母の前でだけ荒れる娘――警察への電話を踏みとどめてくれた先生の一言。ギリギリな毎日で記憶すら曖昧な、娘の高校時代のこと

母の前でだけ荒れる娘――警察への電話を踏みとどめてくれた先生の一言。ギリギリな毎日で記憶すら曖昧な、娘の高校時代のことのタイトル画像

私はいつも過去の記録(ノートやメモに記した走り書きなど)をもとにコラムを書いています。
でも実は記憶と記録が大きく抜けている期間があります。それは高2の娘が、私の前だけで暴れていた時期です。ただ毎日を必死に過ごしていたその時期は、記録をつける余裕もなく、断片的な記憶しか残っていないのです。

荒木まち子のアイコン
荒木まち子
24024 View

今でこそ

社会人2年目の娘。
社会人になった娘が初めてパーマをかけに行き、初めての場合パーマがかかりにくいため割増料金だったことを家で報告する様子。
Upload By 荒木まち子
今はそれなりに落ち着いて過ごしている娘ですが、過去には荒れていた時期がありました。
【発達障害と思春期2】“成功体験”がつまづきの原因になる?娘の胸に秘められた葛藤のタイトル画像

関連記事

【発達障害と思春期2】“成功体験”がつまづきの原因になる?娘の胸に秘められた葛藤

【発達障害と思春期3】怒りの感情との付き合い方に悩む17歳の娘。夜中に家を飛び出し、向かった先は?のタイトル画像

関連記事

【発達障害と思春期3】怒りの感情との付き合い方に悩む17歳の娘。夜中に家を飛び出し、向かった先は?

記憶と記録がほとんど残っていない

娘は高校2年の時“学校では問題なく過ごしているのに帰宅後はイライラし、ちょっとしたことでキレて物を壊したり暴れたりする”状態が半年ほど続きました。

あの頃私が一番辛いと感じたのは、娘が暴れるのが私の前だけで、父親が帰宅すると大人しくなることでした。

実はこの頃の私の記憶は曖昧です。

私はよく起こった出来事をメモやノートに記録するのですが、この時期はその余裕すらありませんでした。せっぱつまっていたので、支援者とのやり取りもメールではなくほとんど電話でした。

覚えているのは、娘が学校から帰ってから22時過ぎに主人が帰宅するまでの数時間と、主人が仕事で不在の時の休日は「生きた心地がしなかった」ということだけです。

唯一記憶に残っているのは

ある日、娘が激しく暴れました。

娘は衣装ケースを次々に投げ、中身は散乱しプラスチックのケースは割れました。娘が蹴飛ばした扇風機はカバーが外れ羽根が折れました。私が制止しようとすると娘の行動はますますエスカレートします。

主人とも連絡がつかず、ついに私は警察に電話しようと思いました。

私は警察に電話をする前に、念のため学校に「娘が暴れて私一人の手に負えない。これから警察に電話をしようと思う」ということを連絡することにしました。
娘が自宅で荒れていたため母は警察に連絡しようと思い、その前に学校に一報入れておくことにして時間外だが電話をかける。
Upload By 荒木まち子
電話が通じなければそれは仕方ない。もし留守番電話になっていたらメッセージを入れておこう。

そんな気持ちで私は学校に電話をしました。

すべては偶然のタイミング

その時、学校には先生がいました。

電話を受けた先生は私に、

「お母さん、少し待って。」
「連絡が取れるか分からないけれど、誰か話をしたい先生はいますか?」

と言いました。

私は、娘がよく悩みを相談していた高校1年の時の担任の先生の名前を伝えました。
イジメっ子との再会。そのとき娘は自分自身の変化を振り返り…のタイトル画像

関連記事

イジメっ子との再会。そのとき娘は自分自身の変化を振り返り…

暫くするとその先生から電話がありました。その時自分が何を話したのか、詳しくは覚えていませんが「とても辛い」と伝えた記憶があります。

先生と話をして踏みとどまれた

先生は私に言いました。

「お母さん、電話してきてくれてありがとう。」

〝前年度の担任なのに。
 有難いのは私のほうなのに。”

