ちょっかいを出す放課後等デイの友達と娘。2人のやりとりで、中学時代の「ある後悔」を思い出して

2020/12/30 更新
ちょっかいを出す放課後等デイの友達と娘。2人のやりとりで、中学時代の「ある後悔」を思い出してのタイトル画像

広汎性発達障害の娘は小学4年生。現在、放課後等デイサービスに通っています。
そこで、いろいろな特性のある子と過ごしている娘。
そんな娘を見て、私は自分の中学時代の出来事を思い出しました。

SAKURAさんのアイコン
SAKURA
15901 View

放課後等デイサービス歴3年目。

広汎性発達障害の娘は、小学4年生。小学2年生から、放課後等デイサービスに通っています。

通い始めた当初は、娘と同じように特性のある子たちとの間で、トラブルもありました。
楽しい放課後等デイで友達トラブル!?広汎性発達障害の娘が「相手の気持ち」を学べた貴重なできごとのタイトル画像

関連記事

楽しい放課後等デイで友達トラブル!?広汎性発達障害の娘が「相手の気持ち」を学べた貴重なできごと

しかし娘も、もう通い始めて3年目。

お友達それぞれの特性も理解し、にぎやかな教室にも慣れて、楽しく過ごせるようになりました。
放課後等デイサービスで楽しく過ごす娘あーさん。
Upload By SAKURA

仲良くする方法がわからない子に対して、理解を示せるようになった娘。

放課後等デイサービス通う子の中に、娘のことを好きでいてくれる男の子がいます。

その子は、娘と仲良くしたい!という気持ちがあるのですが、その方法がわからず、娘を風船でポンポンと(軽く)叩いたり、大きい声で驚かせたりしています。
放課後等デイサービスに通う男の子が、あーさんのことを驚かせたり風船で叩いたりして関わろうとする。
Upload By SAKURA
最初のころは嫌がっていた娘ですが…
あーさんは放課後等デイサービスの先生から説明を受け、男の子が自分と仲良くしたいと思っていることを理解している。
Upload By SAKURA
先生から何度も説明され、その子の苦手をしっかり理解できるようになったのでした。

そのとき私は、自分が中学生のときのことを思い出しました

中学時代、特別支援学級にいた男の子のこと。

当時、私が通っていた中学校には、特別支援学級があり、さまざまな事情を抱えている子が在籍していました。
その中に、すれ違う子すれ違う子にじゃんけんを求める、中学2年生の男の子がいました。
母が中学生のとき、すれ違う人にじゃんけんを求める男の子がいた。
Upload By SAKURA
ある日、男の子が投げかける「じゃんけんぽん!」に偶然当たった私。
男の子とじゃんけんをする中学時代の母。
Upload By SAKURA
男の子のじゃんけんに応じると、男の子は大笑いして喜んでいました。

それからというもの、私を見かけると、その子はじゃんけんを求めてくるようになりました。
男の子とじゃんけんをする母。
Upload By SAKURA

じゃんけんから始まったことが…

「じゃんけんぐらい、なんでもない」と思った私は、毎回応じていました。

しかし…
だんだん男の子が距離をつめてくるようになり、私の髪の毛を引っ張るようになりました。

「痛い!やめて!」と言ったのですが、なかなか伝わらず、最終的にはじゃんけん自体がなくなり、私を見かけると走ってきて、ただ髪を引っ張ったり、頭を叩いたりしてくるようになりました。
男の子に髪を引っ張られたり叩かれたりする母。
Upload By SAKURA

私が原因かもしれない。

どんどんエスカレートしていく行動・・・。

当時いつも一緒に行動していた友達に、先生に相談することを勧められましたが、私は迷いましたそもそも私がじゃんけんに反応してしまったことがいけなかったんじゃないかと、思っていたからです。

当時の私の感覚としては、「目をつけられてしまった…」という感情が近かったと思います。
先生に相談するように友達に言われ、ためらう母。しかし、友達と男の子が揉めるようになる。
Upload By SAKURA
しばらくは我慢していたのですが、一緒にいた友達とも揉めるようになってしまったため、結局、特別支援学級の先生に相談することにしました
特別支援学級の先生に相談する母。
Upload By SAKURA
それから、先生はその男の子に付き添うようになり、私に向かって走ってこようとする男の子を制止してくれるようになりました
先生が男の子につきそうようになった。
Upload By SAKURA
それからしばらくすると、男の子は私を見かけてもそばに来なくなり、そのまま私は卒業しました。

あのとき、私がすべきだった行動。

もしかしたら…

娘の放課後等デイサービスの子と同じように、あの男の子も、私と仲良くしたいという気持ちがあったんじゃないだろうか…。

じゃんけんを返してもらえて嬉しかったから、もっと仲良くしたいと思ってくれていて…でも仲良くする方法がわからなくて、髪を引っ張ったり、頭を叩いたりしてしまったのではないだろうか。

そう思うと、私が特別支援学級の先生に相談して、急に私との接点がなくなってしまった男の子は、ショックな気持ちでいたのではないか。
ちょっかいを出す放課後等デイの友達と娘。2人のやりとりで、中学時代の「ある後悔」を思い出しての画像
Upload By SAKURA
当時の私には、そこまでの知識はなく、なんで急にこんなことをしてくるようになったのか…と思っていました。

娘が、放課後等デイサービスの子にしたように理解してあげて、放課後等デイサービスの先生が説明したようにちゃんと話せばよかったのか…
今でも後悔している出来事です。

あのときの男の子に、謝ることはできませんが、あのときできなかった行動を、今はしていきたいと思っています。
LITALICO発達ナビ無料会員は発達障害コラムが読み放題!
https://h-navi.jp/column

このコラムをかいた人の著書

うちの子、個性の塊です
SAKURA (著)
すばる舎
うちの子、個性の塊です
SAKURA (著)
すばる舎
発達障害とは?発達障害の分類・症状・特徴・診断方法はどのようなもの?のタイトル画像

関連記事

発達障害とは?発達障害の分類・症状・特徴・診断方法はどのようなもの?

休校あけの新学期、小4娘が家や放課後等デイで大号泣!「学校は楽しい」のになぜ?娘に必要だったのは…のタイトル画像

関連記事

休校あけの新学期、小4娘が家や放課後等デイで大号泣!「学校は楽しい」のになぜ?娘に必要だったのは…

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。