年末の母娘旅。娘のヘルプマークを見て「自分にできること」を知ろうとしてくれた空港スタッフと出会って

2020/01/23 更新
年末の母娘旅。娘のヘルプマークを見て「自分にできること」を知ろうとしてくれた空港スタッフと出会ってのタイトル画像

冬休みに、娘と岡山に行きました。聴覚過敏がある娘のヘルプマークを見た空港警備員さんから意外な問いかけがあり...。

ひらたともみさんのアイコン
ひらたともみ
20638 View

母娘旅のはじまり

空港で迷う母娘
Upload By ひらたともみ
声をかけてくれた空港スタッフ
Upload By ひらたともみ
優しい空港警備員さんの気遣いのおかげで、無事に入場ゲートを確認。
少し時間もあったので、一休みすることにしました。

思いもよらぬストレートな質問に考えさせられる...

声をかけてくれた空港スタッフ
Upload By ひらたともみ
振り返るひらたさん
Upload By ひらたともみ
ヘルプマークについて質問されるひらたさん
Upload By ひらたともみ
娘の聴覚過敏について説明するひらたさん
Upload By ひらたともみ
考えるひらたさん
Upload By ひらたともみ
私がヘルプマークの着用を娘に勧めたのは、トラブルがあることを「認知してもらう」ことで、聴覚過敏があるためイヤーマフをしている娘が冷たい視線を浴びることなくノビノビできたらと思ったからです。
これまで、イヤーマフのことを聞かれるたびに、私が説明し理解してもらってきました。ですが空港で、こんなにも真っ直ぐで温かい質問を受けた私は、どう答えていいものか、しばらく黙り込んでしまったのです。

「例えば座り込んで動かない...とか、顔色が悪く様子がおかしいといったときは、他の体調不良のお客様と同じように、持病を伺ってもいいと思いますよ」とは言ったものの、それは「何か起きてしまったときの措置」というだけで、「ヘルプマークを付けている人になにができるのか」という答えではないように思います。ヘルプマークを付けている人に何かしらトラブルが起きてからでなければ、手助けできないということなのか?...とも考えました。

ヘルプマークには、はっきりとした効力はないように思いますが、ヘルプマークのことをわからないながらも電車の席を譲ってくれたら私は涙が出るほどうれしいです。そして、今回のようにわからないことを真っ直ぐ聞いてくれることも、母としてすごく嬉しかったです。「私にできることってなんだろう」と思ってくれている人に出会えたことは、おそらく私も娘も一生忘れないと思います。
【娘の聴覚過敏対策】街中で向けられる冷たい視線「イヤーマフ?なにそれ?」最初は悩んでいたけれど...【第3話】のタイトル画像

関連記事

【娘の聴覚過敏対策】街中で向けられる冷たい視線「イヤーマフ?なにそれ?」最初は悩んでいたけれど...【第3話】

ニガテな音対策に「イヤーマフ」を使用!学校の友だちに理解してもらうためには...?【娘の聴覚過敏対策 続編】のタイトル画像

関連記事

ニガテな音対策に「イヤーマフ」を使用!学校の友だちに理解してもらうためには...?【娘の聴覚過敏対策 続編】

自閉症と感覚過敏―特有な世界はなぜ生まれ、どう支援すべきか?
熊谷高幸 (著)
新曜社
発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

この記事に関するキーワード

あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。