勤めている場所には相談しづらく、何も伝えないまま転職してしまったり辞めてしまったりということがこれまで多かったです。そういった一人ひとりの悩みをお聞きして、従業員の方を大切にしたい法人様の課題解決の一助となれば幸いです。」

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000012061.html
【お問い合わせ】
Email: contact@thewoody.jp

【イベント】自閉スペクトラム症の知覚をVRで体験できるワークショップが開催(大阪府)

2019年3月2日(土)と3月3日(日)に、自閉スペクトラム症(ASD)知覚体験ワークショップが開催されます。

ワークショップでは、自閉スペクトラム症(ASD)当事者の知覚を、VR装置を用いて疑似体験できます。また、ASD当事者における知覚過敏・鈍麻のメカニズムについての講義や当事者の体験等に関する映像紹介、座談会を通じて、当事者への理解を深めていくプログラムが組まれています。

【日時】
3月2日(土)13:00~17:30(12時40分 受付開始)
3月3日(日)12:00~16:30(11時40分 受付開始)
※いずれの日程も同一内容です。
※いずれか1日のみご参加いただけます。
※過去に同一内容のワークショップにご参加いただいた方は、お申込みいただけません。ご了承ください。
【場所】大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)5F 大会議室2
京阪「天満橋」駅、Osaka Metro(旧大阪市営地下鉄)谷町線「天満橋」駅 ①番出入口から東へ約350m
JR東西線「大阪城北詰」駅下車。②号出口より土佐堀通り沿いに西へ約550m
大阪シティバス「京阪東口」からすぐ(https://www.dawncenter.jp/shisetsu/map.html)
【内容】
1.講義
「自閉スペクトラム症の視覚世界を体験~なぜ対人コミュニケーションが難しいのかを考える~」(情報通信研究機構 長井志江 主任研究員)
2.ASD視覚シミュレータの体験 
3.ASD当事者の体験および海外の支援設計事例についての映像紹介 
4.座談会:学びや気付きの共有、議論
【対象】ASD当事者のご家族や支援者、障害者雇用を担当されている方など
【参加費】無料
【定員】両日ともに60名(抽選)
【応募締切】2019年2月11日(月) 
※当選者の方にのみ、応募期間終了後1週間以内(2月18日(月)まで)にご連絡いたします。
【主催】JST CREST「認知ミラーリング」
情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター
東京大学先端科学技術研究センター 当事者研究分野
株式会社LITALICO
【応募方法】下記のフォームよりお申し込みください。

【イベント】「世界ダウン症の日」「ダウン症啓発月間」直前!キックオフイベントへ参加しよう!(東京都)

「世界ダウン症の日」「ダウン症啓発月間」のキックオフイベント
「世界ダウン症の日」「ダウン症啓発月間」のキックオフイベントが2019年も開催!(画像提供:公益財団法人日本ダウン症協会(JDS))
Upload By 発達ナビニュース
3月21日は国連の定めた「世界ダウン症の日」、また3月は日本ダウン症協会(JDS)が定めた「ダウン症啓発月間」です!日本中でさまざまな啓発イベントが開かれるのに先立って、キックオフイベントが開かれます!

ステージパフォーマンスやトークセッション、チャリティTシャツのお披露目ファッションショー、さらに関係団体による体験ブースなどなどさまざまなプログラムが予定されています。

総合司会は、朝のテレビ番組でおなじみの笠井信輔アナウンサーと、ダウン症のイケメンタレントあべけん太さんが務めます。生き生きと活動するダウン症の人たちに触れながら3月の本番に向けて理解を広げるために、会場へ足を運んでみませんか?

【日時】2019年2月11日(月) 13:00〜16:00
【場所】東京都 新宿区立四谷区民ホール(東京都新宿区内藤町87)
【対象】どなたでも参加可能
【参加費】 1,500円 ※未就学児で大人の膝の上に乗せられるお子さんは無料
【内容】
ステージ
「TEAM RAMI DREAM TEAM( ゴールデンホークス)」によるチアダンスパフォーマンス
玉井邦夫JDS代表理事がダウン症のある人とトークセッション
パリコレモデル髙木真理子先生(スマイルウォーキング倶楽部代表)ディレクションのチャリティTシャツお披露目ファッションショー
世界ダウン症の日、ダウン症啓発ポスター発表
JDSからのアピール文採択
ブース
NPO法人アクセプションズ
ハンドスタンプアートプロジェクトによるハンドスタンプ体験
東京都自閉症協会による自閉症啓発ブース
新宿区手をつなぐ親の会 知的障害疑似体験キャラバン「Winds」
JDSによる書籍販売、子育て手帳「+Happyしあわせのたね」配布

【イベント】障害のある人たちが生み出す作品の"記録"と"伝えること"をゲストと語る座談会「かすかなしるしに耳をすます 」(東京都)

かすかなしるしに耳をすます -「作品」を記録し伝えることをめぐって -のポスター
「かすかなしるしに耳をすます -『作品』を記録し伝えることをめぐって -」のポスター
Upload By 発達ナビニュース
みずのき美術館(京都)、鞆の津ミュージアム(広島)、はじまりの美術館(福島)の合同プロジェクトによる障害のある人の創作物を記録し伝えることについて考える座談会です!

