こだわり、パニック、身につけたルールが原因で逮捕?自閉症息子「警察は怖い」の背景と、母としてできること

2020/03/13 更新
こだわり、パニック、身につけたルールが原因で逮捕?自閉症息子「警察は怖い」の背景と、母としてできることのタイトル画像

「悪いことしたら、お巡りさんに捕まるよ」幼い頃叱るときに、警察を引き合いに出したことはありません。

でも息子は警察を「市民を守ってくれる存在だ」とは思っておらず、「僕を逮捕しにくる怖い存在」だと感じているようです。

立石美津子さんのアイコン
立石美津子
13496 View

息子が警察を恐れる理由は…

『発達障害に生まれて』(松永正訓著/中央公論新社)ノンフィクションのモデルとなった立石美津子です。
息子を叱るときに、悪いことをしたら警察に逮捕されるよ!などと言った覚えはありません。でも息子は警察を「市民を守ってくれる存在だ」とは思っておらず、「僕を逮捕しにくる怖い存在」だと感じているようです。

なぜ、怖がるのか考えてみました。そして2つの理由に思いあたりました。

1つ目は、息子は、以前パニックを起こしたときに近くに止まっていた車を蹴り、「警察を呼ぶぞ!」と怒鳴られた経験がある。なので、ニュースで「○○の犯人が警察に逮捕されました。」と流れると、犯人側の立場に立ってしまうのかもしれないこと。

2つ目は、自閉症で知的障害がある友達(30代の男性)が、悪意なく「遊びたい」という気持ちで幼い子に近づいたら、110番されて、警察に連行されたことを知っていること。
こだわり、パニック、身につけたルールが原因で逮捕?自閉症息子「警察は怖い」の背景と、母としてできることの画像
Upload By 立石美津子

毛玉を取ったら逮捕される!?

もしも電車の中で、他人の毛玉をとったら

昨年、特別支援学校で保護者と警察との交流会がありました。

ある母親が

「うちの子は毛玉にこだわりがあり、電車内等で周りの人が来ているニットに毛玉がついていたら、きっと毛玉を取ろうとすると思います。痴漢扱いされ逮捕される可能性はあるのでしょうか」と質問しました。

警察は

「あくまでも相手が嫌な思いをしたら、障害児であっても逮捕される可能性はある。犯意があったかどうかが焦点となるが、障害があるから絶対に逮捕されないということはない」と答えました。

息子は幼いころ、あるブランドのバック、それもベージュのロゴに執着していました。(私はそのブランドのバックを持っていなかったのですが、なぜかこだわっていました)

電車内でそれを持っている女性を見ると、ペタっと触りに行きました。当時は幼かったので許されていたのでしょう。幸い現在はそのこだわりはないのですが、19歳の今もこれが続いていたら、スリと思われ通報されていたかもしれません。

場に応じて臨機応変に対応できないために…

人づてに聞いた話です。

「人に会ったら挨拶しなさい!」としつけられていた自閉症の人がいました。その言葉に素直に従っていました。そして、夜道で誰もいない場所で女性に「こんにちは」と声をかけました。相手は恐怖を感じてしまいました。

「座席は詰めて座りましょう」と教えられたとおりに行動したけれど

空いているバス、乗客はたった3人でした。

そういう場合は大抵、わざわざ奥から詰めないで、ガラガラの車内にバラバラに離れて座ることが多いですが、「奥から順番に座りましょう」「座席は詰めて座りましょう」と学校で教えられてきたルールを遵守して、女性の横に間をあけずに座りました。空席はたくさんあるというのに、見知らぬ男性がすぐ横に座ってきたので、当然、女性は恐怖におののきました。
バスに乗る自閉症の息子
Upload By 立石美津子
毛玉を取りたいというこだわりがある人、教えられてきたルールの応用ができない人…これらのことで注意されたら混乱し、また警察を怖がることにつながってしまうかもしれません。

オウム返しで誤認逮捕の可能性も…?

発達障害の人が逮捕されたとき、誘導尋問にかかりやすいと聞いたことがあります。

逮捕された場合…

刑事「君がやったんだね?」
本人「君がやったんだね」

のように完璧なオウム返しをすれば、「あれ、おかしな日本語だな、もしかしてこの人は自閉症かな」と知識がある刑事はわかるかもしれません。また、大人になってもこの状態だったら、おそらく療育手帳を幼児期から持っているでしょう。これで障害者であることが証明されます。

けれども、知的障害が軽度で手帳を持っておらず、刑事の言葉の後半部分、更に「ね」を省略して「やったんだ」とオウム返したり、刑事から「君がやったんだね」と詰め寄られ、条件反射で「やりました」と反応したりしたら?もしかして、誤認逮捕されるかもしれません。

日本の福祉は自己申告制です。親が我が子の障害に気付いて積極的に動くことで取得できます。療育手帳が取れなくても受給者証などを取って福祉とつながり、発達の凸凹があることを第三者に知らせておくことが大切だと思いました。

李下に冠を正さず

警察官も痴漢と間違われないように“李下に冠を正さず”で、電車に乗るときは、手を上にしたり、自分の胸の辺りで組んでいたりするという話がありました。「疑われるようなことはあえてするな!」ということです。

「毛玉を取るのは自分とお母さんのニットだけにしよう」
「空いているバスの場合は知らない人と離れて座ろう」
「同じマンションに住む人にはマンション内では挨拶しても、外で知らない人には挨拶しないようにしよう」


など具体的に教えていかなくてはならない、と感じた警察の方を交えての交流会でした。

このコラムをかいた著者親子がモデルの本

発達障害に生まれて-自閉症児と母の17年
松永正訓
中央公論新社

このコラムをかいた人の著書

子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方
立石美津子
すばる舎
【自閉症とは】年齢別の症状の現れ方とは?0歳から成人期までの特徴を解説しますのタイトル画像

関連記事

【自閉症とは】年齢別の症状の現れ方とは?0歳から成人期までの特徴を解説します

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

立石美津子 さんが書いた記事

「15分前行動」へのこだわりで、時差通勤でも満員電車…!自閉症息子、諭すとパニック!社会人生活に必要な応用力はまだまだ課題で…のタイトル画像

「15分前行動」へのこだわりで、時差通勤でも満員電車…!自閉症息子、諭すとパニック!社会人生活に必要な応用力はまだまだ課題で…

息子は自閉症の特性と元々の真面目過ぎる性格で、どうでもよい忘れ物を電車を降りて自宅に取りに戻って来たり、相手の言ったことを字面通り受け取っ...
自分と家族のこと
3875 view
2020/04/01 更新
自閉症息子が初めて流した「別れの涙」――今まで感情を表さなかった息子の心の動きを感じた日のタイトル画像

自閉症息子が初めて流した「別れの涙」――今まで感情を表さなかった息子の心の動きを感じた日

息子は「これが好き、これが嫌だ」など「こうしたい」という意思をなかなか示しません。けれども、決められたスケジュールが変更になると不安になり...
自分と家族のこと
4181 view
2020/03/03 更新
上がる法定雇用率と低いままの理解度。「僕はダメ人間」自己否定し転職を繰り返す発達障害の青年を見て感じたことのタイトル画像

上がる法定雇用率と低いままの理解度。「僕はダメ人間」自己否定し転職を繰り返す発達障害の青年を見て感じたこと

以前、発達障害がある人の就労について取り上げたテレビ番組がありました。そこに映し出されたのは、「とりあえず、これやっておいて」「適当に並べ...
将来のこと
13576 view
2020/02/17 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。