小学5年生で気づいた…!発達障害の娘、中学をどこで過ごすかが高校受験や将来の進路にも影響する?【わが家の進路選択 Vol.1】

2019/04/22 更新
小学5年生で気づいた…!発達障害の娘、中学をどこで過ごすかが高校受験や将来の進路にも影響する?【わが家の進路選択 Vol.1】のタイトル画像

わが家には、発達障害のある娘がいます。この4月で社会人2年目となり、仕事に励んでいます。そんな娘が小学5年生の時のこと。主治医から「中学校のことを考えているか?」と問われたことをきっかけに、娘の進路について考えるようになりました。そして少し気が早いかもしれないと思いつつも、中学だけでなく、高校の情報収集をスタート。すると想像以上に多様な学校が沢山あって…。わが家の進路選びについて、数回にわたり書いていこうと思います。

荒木まち子さんのアイコン
荒木まち子
109099 View

小5なのに、もう中学校のことを考えるの?

娘が小学5年生の秋のことです。その頃娘は、通常学級に在籍していましたが、主治医から「小学校卒業後の進路についてどう考えているか」と問われたのです。
小学5年生で気づいた…!発達障害の娘、中学をどこで過ごすかが高校受験や将来の進路にも影響する?【わが家の進路選択 Vol.1】の画像
Upload By 荒木まち子
それまでわが家では毎年、年末に「来年は通常学級にするか?特別支援級にするか?」ということを、本人も含めた家族で話し合って決めていました。

そのため、主治医からこの話をされた当初は「まだ小5なのに、今から中学校のことを考えるなんて早すぎるのでは?」と思ったのです。

でも…よく考えてみると、すぐに「決める」というのではなく、早いうちから「調べて」「考えておく」ことは、娘の将来の選択肢を広げる上で確かに大切なことかもしれないと思うようになりました。
通級指導教室とは?対象は?通級による指導の内容や通い方、ほかの特別支援教育との違いを紹介しますのタイトル画像

関連記事

通級指導教室とは?対象は?通級による指導の内容や通い方、ほかの特別支援教育との違いを紹介します

発達障害の子どもの進路は「分からないこと」だらけ!

この出来事をきっかけに、発達障害がある娘の進路についてあれこれ考えてみました。すると、たくさんの疑問が浮かんできたのです。

・中学校から特別支援学級に入級すると、特別支援学校高等部しか選べないの?
・知的・身体障害がない場合、中学で特別支援学級に通っていても、特別支援学校高等部には入れないの?
・特別支援学級に在籍していても公立高校を受験できるの?(内申書はどうなるの?)
・地元の中学校に進学しない場合、その他の選択肢は、私立中学やフリースクールになるの?
・高校ではなくフリースクールに進学する場合、高校卒業資格は取れる?取れない学校もあるの?
・高校卒業後の進路ってどうなるんだろう?

考えれば考えるほど、疑問は増していきます。そして小学校卒業後に通う中学校を決めることは、その先の高校や、さらに先の進路にも影響してくるのだということに気づきました。

娘がこれからどう成長していくのかはまだイメージできないけれど、とりあえずどうなっても対応できるように、たくさん情報を集めよう。そして選ぶのは子ども自身だとしても、親がある程度は情報整理しておくようにしよう。

私は、そう考えるようになったのです。
特別支援学校ってどんなところ?教育環境から入学への流れまでのタイトル画像

関連記事

特別支援学校ってどんなところ?教育環境から入学への流れまで

フリースクールとは?不登校の子どものための授業内容、費用や利用方法、在籍校の出席認定について解説のタイトル画像

関連記事

フリースクールとは?不登校の子どものための授業内容、費用や利用方法、在籍校の出席認定について解説

いざ、情報収集スタート!

当時娘は小学校の通常学級に在籍していたため、障害のある子どもに配慮された中学や高校の情報は入手することが難しく、自分たちで積極的に調べて探すしかありませんでした。

そこで、娘の学習支援とSST(ソーシャルスキル・トレーニング)をしてくれていた家庭教師の先生に、中学や高校について尋ねてみたところ、さまざまな資料を持ってきてくださいました。そして、私が思っていた以上に多様な学校があることを知ったのです。

例えば、通信制高校は学校教育法により「高等学校」と定められているので、一定の条件を満たせば高校卒業資格を取得することができます。でも似た名前の「通信制サポート校」は、通信制高校に通う生徒に対して勉強や精神面での支援を行っているので、通信制サポート校で勉強したとしても、高校卒業資格を取得することはできません。

東京都の例だと、小・中学校で不登校になったり、高校を中退したりした子どもを受け入れる総合学科・定時制の「チャレンジスクール」や、小・中学校で十分能力を発揮できなかった生徒が、社会生活を送る上で必要な基礎的・基本的学力を身に付ける「エンカレッジスクール」という取り組みもあります。

