集団行動についていけない娘を助けたのは…?発達障害の娘に持たせた手づくりアイテム

2021/04/14 更新
集団行動についていけない娘を助けたのは…?発達障害の娘に持たせた手づくりアイテムのタイトル画像

広汎性発達障害の娘は、現在小学5年生。
小さいころは言葉のコミュニケーションが苦手で、言葉でなかなか伝わらないときは、絵カードをよく活用していました。そんな娘は幼稚園生活で、先生からの言葉での指示を理解できないことがあり...

SAKURAさんのアイコン
SAKURA
13868 View

注意するときは、絵カードで。

広汎性発達障害の娘は、現在小学5年生。
小さいころは言葉のコミュニケーションが苦手で、言葉でなかなか伝わらないときは絵カードをよく活用していました。

3歳~4歳ぐらいのころは、買い物に行くとき、スーパーに入る前に…
絵カードを見せて約束を確認
Upload By SAKURA
『お菓子は、買いません』『ママから離れません』『走りません』
の絵カードを見せてから、中に入るようにしていました。


視覚優位な娘は、言葉で説明するより、絵で見せる方が理解も早く、しっかり守ることもできました。

そんな娘が、幼稚園に通っているときのお話です。

先生の指示に、反応できない。

幼稚園に娘のお迎えに行ったとき、先生から、

「おやつ、着替え、移動などの声かけ時に、一人、その場から動かず、みんなが移動した後に、先生が迎えに行ったり、お友達から手を引かれて行動したりしている…」

という話を聞きました。
先生からの「今日のおやつは外で食べます。靴を履いて園庭に出てください」という指示で一斉に動くクラスメイト。あーさんは1人でぽつんとしており、先生が個別に声かけをする。
Upload By SAKURA
娘は、先生のいうことを無視していたわけではなく、先生が言ったことの意味がわからなかったのでしょう。

みんなが動いたら、一緒に動く…という周りの行動を見て考えることも苦手だったので、どうしていいかわからず、その場に残っていたのだと思います。

娘の特性がわかっている私には想定内だったのですが、園の中では、やはり一人先生の言うことを聞かない子として映ります。私はそのことで、娘が周りに輪を乱すと思われたり、孤立したりしてしまうことが心配でした。

絵カードをつくり、持たせてみた。

私たちは、幼稚園に入園するときに、言葉でのコミュニケーションが苦手なこと、絵で描くとわかりやすいことは伝えていたのですが…
配慮を園にお願いしづらいと感じる母。絵カードを自分でつくることに。つくったカードは幼稚園カバンに入れた。
Upload By SAKURA
娘一人のために、『絵を描いて説明してください』というのは、なかなか言いづらい…。

そこで私は、先生から聞いた話から、園生活の1日の中で指示されるだろう言葉を絵にしたカードをつくり、娘のリュックの中に入れました。

使われた様子はなし…

翌日、早速先生に、絵カードのことを説明しました。

しかし数日経っても、使ってみたという報告はない…。
先生に絵カードをカバンに入れたことを伝える母。数日経っても、使われた形跡はない。
Upload By SAKURA
出過ぎた真似だっただろうか…
使ったかどうか確認したり、何度もお願いしたりするのも気が引ける…
先生も忙しいから、わざわざ見せる時間がないよね…

と自分を納得させ、そのままリュックの中に入れ続けました。

いつの間にか、娘が…

しばらくすると、娘がリュックの中のカードに気がつきました。

当時、少しずつしゃべれるようになっていたこともあって、自分でカードを見ながら、一つひとつ確認するようになりました。
絵カードを自分で確認する娘
Upload By SAKURA
それ以降、先生の指示に固まっているという幼稚園からの報告はなく、どうなったのかなと気になりつつ、そのままにしていました。

遅れてはいるけれど、先生からの指示に反応できるように!

それからしばらく経ったころ、幼稚園に早めに迎えに行き、帰りの会をいつもより長い時間みていると…
「手を洗って」「水筒飲んで」などの指示に反応して動く娘に感動
Upload By SAKURA
先生の指示にワンテンポ遅れるものの、なんとかついていこうとしている娘の姿を見ることができました。
園でカードを使用してもらった訳ではありませんでしたが、つくったカードを見てことばを確認していたことで、娘自身がその言葉に反応できるようになっていたようでした。

意図せぬところで、効果を発揮した絵カード。

私の場合、先生が使うことはありませんでしたが、言葉での指示を聞くのが苦手だという子は、絵カードを持参していくのもいいかも!

わが家のように、意外なところで効果を発揮するかもしれません。

このコラムをかいた人の著書

うちの子、個性の塊です
SAKURA (著)
すばる舎
うちの子、個性の塊です
SAKURA (著)
すばる舎
登園渋り、トイレトレーニング、他害。先生への配慮の依頼は?「園生活の困りごと」体験談コラムまとめのタイトル画像

関連記事

登園渋り、トイレトレーニング、他害。先生への配慮の依頼は?「園生活の困りごと」体験談コラムまとめ

発達障害の特徴・症状・分類や、発達障害の診断方法を解説!のタイトル画像

関連記事

発達障害の特徴・症状・分類や、発達障害の診断方法を解説!

5歳になっても「さしすせそ」が言えない!地道な言語訓練にメゲそうになった矢先…のタイトル画像

関連記事

5歳になっても「さしすせそ」が言えない!地道な言語訓練にメゲそうになった矢先…

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。