精神科医に聞く!発達障害児育児で「ママ友との関係に疲れたら?」あなたの心と体を守るシンプルな考え方

精神科医に聞く!発達障害児育児で「ママ友との関係に疲れたら?」あなたの心と体を守るシンプルな考え方のタイトル画像

子どものためにと頑張りすぎてしまう母親たち。頑張りすぎてしまって、心身のバランスを崩してしまうことも…。今回は人に振り回されず、自分のコンディションを保つアイデアを、精神科医の先生にアドバイスいただきました。

ひらたともみのアイコン
ひらたともみ
22906 View

母親の悩みって、変わっていない…!発達ナビユーザーから寄せられた相談

四半世紀子育てしているずっと現役ママの私は、10年前にうつ病を発症。そして現在も治療中です…。第1子を出産したのは20数年前。分厚い育児書が必須だったあの頃。インターネットの普及で私たちの暮らしは大きく変化し、情報や人との繋がり方も劇的に変化したと思います。

なのに…なのに!母親の悩みは変わらない。それどころか、どんどん孤独にさえなっているのは気のせいでしょうか?

そんなママたちの悩みを少しでも軽くできたらとの想いで、このたび発達ナビユーザーの皆様からお悩みを募集させていただきました。
精神科医に聞く!発達障害児育児で「ママ友との関係に疲れたら?」あなたの心と体を守るシンプルな考え方の画像
Upload By ひらたともみ
専門家に直撃相談!Vol.3 うつ病10年の私が捨てた罪悪感。シンドさの裏側にあった「母であることの呪縛」に気づいた日のタイトル画像

関連記事

専門家に直撃相談!Vol.3 うつ病10年の私が捨てた罪悪感。シンドさの裏側にあった「母であることの呪縛」に気づいた日

寄せられたお悩みの中に、次のようなものがありました。

----------------------------
息子に発達障害があるのですが、保育園ママ友との付き合いが難しく、心労で体調不良になりました。心療内科では「言っている事がわからない」と言われてしまい、途方にくれています。(45歳女性・2人のお子さんのママ)※
----------------------------

※寄せられた内容を短くまとめてご紹介しています

そうです…!

予想はしていたものの、ダントツに多かったのが、ママ友問題。今回は保護者同士の関係性をキャッチすれば、母親のコンディションの負担軽減になるかを取材しました。

精神科医・増田先生に聞く!ママ友との関係、どうすればいい?

精神科医に聞く!発達障害児育児で「ママ友との関係に疲れたら?」あなたの心と体を守るシンプルな考え方の画像
Upload By ひらたともみ
精神科医に聞く!発達障害児育児で「ママ友との関係に疲れたら?」あなたの心と体を守るシンプルな考え方の画像
Upload By ひらたともみ
精神科医に聞く!発達障害児育児で「ママ友との関係に疲れたら?」あなたの心と体を守るシンプルな考え方の画像
Upload By ひらたともみ
精神科医に聞く!発達障害児育児で「ママ友との関係に疲れたら?」あなたの心と体を守るシンプルな考え方の画像
Upload By ひらたともみ
精神科医に聞く!発達障害児育児で「ママ友との関係に疲れたら?」あなたの心と体を守るシンプルな考え方の画像
Upload By ひらたともみ
精神科医に聞く!発達障害児育児で「ママ友との関係に疲れたら?」あなたの心と体を守るシンプルな考え方の画像
Upload By ひらたともみ
精神科医に聞く!発達障害児育児で「ママ友との関係に疲れたら?」あなたの心と体を守るシンプルな考え方の画像
Upload By ひらたともみ
精神科医に聞く!発達障害児育児で「ママ友との関係に疲れたら?」あなたの心と体を守るシンプルな考え方の画像
Upload By ひらたともみ
精神科医に聞く!発達障害児育児で「ママ友との関係に疲れたら?」あなたの心と体を守るシンプルな考え方の画像
Upload By ひらたともみ
増田先生の言葉にはいつも「いかにして自分がご機嫌でいられるか」というのがあります。

人間関係に深く悩む人の多くは、繊細で傷つきやすく、真面目で几帳面な人柄が多いと聞きます。悩まなくてもいいことや、責任を感じなくてもいいような部分を、ひとり背負いこんで、体調不良にすら気付かない人もいます。いつも他人のことを優先し、自分が休むことなんてありえない。子どものため、家族のためと、ママ友付き合いもご近所付き合いも緊張の糸を張り続け、自分をご機嫌にしようだなんて、考えたこともない。

それこそが私でした。

そして今年の5月。私は「休暇のためオフとさせていただきます」というメールを、この仕事をして初めて各クライアントにしました。堂々と休み、堂々とグータラし、堂々と自分を甘やかすことに徹した5日間を過ごし、それまでモヤモヤしていたことも、「もう終わったことだ」とだいぶ踏ん切りがつきました。今まで悩むことでしか解決できないと思っていた私にとっては、ものすごい快挙です!

増田先生がおっしゃるように、いくら相手の気持ちを探ろうとしても、到底わかりはしないし、憶測や噂話に真意はありません。楽観的に捉えられればいいけれど、それができないのが私たちお悩みママ…ですよね?

しかし、何事もいったん楽観視するという習慣づけをしていけば、自分の背負うものがきっと軽くなるはず!
とどのつまりは「しょせん他人だから」と思うようにしてみると、「わかり合えなくて当然」という公式が生まれてきますよ。
専門家に直撃相談!Vol.1「病歴10年、私のうつ病治りますか?」のタイトル画像

関連記事

専門家に直撃相談!Vol.1「病歴10年、私のうつ病治りますか?」

専門家に直撃相談!Vol.2 精神科受診は限界が来る前に!しんどいママたちの、心のSOSを見逃さないでのタイトル画像

関連記事

専門家に直撃相談!Vol.2 精神科受診は限界が来る前に!しんどいママたちの、心のSOSを見逃さないで

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。