「え?通う日数を選べるの?」
「受験に内申書が不要の学校もあるんだ」
「芸術に特化した学校?」
「そういえば、こっちの学校はテレビ番組で見たことがあるかも」

資料を読みながら、私は自分の知識の無さを改めて感じました。こうした取り組みをしている学校は首都圏に多く、わが家からは距離的に厳しいケースもしばしばありましたが、それでも障害のある子どもにもさまざまな可能性や選択肢がいろいろあることを知り、驚いたのです。
通信制高校とは?分類や他の進学先との違い、学費、入学方法などをご紹介しますのタイトル画像

関連記事

通信制高校とは?分類や他の進学先との違い、学費、入学方法などをご紹介します

資料やネットの情報では分からないこともある

こうした学校で、障害がある子どもにどのような配慮や支援をしているのか、具体的な内容を知りたいと思い、ネットのクチコミなども調べてみました。でも、ネットには「偏差値は〇〇」「芸能人の△△が通っている」「設備が充実している」「制服がかわいい」といった表面的な情報しかなく、私が本当に知りたかった情報を得ることはできませんでした。

その学校が自分の子に合うかどうかは、やはり直接学校見学や説明会に行って、自分の目で確かめるしかない。そう感じた私は、早すぎるかもしれないと思いつつも、少しずつ学校見学をスタートすることにしたのです。

次回コラムでは、実際に学校見学をして感じたことや、私たち親子が大切にした視点などについて紹介したいと思います。

わが家の進路選択シリーズ

小学5年の娘、進路はどうする!?通級・支援学級・支援学校…公立でぴったりの学級はある?【わが家の進路選択 Vol.2】のタイトル画像

関連記事

小学5年の娘、進路はどうする!?通級・支援学級・支援学校…公立でぴったりの学級はある?【わが家の進路選択 Vol.2】

発達障害の娘、私立中学も見学!「私が行きたい学校は…」娘の選んだ進路とは【わが家の進路選択 Vol.3】のタイトル画像

関連記事

発達障害の娘、私立中学も見学!「私が行きたい学校は…」娘の選んだ進路とは【わが家の進路選択 Vol.3】

発達障害の娘、高校はどこへ?「単位制・専修学校・特別支援学校」意外にも多かった選択肢【わが家の進路選択 Vol.4】のタイトル画像

関連記事

発達障害の娘、高校はどこへ?「単位制・専修学校・特別支援学校」意外にも多かった選択肢【わが家の進路選択 Vol.4】

発達障害の娘が求めたのは「居場所」。中学時代、通常学級と特別支援学級で揺れた娘がたどり着いた、高校選びの基準【わが家の進路選択 Vol.5】のタイトル画像

関連記事

発達障害の娘が求めたのは「居場所」。中学時代、通常学級と特別支援学級で揺れた娘がたどり着いた、高校選びの基準【わが家の進路選択 Vol.5】

限界だった発達障害の娘、中2で特別支援学級へ――そして高校選択も最終段階に【わが家の進路選択 Vol.6】のタイトル画像

関連記事

限界だった発達障害の娘、中2で特別支援学級へ――そして高校選択も最終段階に【わが家の進路選択 Vol.6】

【最終話!】娘に必要なのは、魅力的なカリキュラムや就職率…?特別支援学級で気づいた、娘が「大切にするコト」を基準に【わが家の進路選択Vol.7】のタイトル画像

関連記事

【最終話!】娘に必要なのは、魅力的なカリキュラムや就職率…?特別支援学級で気づいた、娘が「大切にするコト」を基準に【わが家の進路選択Vol.7】

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

この記事に関するキーワード

あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

荒木まち子 さんが書いた記事

発達障害の娘の成人式――着慣れない振袖姿を見送って。母の心配をよそに、いじめを受けた中学時代の同窓会にも参加した娘は...準備は早めが肝心なワケものタイトル画像

発達障害の娘の成人式――着慣れない振袖姿を見送って。母の心配をよそに、いじめを受けた中学時代の同窓会にも参加した娘は...準備は早めが肝心なワケも

今年の1月に成人式を迎えた発達障害の娘。 彼女が立てた成人の日当日のスケジュールはなかなかハードなものでした。 今回は成人式にまつわるお話...
発達障害のこと
2884 view
2020/07/10 更新
【カラフルレンジャー第3話】行きつけの食堂で商品開発のアイディアが!?気づいたら役割分担も完璧で…のタイトル画像

【カラフルレンジャー第3話】行きつけの食堂で商品開発のアイディアが!?気づいたら役割分担も完璧で…

レンジャーたちのたまり場、子ども食堂のマスター、小矢野さんは別の読み方もできますね♪ 第三話は「得意分野を上手く活かせばレンジャーは最強カ...
発達障害のこと
3786 view
2020/06/17 更新
大変だけど出会いに恵まれたPTA活動。今年は新型コロナの影響で立候補者続出?!誰もが気軽に参加できるようになることを願ってのタイトル画像

大変だけど出会いに恵まれたPTA活動。今年は新型コロナの影響で立候補者続出?!誰もが気軽に参加できるようになることを願って

新学期、避けて通れないのがPTAの委員決め。 コロナ禍はこの新学期の風物詩にも少なからず影響を与えたようです。
進学・学校生活
11292 view
2020/06/09 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。