各美術館は、障害者支援施設が運営母体となっています。このプロジェクトでは昨年度から、施設利用者の方をはじめ、各地域で生活されている障害のある方や人知れず表現活動を続ける方によって生み出された作品・創作物の調査を三館合同で行ってきました。そして作品をデジタル・アーカイブとして記録・保存・公開しています。

これまで三者三様の「アーカイブ」を探りながら合同でプロジェクトを進めてきましたが、よりオープンな議論ができる場として、今回の座談会を開催。

ゲストは医学書院で「ケアをひらく」シリーズを編集する白石正明さん。あらゆる領域で「ケア」に向き合ってきた人たちの技法や知を書籍として編み上げ注目されている編集者です。また、プロジェクト設計者である須之内元洋さんがモデレーターを務め、「生きること」の多様さや複雑さを記録し伝えていくための方法や可能性について語ります。

【日時】2019年2月16日(土) 14:00〜16:30
【場所】日本財団ビル8階(東京都港区赤坂1-2-2)
【内容】
ゲストスピーカー: 白石正明(医学書院『ケアをひらく』シリーズ 編集者)
スピーカー: 奥山理子(みずのき美術館)、津口在五(鞆の津ミュージアム)、 大政愛(はじまりの美術館)
モデレーター: 須之内元洋(プロジェクト設計者)
【参加費】無料
【定員】100 名
※要申し込み。定員になり次第締め切り
※文字支援のアクセシビリティサービスあり

各美術館のアーカイブスは次の通りです。
※みずのき美術館は美術館内で「みずのきアーカイブ」として公開
*みずのき美術館のページに遷移します

【ニュース】専門家の講演内容も見られる「サイエンスアゴラ2018公開シンポジウム」開催報告ページを開設!

「サイエンスアゴラ2018公開シンポジウム」開催報告ページが公開!
「サイエンスアゴラ2018公開シンポジウム」開催報告ページが公開!
Upload By 発達ナビニュース
2018年11月に東京都で開かれた、サイエンスアゴラ2018 公開シンポジウム「地域での発達障害支援を考えよう〜うちの子、少し違うかも...Final」。当日の様子を報告するウェブページが開設されました!当日、会場に行けなかった人も、いつでも専門家の講演やパネルディスカッションの内容を見ることができます!

開催報告ページでは、発達障害支援について医療・療育・教育などの様々な視点で、研究者や現場支援者から、エビデンスに基づいた地域支援の実践例が紹介されました。

当日の内容を見ながら、さまざまな分野の専門的支援と地域住民の生活支援が、『地域』の中で提供されるための方法について一緒に考えてみませんか。

【内容】
 ・講演資料(PDF及び動画)
 ・パネルディスカッション映像及び主な議論
 ・イラストを利用したまとめ(グラフィックレコーディング)
 ・関連情報  など
*社会技術研究開発センターのページに遷移します

【イベント】不登校ライブフェスが開催(東京都)

2019年2月15日(金)、4月の新学期に向けて、「不登校」をキーワードにしたフェスが開催されます。

新しい環境で新しい自分に出会うきっかけを、音楽を通して感じてほしいと企画されたイベント。「不登校だったことが、よかった」と思える居場所を見つけた、国立音楽院の生徒たちによる渾身のステージも。生きづらい系シンガーソングライター・風見 穏香さんや、子どものSOSシンガーソングライター・悠々ホルンさんのステージも予定されています。

【日時】2019年2月15日(金)15:00開場、 15:30開始
【会場】KMAパラダイスホール(〒154-0001 東京都世田谷区池尻3-28-8 国立音楽院B1F)
【参加費】500円
【内容】
15:00 開場
15:30 弾き語りライブ生きづらい系シンガーソングライター・風見 穏香さん
16:05 トーク + ライブ国立音楽院 中等部在校生の本人&お母様
16:45 トーク + バンドライブ 不登校経験者としての悠々ホルンさん
17:40 参加者全員にプレゼント抽選会 + テーマ曲を合唱
【主催】国立音楽院
いつ、どこにいても自分に合った支援につながるように。地域・社会に働きかけた3年目のLITALICO発達ナビのタイトル画像

関連記事

いつ、どこにいても自分に合った支援につながるように。地域・社会に働きかけた3年目のLITALICO発達ナビ

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

発達ナビニュース さんが書いた記事

「ゲーム障害」講演会や療育イベント、障害者アート展の作品募集、迷子対策グッズも――発達障害に関する情報をお届けのタイトル画像

「ゲーム障害」講演会や療育イベント、障害者アート展の作品募集、迷子対策グッズも――発達障害に関する情報をお届け

【8月の発達障害ニュース】今月のニュースまとめでは、8月から9月にかけて開催される療育に関するイベントや「ゲーム障害」をテーマにした講演会...
発達障害のこと
8460 view
2019/08/06 更新
発達障害フレンドリーなサッカー観戦、霞が関おしごと体験、震災時の障害者支援がテーマの映画など――夏休みのお出かけや自由研究にも!?ぴったりのイベント情報をお届けのタイトル画像

発達障害フレンドリーなサッカー観戦、霞が関おしごと体験、震災時の障害者支援がテーマの映画など――夏休みのお出かけや自由研究にも!?ぴったりのイベント情報をお届け

いよいよ夏休みが始まりますね。長い夏休み、何をして過ごしたらいいのか悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。今月のニュースでは、映画上映...
発達障害のこと
8810 view
2019/07/11 更新
ディスレクシア支援、当事者が参加する催し、プログラミング教室などイベントがずらり――新しい発見や学びにでかけようのタイトル画像

ディスレクシア支援、当事者が参加する催し、プログラミング教室などイベントがずらり――新しい発見や学びにでかけよう

【6月の発達障害ニュース】ゴールデンウィークの大型連休から日常生活に戻り、少しずつ生活が落ち着き始める時期でしょうか。 雨の季節は、調子...
発達障害のこと
12075 view
2019/06/13 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。