自閉症息子の園生活、慣れたころには年度末…!場所見知り、人見知りで大号泣。トラブル続出の年少時代

2021/04/13 更新
自閉症息子の園生活、慣れたころには年度末…!場所見知り、人見知りで大号泣。トラブル続出の年少時代のタイトル画像

我が家の息子ほぺろうは この4月で保育園の年長さんになりました。そんなほぺろうも入園したてのころは定型発達の子どもたちに混ざっての園生活が予想通り困難で、母や先生たちの対策も追いつかないほど、癇癪を起こす日々を送っていました。困りごとは5歳になった今でも尽きませんが、その中でも抜粋して年少時代の様子を紹介していきます。

ぼさ子さんのアイコン
ぼさ子
13483 View

赤ちゃんよりも大変(ほぺろう当時3歳)。慣れるのに1年かかった母子分離

自閉症と知的障害のあるほぺろうは5歳の今でも発語なし。
そんなほぺろうが保育園に入園した当時は まだまだ癇癪が激しい時期で、園生活には不安しかありませんでした。

通常は「保育園は安全」「ママはちゃんと迎えに来る」と理解すると少しの期間で園に慣れていくものですが、自閉症のほぺろうは適応が苦手、また知的障害もあるため3歳だと言うのに「入園」の意味を全く理解していませんでした。そのために、場所見知り、人見知りも激しく、母子分離がなかなかできませんでした。同じ保育園に預けられている乳児クラスの赤ちゃんよりも大変だったのではないかと思うほどです。

結果、泣かずに当園できるようになったのは1年経った年中からでした。
母子分離しないほぺろう君
Upload By ぼさ子
ほぺろうは「加配希望」の為、専属の先生が付きっきりで面倒を見てくれました。
クラス活動中もほぺろうが癇癪を起こせば別室に連れて行き、落ち着くまで付き合ってくださったり、精神安定剤になるオモチャを自宅から持ち込ませてもらうという特例措置を取ってくださったりといろいろ対策を考えてくれました。

すぐに癇癪を起こすほぺろうは クラス活動の妨げになったり、先生を休む間もなく付き合わせたり、指示も通らないし、泣き声の爆音で園全体に迷惑を掛けていることは明らかでした。
覚悟しての入園とは言え、私は大変な罪悪感を持っていました。
精神安定剤であるジグソーパズルを遊ぶほぺろう君
Upload By ぼさ子

偏食がもたらす苦労

偏食が激しいほぺろう。食べられる食品は数えられるほどで、基本的に茶色いものしか受け付けません。

なので、せっかくの給食も食べてくれるものは少なく、そうなると空腹で余計に機嫌が悪くなっていました。
お腹が空いているせいでお昼寝もままならず、みんなが眠りたいのにギャーギャーと騒ぎ立てていただろうと想像できます。
空腹で期限が悪くなるほぺろう君
Upload By ぼさ子
あと、遠足の日は手づくりのお弁当なのですが、周りの子はみんなカラフルで可愛いお弁当なのに対し、ほぺろうだけ「茶色一色弁当」でチョット恥ずかしかったです。

園生活を助けてくれたのは、情報共有と動じない先生

入園するにあたり、私は「ほぺろうの特性・癇癪対策・発達クリニックでの診断」を記入したノートをつくって保育園の先生と情報共有しています。

最初は書くことがたくさんでノート作成が大変でしたが、「こうするとほぺろうが心を開きやすい」などの対策に保育園側も協力してくださったおかげで、ほぺろうも次第に加配の先生に懐くようになりました。
保育園で心を許せる大人ができたのはとても大きいことでした。
先生に懐くようになったほぺろう君
Upload By ぼさ子
こちらの保育園は障害児受け入れの経験が多い為か、ほぺろうの行動に対しても動じない先生たち。そのおかげで先生たちへの信頼は最初から持つことができていました。

私が良いなと思ったのは「ほぺろう君は“障害があるので“優しくしましょう」みたいな雰囲気がなかったこと。
甘えさせるのも叱るのも他の子と同じ!特別扱いがないからこそ周りの子も動じることなく ほぺろうに接してくれていたと感じます。

