「ベタな視覚支援」、ASD息子が高学年になって急に効果が出始めた...?

2021/03/25 更新
「ベタな視覚支援」、ASD息子が高学年になって急に効果が出始めた...?のタイトル画像

具体的には”子どもそれぞれに合わせた形”で取り入れることを前提としつつ、「発達障害がある子どもに対しては視覚支援をすると良い」という話をよく聞きます。

そんな中、視覚支援があまり効果的ではなかったコウですが、ここ最近は”視覚支援の定番”のひとつが効くようになってきました。

丸山さとこさんのアイコン
丸山さとこ
19079 View

今一度「視覚支援」に取り組んでいるこのごろです

視覚支援の効かなかったコウでしたが、最近急にピタっとはまるようになってきました。
Upload By 丸山さとこ

発達障害と言えば視覚支援!というイメージでしたが…

「発達障害がある子どもに対しては視覚支援をすると良い」という話をよく聞きます。視覚優位なタイプの子であれば尚更”視覚支援は定石”くらいの感じで言われることも多いのではないかと思います。

具体的には”子どもそれぞれに合わせた形”で支援方法を取り入れることを前提としつつも「まずは視覚支援」という流れになりやすい療育の世界の中で、コウは視覚支援があまり効果的ではありませんでした。

「ルールを示すタイプの視覚支援」を無視するコウ

コウは、幼いころから今に至るまで”耳で聞いた話”を理解したり覚えたりすることが苦手です。

口頭での説明だけでは「え?何の話し?」「なんだったっけ…」と混乱することも多い彼ですが、文字やイラストを使って説明することで理解しやすくなります。これも視覚支援の方法のひとつで、これは幼児のころから有効でした。
テープを貼れば剥がし、やることの一覧は用意しても無視するコウでした。
Upload By 丸山さとこ
一方、ルールや手順を示すタイプの視覚支援は、4歳から9歳ごろまで全然効きませんでした。

コップを置く場所を示すためにテープを貼れば『ここには置きたくない』とはがし、手順を示すボードは(理解できるものの)無視し、やることを示したカードは全く興味を示しませんでした。

「コップはここにおいて」「次にやることはどれ?」などと声をかければ動くことはできたので、”絶対にやりたくないことなので抵抗していた”というわけではないようです。

当時のコウにとって、従いたくない視覚支援の内容は”無視をすればいいもの”だったのかもしれません。

ここにきて活躍する「ベタな視覚支援の方法」の数々!

そんなコウと視覚支援の関係でしたが、高学年になってから少しずつ「視覚支援がはまること」が増えてきました。
マスキングテープやビニールテープを使った支援が効くように!
Upload By 丸山さとこ
・触らないでほしいスイッチの上に「さわらない」と書いたマスキングテープを貼る

・「ここに置いてね」という場所をビニールテープで囲む

・「ここからこっちは物を置かないでね」と机の上にラインを引いて目印にする


そんな、”発達障害児への視覚支援”と聞いたときにスッとイメージされそうな「ベタな視覚支援」が、急に効くようになってきたのです。

どの支援方法が有効かは、やってみないと分からない

「ここは何色にする?」「目立つように黒がいいな!」とテープの色について話し合う私とコウ
Upload By 丸山さとこ
発達障害児への支援方法はいろいろありますが、どの支援方法が有効かは子どもによっても違うし、時期によっても違います。

文字にすれば凄く当たり前のことなのですが、ルールや手順を示す視覚支援に対して「理解はできるけど全力で無視する期間」の長かったコウが相手だったため、完全に”ダメでもともと”の気持ちでやってみた支援でした。

何色のテープをどう貼るかコウと相談しては、『意外だな~やってみるもんだな~』と不思議な気持ちでテープを貼っていく私でした。
道草、宿題後回し、ゲームがやめられない…発達障害あるある30事例掲載!専門家が提唱「魔法の杖とアイテム」で解決する方法がわかる『家庭で育てる 発達が気になる子の実行機能』のタイトル画像

関連記事

道草、宿題後回し、ゲームがやめられない…発達障害あるある30事例掲載!専門家が提唱「魔法の杖とアイテム」で解決する方法がわかる『家庭で育てる 発達が気になる子の実行機能』

困難に直面しても立ち直る力を育む!家庭・学校で使えるカード教材『「たすけて!」は生きぬくための合言葉 レジリエンスが育つ たすけ合い体感ゲーム』【著者・上島先生インタビュー付】のタイトル画像

関連記事

困難に直面しても立ち直る力を育む!家庭・学校で使えるカード教材『「たすけて!」は生きぬくための合言葉 レジリエンスが育つ たすけ合い体感ゲーム』【著者・上島先生インタビュー付】

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

丸山さとこ さんが書いた記事

並べる、オウム返し、パニックも「性格」だと思っていた――母も当事者ゆえ気づけなかった息子の発達障害のタイトル画像

並べる、オウム返し、パニックも「性格」だと思っていた――母も当事者ゆえ気づけなかった息子の発達障害

幼児期のコウは”発達障害あるある”とされる行動をよくしていましたが、私は「発達障害がある可能性によるもの」とは考えずに「そういう性格なんだ...
発達障害のこと
9389 view
2021/11/18 更新
衝動性の高いASD息子。「ついやっちゃった」に親はどこまで介入すべき?薬の調整以外でできることは?ーー児童精神科医 三木先生に聞いてみた!のタイトル画像

衝動性の高いASD息子。「ついやっちゃった」に親はどこまで介入すべき?薬の調整以外でできることは?ーー児童精神科医 三木先生に聞いてみた!

ASD・ADHDの息子コウは、理屈では理解していることでも「ついやっちゃった」「何となく」と衝動性で動いてしまうことがしばしばあります。 ...
発達障害のこと
7627 view
2021/11/04 更新
ASDコウ、小6にして気づいた「約束」の重み。信頼されないと約束することも叶わなくてのタイトル画像

ASDコウ、小6にして気づいた「約束」の重み。信頼されないと約束することも叶わなくて

ゲームが大好きな息子のコウは、日々攻略本を読み込み動画サイトを視聴し、熱心に新しい技を練習しています。「動画撮ったよ!」とコウが自分のゲー...
遊び・お出かけ
13161 view
2021/10/20 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。