発達障害小3娘、学校での友達関係はいつだって心配だけど...その様子は思っていた以上に良好!?母が心がけることも

2020/01/22 更新
発達障害小3娘、学校での友達関係はいつだって心配だけど...その様子は思っていた以上に良好!?母が心がけることものタイトル画像

広汎性発達障害の娘は、小学3年生。クラスにも仲良しの子ができ、順調にやっているようです。友達がわが家に遊びに来るたび、それを確認することができています。

SAKURAさんのアイコン
SAKURA
22094 View

広汎性発達障害の娘の友達関係は...

広汎性発達障害の娘(小学3年生)は、小学2年生の時から特別支援学級に在籍しています。現在は、国語と算数以外の時間を交流学級で過ごしています。

特別支援学級所属になった当初、私は友達関係のことを心配していました。特別支援学級にいることでからかわれたり、いろんなことで少しずつ配慮されることを「特別扱い」と言われるんじゃないかと不安だったのです。

しかし、実際の友達関係は私の想像と違いました。

わが家には、幸運なことに娘の友達がよく遊びに来ます。今回は私が見た、娘と友達の様子を紹介したいと思います。

言い間違いを優しく訂正。

娘はまだまだ「て・に・を・は」や、言葉自体の言い間違い、使い間違いがよくあります。
そんな時、娘の友達は…
発達障害小3娘、学校での友達関係はいつだって心配だけど...その様子は思っていた以上に良好!?母が心がけることもの画像
Upload By SAKURA
言い間違いをバカにすることなく、優しい口調で教えてくれます。これが娘にも合っているようで、私が言ったら反抗してきそうな指摘を、友達だと素直に聞いていました。

そんな関係がありがたく、いつも私はお礼を言っています。

勘違いも笑ってくれる。

娘は、言い間違いも多いですが、聞き間違いも多いです。

知らない言葉もたくさんあるので、他の友達同士が話している会話を聞き間違えて、違う意味で捉えてしまったりすることがあります。
発達障害小3娘、学校での友達関係はいつだって心配だけど...その様子は思っていた以上に良好!?母が心がけることもの画像
Upload By SAKURA
そんな時も娘の友達は、笑ってくれます。

笑うといってもバカにする感じではなく、その場の和みとして捉えてくれた笑いで、娘の聞き間違いひとつで、みんなが長時間笑っていることもあります。聞き間違いがあって大丈夫、そう思うと安心して見守ることができます。

人と違うことをしても受け入れてもらえる。

遊びの中でも、周りをみたり、場の空気に合わせて行動を選んだりすることが少し苦手な娘
周りと比べて、突拍子のない選択をしてしまうことがあります。
発達障害小3娘、学校での友達関係はいつだって心配だけど...その様子は思っていた以上に良好!?母が心がけることもの画像
Upload By SAKURA
あまりに周りとかけ離れた選択をしても、それはそれとして楽しんでくれる友達。

娘の特性や性格をわかってくれているような、その言葉かけに驚いてしまうこともあります。

好かれている安心感。

親がついつい助け舟を出したい場面もあるのですが、普段から仲良しなこともあって、思ったよりなんとかなっていることもあります。
発達障害小3娘、学校での友達関係はいつだって心配だけど...その様子は思っていた以上に良好!?母が心がけることもの画像
Upload By SAKURA
私たちがいろんな面で娘に対して不安に感じることは、友達の中ではもしかしたら大したことないのかもしれないと感じることができました。

親としてできることは…

社会に出ていく前の人間関係の勉強になる学校生活…。

友達とのコミュニケーションは私にとってかなり心配となる部分でしたが、娘は思ったよりも楽しそうにやれているようでした。

学校ではどうか…担任の先生に聞いてみても、仲良しグループ内での様子は変わらないようで、他の子たちがうまく娘をカバーし、サポートしてくれるようです。

私が娘の友達関係で気を付けていることがいくつかあります。

1つは…友達が遊びに来るという提案をなるべく断らないこと
近くで友達との関係性を見たい私にとって友達が来てくれることはありがたいので、友達が「あーさんの家に行きたい!」と言ってくれた時や、娘が「友達連れてきてもいい?」と言った時、私はよろこんで「いいよ」と言うことにしています。

もう1つは…お礼を忘れないこと
娘に普段から「友達にお礼を忘れないように」と話すことはもちろんですが、娘が助けてもらった時は、その場で私からも娘の友達にお礼を言うようにしています。

「いつもありがとうね」「優しいから嬉しいよ」「助けてくれてありがとう」と言葉にしています。

そうすることで、"友達の親"という立場からほんの少しだけ近づくことができています。おかげで、子どもたちの世間話や遊びに誘ってもらえることもあります(笑)

いい友達に恵まれていることに感謝しつつ、何か起こった時にはサポートできるよう、引き続き出過ぎず…見守っていきたいと思います。
「なんで特別支援学級なの?」娘の友達からの質問、どう答える?――伝えたかった親の想いとはのタイトル画像

関連記事

「なんで特別支援学級なの?」娘の友達からの質問、どう答える?――伝えたかった親の想いとは

特別支援学級に通い始めた娘。両親の不安を「ここなら成長できる!」に変えた先生の対応とはのタイトル画像

関連記事

特別支援学級に通い始めた娘。両親の不安を「ここなら成長できる!」に変えた先生の対応とは

発達障害の子の気持ちの聞き方・伝え方 (6歳児から使えるワークブック 2)
アスペエルデの会 (編集), 辻井 正次 (監修)
合同出版
発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。