自閉症息子はどこに住む?一人暮らし、それともグループホーム?焦る「親なきあと」問題―ー保護者が元気なうちに準備が必要…!?

2021/05/01 更新
自閉症息子はどこに住む?一人暮らし、それともグループホーム?焦る「親なきあと」問題―ー保護者が元気なうちに準備が必要…!?のタイトル画像

人生100年時代、学校選びや卒業後の進路などは保護者の目が届くうちに起こることなので、私は「そのときになれば何とかなるだろう」と楽観視していました。けれども親なきあと、わが子が暮らしていく場所については、保護者が元気なうちから考えておかなくてはなりません。

立石美津子さんのアイコン
立石美津子
2868 View

親なきあと、障害がある子はどこに住む?

以前、手をつなぐ親の会主催の「障害のある人の住まいと暮らし方」の研修会に参加しました。講師は親なきあと相談室主宰の渡部伸先生と住宅メーカーの方でした。

障害のある場合でも、知的遅れがない場合は一人暮らしもできるでしょう。でも、保護者ではない人の世話にならないと暮らしていけない子どもの場合、まず浮かぶのがグループホームです。勉強会では、障害がある人向けのグループホームについて学ぶことができました。最近は、さまざまなタイプがあるようです。

さまざまなタイプがある、グループホーム

一言でグループホームと言っても…

・日中サービス支援型
・サテライト型
・共生型
・親子で住める有料老人ホーム
・サポートがつくシェアハウス
・集団生活が難しい人の「サ障住」
・重度訪問介護で24時間支援を確保

など時代の流れと共に選択肢が広がってきているようです。

さらに最近では大手住宅メーカーが、土地や空き家を持っている大家さんに働きかけ、たくさんのグループホームを作っているようです。これを「建て貸し方式」と呼びます。

運営するのはメーカーではありませんので、世話人の手配をする社会福祉法人など運営法人とのマッチングも行っているそうです。
少子化で人口が減り、空き家や土地があまる中、障害者用住宅はきっと需要があるのでしょう。

型にはまった共同生活のイメージは捨てよう

いわゆる共同生活のグループホーム、保護者は安心かもしれませんが、もしかして子どもは窮屈かもしれません。

私も、こんな風に考えたり悩んだりしていました。
「障害者だから将来はグループホームへ…という型にはまった考え方は果たして良いのだろうか…?」
「自閉症のある息子は他人と暮すことを望まないかもしれない」
「一人の方が気が楽かもしれない」
「居住者との人間関係が悪化したら、どうしたらいいんだろう」
「世話人が虐待するような人だったら、どうしよう」
「世話人が社会福祉法人の人でマンションの一階の一室に住んでいて、食事の準備など困った時には助けてくれ、他の部室は独立した鍵つきの住まいだったら、いいかもしれない」

あれこれと思うようになりはじめたとき、さまざまな選択肢があるという情報を得ることができ、とてもタイムリーな研修会でした。

慌てるのは禁物

2年ほど前、息子が特別支援学校を卒業するころ、

「就労については私が元気で生きている間に起こることなので何とかできる。でも、住まいのことは親なきあとのこと。私が死ぬ間際になりヨボヨボになってから動くことは不可能だ」と思いました。そして、「保護者が若いうちになんとか準備しなくては!」と思いました。
洗濯物を干す息子
Upload By 立石美津子
別の勉強会では、講師から、25歳独立説で「障害者だからこそ、25歳になったら家を出すように。親が死ぬと同時に住む環境もいきなり変わるのは、ダブルパンチになり本人にとっては最もよくない」という話を聞き、あせりました。

時間経過とともにさまざまな選択肢が出てきました。元気なうちから検討することはとても大切ですが、あせりすぎず、わが子に合う場所をじっくり考えることも大切だと思います。
筆者と息子
Upload By 立石美津子

このコラムの著者親子がモデルの本

発達障害に生まれて-自閉症児と母の17年
松永正訓
中央公論新社

このコラムを書いた人の著書

子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方
立石美津子
すばる舎
発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。