親はヒヤヒヤ!「それ言っちゃダメ」な自閉症息子の発言。成長と課題を感じる、18歳の夏

2019/08/01 更新
親はヒヤヒヤ!「それ言っちゃダメ」な自閉症息子の発言。成長と課題を感じる、18歳の夏のタイトル画像

息子は5歳まで言葉を話しませんでした。でも、今は一方的に自分が言いたいことを言うだけですが、昔に比べるとよく喋るようになりました。でも「それをここで言っちゃ、まずい!」ことを口に出してしまうこともあるので、ヒヤヒヤすることがあります。

立石美津子のアイコン
立石美津子
26968 View

担任に向かって「3年生になったら違う担任の先生になったらよい」

『発達障害に生まれて』(松永正訓著/中央公論新社)ノンフィクションのモデルとなった立石美津子です。
特別支援学校高等部だったころの息子
Upload By 立石美津子
特別支援学校高等部2年生のときの出来事です。

保護者会で担任から「立石君から『3年生になったら違う担任の先生になったらよい』と言われました。正直な気持ちなんでしょう」

背中から冷や汗が出ました。でも、もしかして本音だったのかもしれません。

息子は相手の立場に立ってものごとを考えることが難しく、思ったままを口に出してしまうのです。
「相手の気持ちをよく考えて」その言い方は子どもに届かない!?「心の理論」から考える声掛けの方法のタイトル画像

関連記事

「相手の気持ちをよく考えて」その言い方は子どもに届かない!?「心の理論」から考える声掛けの方法

タクシーの運転手さんに「この人、慣れていないね~」、強面のお兄さんに「携帯電話はご遠慮ください」

タクシーに乗った時、運転手さんが道を間違えました。すると息子が大声で「この人、慣れていないね~」と言いました。焦りました。
小学校6年生のとき、渋谷の東急デパートのレストランに入りました。壁に「携帯電話はご遠慮ください」の貼り紙がありました。ところが、隣の席の強面のお兄さんが携帯電話で喋り出しました。すると、息子はそのポスターに書かれた文字を見て、「携帯電話はご遠慮ください!」と大きな声で読み上げました。

強面のお兄さんは驚いてそそくさと携帯をカバンにしまいました。

来客中、脱衣所のドアを開けてしまう

お風呂から上がると、暑くて、裸のまんまリビングをウロウロしてしまうことがあります。

ある晩、お客さんが来ていたときのこと、息子が風呂に入りました。「今日はお客さんが来ているから、お客さんの前に裸のままで出てきたらダメよ」と事前に注意しておきました。

すると、脱衣所のドアを裸のまま開けてしまいました。居間には入ってきていないですし、お客さんからは離れてはいましたが…裸が丸見え、意図が伝わっていませんでした。
「『今日はお客さんが来ています。家族ではないお客さんに裸を見せてはいけないから、お風呂から上がったら脱衣所で服を着てからドアを開けてね。』」と言えば良かった」と反省…。

これも、失言と同じで「その意味していることが分からない」例です。自閉症の息子は、応用や般化がなかなかできません。

応用は難しい。でもコツコツと…

息子は5歳まで言葉を喋りませんでした。そのころは、自閉傾向があっても、ベラベラしゃべるお友達を見て「羨ましいなあ~」と思っていました。でも今は思います。しゃべったらしゃべったで、また新たな課題が出てくるのだなぁと。

19歳となった今でも、タクシーの中で「この人慣れていないね」と言ったとき、「それは本人の前で言ってはダメ!タクシー下りてから言いなさい」と教えても、整理整頓されていない友人宅に行ったとき「このお家、汚いねえ」言ってしまう。教えても教えても、なかなか他のシチュエーションになると般化できない息子です。

でも…昔を思い返せば…

息子は、生まれて初めて乗ったタクシー会社にこだわりが生まれ、「タクシーは〇〇タクシーのみ」とパターン化され、「タクシーはこの会社のしか乗らない」というこだわりが生まれました。でも今は、どの会社のタクシーでも乗ることができます。

コミュニケーションとなると、タクシーのようにはうまくいかないかもしれません。「言ってよい場、言っていい相手とそうでない相手」など自閉症の息子にはなかなかハードルが高い課題だとは思います。1つ学ぶことで10や100に応用することは難しいようです。でも、これからも、一つひとつ体験を積み重ね、「こういうときは、これこれこういう風に言おうね」と教え、少しずつでも学んでいってほしいと願っています。
子ども時代の息子
Upload By 立石美津子

このコラムを書いた人がモデルの本

発達障害に生まれて-自閉症児と母の17年
松永正訓
中央公論新社

このコラムを書いた人の著書

子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方
立石美津子
すばる舎
自閉症の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめのタイトル画像

関連記事

自閉症の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめ

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

立石美津子 さんが書いた記事

パニック、自傷を「やめなさい!」と制されて――自閉症息子のやり場のない気持ちを、受け止めきれなかった私のタイトル画像

パニック、自傷を「やめなさい!」と制されて――自閉症息子のやり場のない気持ちを、受け止めきれなかった私

自閉症の子どもがパニックを起こしたり、自傷しだしたりすると「何とか止めさせたい」。親ならそう思うのでないでしょうか。そうすると、「やめさせ...
自分と家族のこと
17662 view
2019/08/13 更新
「みんなと一緒に」は親の価値観…!?自閉症の息子の応援団長でいたいと思う理由のタイトル画像

「みんなと一緒に」は親の価値観…!?自閉症の息子の応援団長でいたいと思う理由

わが子が一人遊びばかりしている姿を見ると、「お友達と同じことができるようになってほしい」「集団行動をしてほしい」と感じるのではないでしょう...
発語・コミュニケーション
18524 view
2019/07/16 更新
頭ごなしの「ダメでしょ!」ではなく!接客のプロの神対応に学ぶ、自閉症息子への伝え方の極意のタイトル画像

頭ごなしの「ダメでしょ!」ではなく!接客のプロの神対応に学ぶ、自閉症息子への伝え方の極意

わが子からの無理難題、経験ありませんか…? 「おいおい、ちょっとそれは無理でしょう…」というような内容の要求でも、息子は頭から否定される...
自分と家族のこと
27257 view
2019/07/01 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。