きょうだい児の娘が自閉症兄から「誤学習」の可能性?医師の言葉に不安と焦りが押し寄せて

2021/05/20 更新
きょうだい児の娘が自閉症兄から「誤学習」の可能性?医師の言葉に不安と焦りが押し寄せてのタイトル画像

知的障害を伴う自閉症スペクトラムの息子(3歳11ヶ月)には
妹(2歳1ヶ月)がいます。
産まれる前から悩んでいた〝きょうだい児〟についてのこと。成長するにつれて悩みも増えてきました。

かさはらあやこさんのアイコン
かさはらあやこ
16000 View

考えないわけにはいかない、「きょうだい児」の妹のこと

ずっと、きょうだい児について悩んでいる母
Upload By かさはらあやこ
障害や病気がある子の兄弟姉妹のことを〝きょうだい児〟といいます。
私がこの言葉を知ったのは 自閉症について調べるようになってからなので、一般的にみるとたぶん知らない人の方が圧倒的に多いだろうし、当事者の気持ちになって考えることなど身近にいない限りはないと思います。

そして自閉症育児に奮闘しているわたしが、きょうだい児について悩んでいると言ったら、周囲の人はきっとこういいます。

まだ小さいのに考えすぎ
大丈夫
育て方次第


そう、そうかもしれない。
でも、考えないわけにはいかないのです。

兄に手がかかって我慢を強いてしまうのではないか。
しつけが不平等になってしまうのではないか。
好きな人と結婚できないのではないか。
この先に感じるであろう疑問や将来への不安に、しっかり耳を傾けてあげられるだろうか。

食事中に首をひたすら振る兄をみて喜んで笑いながら真似をする。
突然泣き叫んで酷い癇癪を起こす兄を不思議そうにみつめる。
おもちゃを奪い合った後にこちらに視線を投げてくる…。

そんな娘に、なんと声をかけてあげればいいのか、どうやって接していけばいいのか、ずっとずっと悩んできました。

医者から言われた「誤学習をする可能性がある」

病院で「誤学習をする可能性がある」と言われ、大きな焦りを感じた母
Upload By かさはらあやこ
娘が1歳になったばかりのころ、息子の通院している病院で、娘について「みたところ発達が非常に良いので、早く集団に入れたほうがいい。誤学習をする可能性がある」と言われました。

兄の真似をして首を振ったり、兄が食事を口に運んでもらう様子をみて自分で食べなくなったり、〝誤学習〟に心当たりがあったわたしは、とても焦りました(その日のうちに某幼児教材を契約したくらい焦りました)。

翌日に児童発達支援の先生が、「私はそれを誤学習だとは思わない」とはっきり言ってくださったため、モヤモヤした気持ちは打ち消すことができましたが、医者からの「誤学習」という強いワードは心の中から消えることがなく、いまも、ことあるごとに脅かされています。

妹が保育園でお友達を押してしまった。押し寄せる不安

長男と長女になんと声をかけるべきなのか、悩む母
Upload By かさはらあやこ
4月から保育園に入園。慣らし保育が終わって少し落ち着いたころ、妹がお友達に対して「だめ!やだ!」と言ったり、ときには手が出て、押してしまったりする案件が発生。

家で遊んでいるとき、兄におもちゃを奪われることが多い妹は、大きな声を出して抵抗し、奪い返しに行きます。兄も、こだわりのあるおもちゃであれば何度でも奪いに行き、奪い奪われ癇癪を起こし、妹は大声で泣く。

そんなことが目の前で起こっているとき、両者にどう声を掛けていいのかわからず、ただ呆然と見ているしかない状態で、こちらに余裕がないときは特に、息子に癇癪を起こされては困ると、「いっちゃんはいいの!」と兄を庇うこともあり…。

そのせいで、「だめ!いいの!」と、娘も混乱しているような言葉を発しながら、おもちゃを奪うようになってしまいました。

私が母親だから、兄が自閉症だから、というような家庭環境のせいで、このまま娘が保育園という社会の中で、横暴な振る舞いをするようになったらどうしよう。

どうしよう。
どうしたらいいんだろう。


そんな気持ちが一気に押し寄せてきて、涙が止まりませんでした。

きっと正解なんてない。関わってくれる人たちと一緒に

ひとりで抱え込まずに、悩みとうまう付き合っていきたいと思う母
Upload By かさはらあやこ
すぐに保育園の担任の先生に相談し、それから児童発達支援の先生方にも相談。
先生方はすぐに時間を割き、真剣に話を聞いてくれました。

そして、いま私が悩んでいる娘の行動は問題行動ではなく、年齢的には相応しい2歳児の遊びであり、コミュニケーションの取りにくい兄とのやり取りの一つであること。物を取られるかもしれないという不安感をなくすため、取られても戻ってくる見通しを持たせる遊びを取り入れて、物の永続性を学習させる。家庭でのルールを少し緩和する(兄によしとすることを妹にもよしとする)。

など〝私に対しての〟具体的なアドバイスをくれました。(先生方、本当にありがとうございました!!)

〝きょうだい児〟の問題に関しては、同じように悩んでいるひとたちが数多く存在すると思います。
沢山いるはずなのに、〝きょうだい児・喧嘩・正しい声の掛け方〟と検索しても、欲しい答えは見つかりません。


どう声をかけたらいいのか。
どう接したらいいのか。
正解なんてないのだと思います。

だから、

・聞いてもらう
・色々な人の意見を聞いて考える
・いまはやりすごす(成長を待つ)
・目を瞑ってなんとか乗り越える
・一人で悩みすぎない


そんなことが必要なのだと思いました。

そして、この問題に関しては、成長と共に悩みの種類も変化し、一生悩みは尽きない気がします。自分ひとりで抱え込むのではなく、関わってくれている人たちみんなに育ててもらうつもりで悩みとうまく付き合っていかなくてはと思います。
LITALICO発達ナビ無料会員は発達障害コラムが読み放題!
https://h-navi.jp/column
家族で考えたい「きょうだい児」支援。成人した当事者に聞く、きょうだいや親との関わりで感じていたこと【講演ルポ】のタイトル画像

関連記事

家族で考えたい「きょうだい児」支援。成人した当事者に聞く、きょうだいや親との関わりで感じていたこと【講演ルポ】

【発達障害 子育て】双子の兄は自閉症。きょうだい児に強いてきたがまんに気づいた、いちばん反省した日のタイトル画像

関連記事

【発達障害 子育て】双子の兄は自閉症。きょうだい児に強いてきたがまんに気づいた、いちばん反省した日

弟からの言葉に傷つく発達障害の娘、変化する関係性ーーきょうだい児も我慢させたくない!それぞれとの向き合い方のタイトル画像

関連記事

弟からの言葉に傷つく発達障害の娘、変化する関係性ーーきょうだい児も我慢させたくない!それぞれとの向き合い方

「お姉ちゃんには障害があるの?」自閉症の子のきょうだい児の成長に、願うことのタイトル画像

関連記事

「お姉ちゃんには障害があるの?」自閉症の子のきょうだい児の成長に、願うこと

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。