失敗に凹むASD息子を励ましたら「前はもっとダメだったの?」と衝撃を受け…さすがだった夫の声かけ

2021/07/05 更新
失敗に凹むASD息子を励ましたら「前はもっとダメだったの?」と衝撃を受け…さすがだった夫の声かけのタイトル画像

ある日のこと。できたと思っていた片づけのやり忘れに気づいたコウは、「最近の僕はダメだ。どんどんダメになっていってる…」と凹んでいました。

『最近のコウは以前に比べれば大分しっかりしている』と感じていた私と夫がそれを伝えたところ、彼は「以前の僕はもっとダメだったってこと!?」と衝撃を受けたそうで…?

丸山さとこさんのアイコン
丸山さとこ
10897 View

「最近ダメになってきた」と言うけれど…?

最近ダメになってきたと思っていたのに…両親から「以前よりいいよ?」と言われてショックなコウ!
Upload By 丸山さとこ

「今でもこんなにダメなのに!?」

何をどう言っても大人の言葉をスルーすることに定評のあるコウです。

一歩引いたところからコウを見ている祖母にまで「賽の河原の石積」「のれんに腕押し」「刺さらない」と評される彼の”大人からの指摘”に対するスタンスは、物心がついたころから一貫していました。

そんなコウですが、先日ランドセルを片づけて「完璧だよ」と宣言したあとで溜め込んでいた給食袋を見つけたのをきっかけに「最近の僕はダメだ。どんどんダメになっていってる…」と凹むことがありました。

それを聞いた私と夫の頭上にはハテナマークが浮かびました。最近のコウは、以前に比べれば大分しっかりしていると感じていたからです。夫がそれを伝えると、彼は「え?今でもダメなのに、前はもっとダメだったってこと?」と目を丸くしました。

凹むコウに夫がかけた言葉

後悔が止まらないコウに、優しく静かに声をかけた夫

「前からそうだったなんて知らなかった」と言うコウに「前からそう伝えていたよ。成長してそれに気がつくようになったんだろうね」と私と夫が返すと、
「何で早く気がつかなかったんだろう…そのときに気がついていれば、今頃もっとマシだったかもしれないのに…」
と落ち込んで涙ぐみ始めました。

「今ここで声をかけたら凹んでケロリの定番パターンで終わりそうだな…」と迷う私
Upload By 丸山さとこ
「大人になってから気づくこともある。今気づいたのは運がいいと思うよ」と話しつつそんなコウを見ていた私は、『今ここで声をかけたら”凹んでケロリ”の定番パターンで終わってしまいそうだな』と感じて、どう声をかけたものか…と固まってしまいました。
せめてコウの自省の邪魔にならないようにと思い静かに見守っていたとき、夫が優しくそっとコウに声をかけました。

「これからやっていけるといいね。ひとつひとつやっていこう」

特別なセリフというわけでもないシンプルなその言葉は、不思議とその場の空気にスーッとしみていきました。
「これからやっていけるといいね」と優しくコウに語りかける夫
Upload By 丸山さとこ
後悔と凹む気持ちだけがただひたすら続きそうになっていたコウは、夫の言葉を聞いて「そうだね」と落ち着いて答え、涙をふいて宿題に取り掛かることができました。

『私も同じようなことがあったなぁ』とよみがえる記憶

そんなコウと夫の姿を見ていた私は、自分もかつて同じような状況で夫に救われたことがあったのを思い出しました。
夫とコウのやりとりを見ていて「自分にも似たようなことがあったなぁ…」と思い出す私
Upload By 丸山さとこ
もし慰めの言葉として「そんなことないよ」と言われたとしたら『全然私の話が伝わっていない』と絶望していただろうと思うくらいに、そのときの私は落ち込んでいました。そんな私の心にも、夫の「これからだよ」はストンと入ってきました。

普段人にも自分にも厳しい夫だからこそ、穏やかに伝えた「これからだよ」が説得力を持って響いたのかもしれません。

『客観的に見た自分』の姿に凹むことはあるけれど

自分自身を俯瞰して見ることが苦手なコウですが、年齢が進むにつれて「自分って今こういう感じだな」と言うことが増えてきました。

同年代の子どもに比べるとゆっくりではありますし、その視点は大分独特なものだったりもしますが、彼なりに自分を客観的に捉えようとしているのだなと感じています。

自分を客観的に見ることで得られる発見の中にはうれしくないものもあり、そんなときコウは「今までずーっとそうだったのに、自然にそうなっちゃうのに、到底変われる気がしない…」と凹んだりパニックになったりします。
気持ちを立て直した後、いつもより何だか少し大人びて見えたコウ
Upload By 丸山さとこ
今までは私が声をかけることや時間が過ぎることで気持ちを立て直すことが殆だったコウでしたが、夫の言葉で落ち着いて前を向いた彼を見て『夫の伝える「これからだよ」もコウの中に残ってくれるといいな』と感じた学校帰りのできごとでした。
LITALICO発達ナビ無料会員は発達障害コラムが読み放題!
https://h-navi.jp/column
「ベタな視覚支援」、ASD息子が高学年になって急に効果が出始めた...?のタイトル画像

関連記事

「ベタな視覚支援」、ASD息子が高学年になって急に効果が出始めた...?

白黒思考のむっくん、叱られると褒められたことまでゼロになる…!頑張りを見える化するお手伝いシステムのタイトル画像

関連記事

白黒思考のむっくん、叱られると褒められたことまでゼロになる…!頑張りを見える化するお手伝いシステム

【自閉症とは】発達段階で現れる特徴について解説しますのタイトル画像

関連記事

【自閉症とは】発達段階で現れる特徴について解説します

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

丸山さとこ さんが書いた記事

並べる、オウム返し、パニックも「性格」だと思っていた――母も当事者ゆえ気づけなかった息子の発達障害のタイトル画像

並べる、オウム返し、パニックも「性格」だと思っていた――母も当事者ゆえ気づけなかった息子の発達障害

幼児期のコウは”発達障害あるある”とされる行動をよくしていましたが、私は「発達障害がある可能性によるもの」とは考えずに「そういう性格なんだ...
発達障害のこと
9617 view
2021/11/18 更新
衝動性の高いASD息子。「ついやっちゃった」に親はどこまで介入すべき?薬の調整以外でできることは?ーー児童精神科医 三木先生に聞いてみた!のタイトル画像

衝動性の高いASD息子。「ついやっちゃった」に親はどこまで介入すべき?薬の調整以外でできることは?ーー児童精神科医 三木先生に聞いてみた!

ASD・ADHDの息子コウは、理屈では理解していることでも「ついやっちゃった」「何となく」と衝動性で動いてしまうことがしばしばあります。 ...
発達障害のこと
8563 view
2021/11/04 更新
ASDコウ、小6にして気づいた「約束」の重み。信頼されないと約束することも叶わなくてのタイトル画像

ASDコウ、小6にして気づいた「約束」の重み。信頼されないと約束することも叶わなくて

ゲームが大好きな息子のコウは、日々攻略本を読み込み動画サイトを視聴し、熱心に新しい技を練習しています。「動画撮ったよ!」とコウが自分のゲー...
遊び・お出かけ
13249 view
2021/10/20 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。