先生と話をし、私は警察に電話をするのを踏みとどまることができました。

後にも先にもこの時だけ

その後も娘が荒れることはありましたが、私が警察に電話をしようと思ったのはこの一度だけでした。

地域活動ホームの相談員さんからのアドバイス

中学3年の時から余暇支援活動の場として利用していた地域活動ホームの相談員さんのアドバイスを受け、娘は「レスパレイトとしてのショートステイ」を利用することにしました。

私達はショートステイ利用の事前準備として

・施設の見学
・相談員さんとの定期的な面談
・病院で健康診断受診
・ショートステイの事前予約

といった手順を踏んでいきました。

でも記録を残す余裕がなかったので、実はこのあたりの時系列は曖昧な部分が多いです。

質問されても

なので今もし誰かに「どうやってその時期を乗り越えたのか具体的に教えて欲しい」と言われても、「医療機関、学校、放課後等デイサービス、地域活動ホーム、レスパレイトとしてのショートステイ、こども食堂、先輩お母さんへの相談など、あらゆるところを頼った。当時はともかく必死で、実のところよく覚えていない。」というのが正直なところです。

普通に会話ができることの幸せ

社会人2年目の娘は荒れることもなくなり、好きな髪型をするなど生活を楽しんでいる。美容院でカタログを見せて新しい髪型にしてきた娘の様子。
Upload By 荒木まち子
今でも娘は体調や感情に波がありますが、暴れることはなくなりました。レスパレイトとしてのショートステイの利用もしていません。

我が子と普通に会話ができる。そんなあたり前ともいえることにも私は幸せを感じます。

記憶が薄れてしまう前に~ダイアリー機能~

娘が20歳を迎えるにあたり、我が家では障害年金の申請をしました。(次回コラムで詳しく書きます)

最近、発達ナビのダイアリー機能が始まりましたが、そういった『簡単に記録が残せるツール』の活用は有効だと思います。

もしあの頃ダイアリー機能があったらどうだったかな?
自分の気持ちを整理するのに役立ったかな?
娘の障害年金の申請は、もっと楽になったかな?
それともやはり記録する余裕すらなかったかな?

そんな事を考える秋の夕べです。
大切だとはわかっていても…。マイナンバーカードすら失くしてしまう、娘の紛失力のタイトル画像

関連記事

大切だとはわかっていても…。マイナンバーカードすら失くしてしまう、娘の紛失力

周りのサポートを管理されてると感じていた!?発達障害の娘からの言葉に驚いて…!のタイトル画像

関連記事

周りのサポートを管理されてると感じていた!?発達障害の娘からの言葉に驚いて…!

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

荒木まち子 さんが書いた記事

社会人2年目、発達障害の娘が保険探し開始!「自分には保険が必要」と思ったアクシデント、そして必要な保障とは?のタイトル画像

社会人2年目、発達障害の娘が保険探し開始!「自分には保険が必要」と思ったアクシデント、そして必要な保障とは?

発達障害がある娘も20歳となり、保険について真剣に考え始めた様子。 「保険は生命保険、障害保険、賠償責任保険など沢山の種類があって難しそ...
発達障害のこと
12361 view
2019/10/03 更新
発達障害の娘、就職して半年。壁にぶち当たっていた時に出合った本が教えてくれた「本当の自己決定」のタイトル画像

発達障害の娘、就職して半年。壁にぶち当たっていた時に出合った本が教えてくれた「本当の自己決定」

1年ほど前、発達障害の娘が特例子会社に就職して半年たったころのことです。当時、娘は、心身ともに弱り、会社も休みがちでした。そして私もどうし...
発達障害のこと
34578 view
2019/09/05 更新
ニガテな服薬管理を「一包化」が救う!?発達障害の娘の負担を軽減する便利なシステムのタイトル画像

ニガテな服薬管理を「一包化」が救う!?発達障害の娘の負担を軽減する便利なシステム

発達障害のある娘は、毎日服薬をしています。でも、モノの管理が苦手な娘にとって、毎日欠かさず、複数の薬を飲むことは大変です。のみ忘れを防ぐた...
発達障害のこと
9532 view
2019/08/19 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。