「安易な嘘」は親子ゲーム談議で即バレる…!?目先の誘惑に勝てないASD息子とのイタチごっこ

2020/10/26 更新
「安易な嘘」は親子ゲーム談議で即バレる…!?目先の誘惑に勝てないASD息子とのイタチごっこのタイトル画像

コウは時々嘘をついたり誤魔化したりすることがあります。「宿題やったよ」「勝手にゲーム触ってないよ」などの小学生らしいコウの嘘は、詰めが甘いものばかり。

”その場しのぎ”で痛い目を見ることも分かっているのに「つい適当なこと言っちゃう」というコウの嘘について、試行錯誤している日々です。

丸山さとこさんのアイコン
丸山さとこ
8640 View

ゲームの話が楽しすぎて…

まだ親から借りたことのないゲームについて「苦労したなー」と話してしまったコウ
Upload By 丸山さとこ
コウは時々嘘をついたり誤魔化したりすることがあるのですが、詰めが甘くバレることも多いです。
というのも、コウがつく嘘は大抵が”その場しのぎ”のもので、計画性や「相手を信じ込ませるためのストーリー作り」というものがちっとも練られていない嘘ばかりなのです。

(私が気付いていないだけで、バレていない嘘もたくさんあるのだろうなと思います。)

「嘘をつく」のは高等技術?

ゲーム管理アプリを使っていることはコウも承知しているので、少し考えれば「やってないよ?」がバレることなど明らかなのですが、コウはそこまで考えることなく”今、都合の良い答え”をつるっと口から出しているようです。
「〇〇したよ!」「勝手に□□してないよ!」というコウの言葉を信じられない私の図
Upload By 丸山さとこ
そのため、”自分が知っていない筈のこと”や”相手に知られていない筈のこと”を調整することができず、「楽しくおしゃべりをしようとしていたら嘘の自白になっていた!」ということもしばしばです。

”他者視点”や”他者の信念”を理解しつつ衝動性をコントロールしなくては上手な嘘はつけないのだと考えると、「バレないように嘘をつく」という行為は結構高度な行いなのだなぁと思ったりします。

自己管理能力の低さを自覚する

コウも、「嘘をつくと、ろくなことにならないな…」ということ自体はよく分かっています。わが家は宿題をしていなくても「今からやりなさい」と言われるだけですし、ゲームも宿題や片づけが終わっていればOKです。
「ゲームの利用履歴はアプリで分かるのを知っているのに、なぜ安易な嘘を…?」「目の前にあると、つい…」
Upload By 丸山さとこ
「嘘をつかないと酷く叱られたり、やりたいことをやれなかったりする」という状況でもない上に、「嘘をつくと後々損をする」のですが、それでも『誘惑には勝てない』と言います。

「誘惑に勝てないのなら仕組みや人の力を借りた方が良いのでは?」と提案した結果、「お母さん(お父さん)、預かってください」と預かりをお願いするという形になりました。

子どもの世界を知るきっかけに

年齢が大きくなればなるほど親の声は届きにくくなりますし、トラブルの規模も大きくなりがちです。ゲームをすることで「目先の都合が良い安易な嘘をつくコウ」が今の内に露わになったのは、良いことだなと思います。
コウを眺めながら「ゆーてデジタルネイティブ世代やもんな…」と言う私に「せやな…」と夫
Upload By 丸山さとこ
とはいえ、今後親の側がどう対策しようが、コウの方が友人やネットなどから「すり抜ける方法」を学んでいくのだろうなと思います。長い間続くであろうイタチごっこに対し、親の側が早めに覚悟を決めておく時期なのかもしれません。

そうして「親の世界」と「子どもの世界」がどんどん離れていくであろう思春期に入りかけの今、ゲームという話題を通じてフラットに話せる時間があるのは、ありがたいことなのかもしれないな…と思うこの頃です。

自分が夢中なゲームや教室で流行っている動画などについてイキイキと話すコウを見ていると、「現役小学生の今」が少しだけ垣間見えるようで面白いなと感じます。
令和の小学生の言葉の中に、時々平成を感じる時もあって…?
Upload By 丸山さとこ
『令和の現代っ子だな~』と感じる話しぶりの中に時々現れる「ん?今またそれが流行ってるの?」という古いワードに謎を感じながら、今日も子どもとゲーム談義に花を咲かせる一家です。
自閉症の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめのタイトル画像

関連記事

自閉症の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめ

子どもの「トリセツ」をつくろう!チェックリスト、ワークで問題解決スキルの身につけ方までわかる。『自己理解力をアップ!自分のよさを引き出す33のワーク』【著者・高山先生インタビュー付】のタイトル画像

関連記事

子どもの「トリセツ」をつくろう!チェックリスト、ワークで問題解決スキルの身につけ方までわかる。『自己理解力をアップ!自分のよさを引き出す33のワーク』【著者・高山先生インタビュー付】

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

丸山さとこ さんが書いた記事

並べる、オウム返し、パニックも「性格」だと思っていた――母も当事者ゆえ気づけなかった息子の発達障害のタイトル画像

並べる、オウム返し、パニックも「性格」だと思っていた――母も当事者ゆえ気づけなかった息子の発達障害

幼児期のコウは”発達障害あるある”とされる行動をよくしていましたが、私は「発達障害がある可能性によるもの」とは考えずに「そういう性格なんだ...
発達障害のこと
9618 view
2021/11/18 更新
衝動性の高いASD息子。「ついやっちゃった」に親はどこまで介入すべき?薬の調整以外でできることは?ーー児童精神科医 三木先生に聞いてみた!のタイトル画像

衝動性の高いASD息子。「ついやっちゃった」に親はどこまで介入すべき?薬の調整以外でできることは?ーー児童精神科医 三木先生に聞いてみた!

ASD・ADHDの息子コウは、理屈では理解していることでも「ついやっちゃった」「何となく」と衝動性で動いてしまうことがしばしばあります。 ...
発達障害のこと
8563 view
2021/11/04 更新
ASDコウ、小6にして気づいた「約束」の重み。信頼されないと約束することも叶わなくてのタイトル画像

ASDコウ、小6にして気づいた「約束」の重み。信頼されないと約束することも叶わなくて

ゲームが大好きな息子のコウは、日々攻略本を読み込み動画サイトを視聴し、熱心に新しい技を練習しています。「動画撮ったよ!」とコウが自分のゲー...
遊び・お出かけ
13249 view
2021/10/20 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。