おでかけの予定、発達障害兄弟にいつ伝える!?わが家はあえての「直前」派!そのワケは…

おでかけの予定、発達障害兄弟にいつ伝える!?わが家はあえての「直前」派!そのワケは…のタイトル画像

発達障害がある子どもとのおでかけでは、予定の見通しを立てることで1日の予定をスムーズに行えるとよく耳にします。
ですが、例えば予定とおりにこなすことにこだわりをもってしまうお子さんですとあえて言わない方が良い場合もあるかもしれません。
うちのASD+ADHDの長男とADHDの次男とのおでかけでは、前々から見通しをたてないようにしています。それはなぜかというと、わが家特有の事情があって…

スガカズのアイコン
スガカズ
11400 View

家族で映画に!ところが…

子どもたちと映画を見にいくことに
Upload By スガカズ
今から1年半前の話です。
以前から気になっていた子ども向けの映画を見に行こうという話になりました。
見通しを前もってたてる
Upload By スガカズ
お父さんは上3人と映画、下の子(当時1歳)は私と映画館の近くで待機です。

3番目の子(長女)は外でいい子にすることができ、本人の強い意向もあり当時2歳半でしたが一緒に映画を見ることに。ただ、万が一ぐずってしまうことも想定されるため、その際には私が引き取れるようにする、と計画を立てていました。

ところが当日、末っ子に熱が出てしまいました。本人の食欲もあり機嫌も良いのですが、様子を見て自宅でゆっくり過ごす必要があります。

がんばったのにおでかけできない…子どもたちが不満に!

末っ子が熱できょうだいがお出かけできないことに
Upload By スガカズ
そうすると大変です。長男は「じゃあ、これからどうするの?」と言い次男は「せっかくがんばったのに!」とすねてしまいました。

それならばと父親と上2人だけで映画に行ってもらうように話をすると今度は3番目の子(長女)が映画をあきらめなくてはいけず、泣いてしまいました。

大人だと優先順位を考えて判断することができますが、子どもはそうもいきません…。事前に予定を計画しても、わが家の場合は小さい子がいるため崩れてしまう可能性が高いのです。
やる気グラフ比較
Upload By スガカズ
発達障害がある長男と次男は、見通しをたてることで物事の優先順位をつけることができる。それを達成することで成功体験をつみあげていく予定でしたが、きょうだいの病気など突発的な要因で成功体験ではなく「がんばったのに映画にいけなかった」という残念な結果になってしまいます。

結局この日は父親が上2人を映画に連れて行ってくれたので上2人は結果オーライでしたが、もともと行く予定だった長女は、お留守番です。「行きたかった」と悲しそうにしていました。病気になったのは長女ではないのに予定が変更になってしまって…ごめんね。

末っ子はその日の晩には平熱になりました。タイミングってどうしようもないですね。

失敗をもとに、見通しはざっくり!伝えるタイミングは直前に

予定をざっくり、直前に決める私
Upload By スガカズ
現在の、わが家流の見通しの伝え方は…

(1)前日か当日に子どもの体調を見ておでかけするかを決めるor話し合う
(2)内容は必要最小限にする
(3)子どもが知りたい情報は伝える
(4)行けない可能性があることも伝える


末っ子は3歳になり病気になる確率がぐんと減り、予定変更がなく家族でおでかけする機会が増えました。とはいえ大所帯ですと電車などの公共機関では親の気疲れも半端ないので、近所で済ますことが大半です。

休日はどのように過ごすか考えたり準備したり…親も大変ですよね。家族が喧嘩しないで過ごせることが1番ですね!
仲良くする
Upload By スガカズ
急な予定の変更が苦手…子どもが見通しを持って行動するには?のタイトル画像

関連記事

急な予定の変更が苦手…子どもが見通しを持って行動するには?

【自閉症とは】発達段階で現れる3つの特徴について解説しますのタイトル画像

関連記事

【自閉症とは】発達段階で現れる3つの特徴について解説します

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。