『人に頼る』ことを学んだおかげで年少時代を乗り切れた

最初のころは ほぺろうの扱いにくさに罪悪感いっぱいで、毎日先生に謝ってばかりいました。
でも、先生の懐の深さに甘えさせてもらっているうちに「母一人で解決しようとしてもどうにもならない。ほぺろうの育児は人の助けが必要」と割り切れるようになってきました。

それからは、ほぺろうの躾に躍起になるより『気持ち良く人の手を借りられるにはどうしたら良いか?』という意識になってきた気がします。ほぺろうが他の子より手を焼く事実は変わりませんが、先生や周りの方々には謝罪より『感謝』することの方が多くなりました。

保育園生活は、ほぺろうだけでなく私のことも成長させてくれています。
ほぺろう君の成長を感じられる日々
Upload By ぼさ子

ようやく母子分離に慣れてきたけど…

喋れないほぺろうの代わりに 毎日保育園でのできごとを話してくれる先生。
楽しいことも困りごともきちんと教えてくれる先生のおかげで、初期は罪悪感で緊張していたお迎え時間も、ときが経つごとに母のお楽しみタイムに。

入園したてのときと比べたら、私自身も大分、肝が据わってきたかも?と感じます。
母のビフォー・アフター
Upload By ぼさ子
ようやく慣れてきたと思ったら、もう年少の年度末になっていました。
進級による教室替え・加配の先生の担当替えの不安を抱えつつ、『年中さん編』を来月のコラムで紹介したいと思います。
登園渋り、トイレトレーニング、他害。先生への配慮の依頼は?「園生活の困りごと」体験談コラムまとめのタイトル画像

関連記事

登園渋り、トイレトレーニング、他害。先生への配慮の依頼は?「園生活の困りごと」体験談コラムまとめ

言語聴覚士が贈る「保育園・幼稚園のちょっと気になる子」ーー子どもの安心を増やす関わりが、保育者・保護者も幸せにする。中川信子先生著のタイトル画像

関連記事

言語聴覚士が贈る「保育園・幼稚園のちょっと気になる子」ーー子どもの安心を増やす関わりが、保育者・保護者も幸せにする。中川信子先生著

発達が気になる子どもの保育園や幼稚園での「加配制度」とは?障害児保育や小学校以降のサポートについても解説。児童発達支援や保育所等訪問まで【サポート情報まとめ】のタイトル画像

関連記事

発達が気になる子どもの保育園や幼稚園での「加配制度」とは?障害児保育や小学校以降のサポートについても解説。児童発達支援や保育所等訪問まで【サポート情報まとめ】

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

ぼさ子 さんが書いた記事

3歳で診断、実母に報告すると「1歳半で自閉症だと思ってた」!気を遣って指摘できなかったと知り…のタイトル画像

3歳で診断、実母に報告すると「1歳半で自閉症だと思ってた」!気を遣って指摘できなかったと知り…

私はほぺろう以上に癇癪の激しい子を見たことがありません。ほかにもクルクル回り続けたりクレーンで要求したり…今思うともっと小さなころからほぺ...
発達障害のこと
187997 view
2021/11/22 更新
自閉症息子の激しすぎる癇癪に、母は迷走!声がけ、テレビ断ち、食生活変更。でも何より必要だったのは…のタイトル画像

自閉症息子の激しすぎる癇癪に、母は迷走!声がけ、テレビ断ち、食生活変更。でも何より必要だったのは…

2歳を過ぎたころからほぺろうの癇癪が激しくなり始め、さすがに様子がおかしいと思いつつもまだ発達障害の可能性を信じたくなかった私。なんとか癇...
発達障害のこと
31450 view
2021/10/22 更新
6歳、自閉症、まだ言葉は話せないけれど。絵本の読み聞かせで確かに育まれる、息子の豊かな世界のタイトル画像

6歳、自閉症、まだ言葉は話せないけれど。絵本の読み聞かせで確かに育まれる、息子の豊かな世界

わが家の息子ほぺろうは絵本が大大大好き!隙あらばいつでも絵本を持ってきては「読んで」とアピール。何度も何度も読み聞かせをおねだりしてきます...
発語・コミュニケーション
14220 view
2021/10/02 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。