ダウン症のある友人のために立ち上がったある高校生の話ーー3月19日「バディウォーク東京」開催を前に

2022/03/11 更新

今年もバディウォーク東京が開催される。初開催から10年目のアニバーサリーイヤーだ。
2012年、NPO法人アクセプションズがスタートしたバディウォーク東京は、ダウン症への理解と受容、社会的な平等を促進するチャリティイベント。そんなバディウォーク東京という体験を通じて、ある行動を起こした高校生のエピソードを紹介したい。

黒木 聖吾
1938 View
監修者井上雅彦のアイコン
監修: 井上雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授
LITALICO研究所 客員研究員
応用行動分析学をベースにエビデンスに基づく臨床心理学を目指し活動。対象は主に自閉症や発達障害のある人たちとその家族で、支援のための様々なプログラムを開発している。

バディウォーク東京

2019年バディウォーク東京(渋谷)
2019年バディウォーク東京(渋谷)
Upload By 黒木 聖吾
今年もバディウォーク東京が開催される。初開催から10年目のアニバーサリーイヤーだ。

2012年、NPO法人アクセプションズがスタートしたバディウォーク東京は、ダウン症への理解と受容、社会的な平等を促進するチャリティイベント。

開始当初からダウン症のある当事者とその家族だけではなく、さまざまな企業や学生などのサポートを受け、ダウン症をキーワードに参加者全員が楽しむイベントだった。現在のバディウォーク東京はNPO法人SUPLIFEが主催し、規模も広がり、より多くのサポーターが参加して、インクルージョンな1日を楽しむ素晴らしいイベントに成長した。

そんなバディウォーク東京という体験を通じて、ある行動を起こした高校生のエピソードを紹介したい。

ある高校生の決意

「次のフリードレスデイをわたしに企画させてください。ダウン症のある人たちを理解するイベントにしたいんです」

高校1年生のエレナは自分の通う学校の校長先生をじっと見据え、こう切り出した。これから校長先生を前に、たった一人でプレゼンテーションをしなければならない。こんなに大胆な行動を自分が起こせるなんて、少し前までは考えてもみなかった。緊張する。でも、「大事な友人」のために勇気を振り絞る決意は変わらなかった。

フリードレスデイとは、エレナの通うインターナショナルスクールで月に2回行われるチャリティイベント。生徒たちが自ら社会課題をテーマに選び、それに合わせた色や形の私服を着て登校し、校内で募金活動をする。

エレナはこのフリードレスデイで、ダウン症を理解するための「バディウォーク・フリードレスデイ」を企画したいと考えた。バディウォークとは、自分も参加したことのあるダウン症啓発のためのウォーキングイベントの名前で、1995年からアメリカで開催されるようになり、2012年から東京でも開催されるようになった。

エレナの考えた企画では、このバディウォーク東京のイメージカラーである「黄色、青色、オレンジ色」の服を生徒たちに着てきてもらい、ダウン症とは何か、どんな人たちで、わたしにできることはどんなことなのか、そういったことをみんなに知ってもらおうと思った。
校長先生へのプレゼン資料。「ダウン症とはなにか」「バディウォーク東京」「わたしたちに何ができるのか」について記されている
校長先生へのプレゼン資料。「ダウン症とはなにか」「バディウォーク東京」「わたしたちに何ができるのか」について記されている
Upload By 黒木 聖吾
しかし、新しいフリードレスデイを企画するのは、校内行事といえども簡単なことではなかった。
これまでのフリードレスデイは「東北大震災支援」や「がん患者支援」「ホームレス支援」といったテーマで、長年ずっと変わらずに開催されてきていて、新しいテーマが提案されること自体が珍しい。

そのうえ企画申請の手順は社会人さながらの難しさで、校長先生へのプレゼンテーション、生徒全体への趣旨説明、ニュースレターの送信など多岐にわたった。単なる思いつきでできることではない。

「それでも成し遂げたい、ダウン症のある友人ナナのために」

エレナはふうっと深呼吸してから、校長先生へのプレゼンテーションをはじめた。
インタビュー中のエレナ
インタビュー中のエレナ
Upload By 黒木 聖吾

ダウン症のある友人ナナ

2015年の家族旅行、右が10歳のエレナ、左が7歳のナナ
2015年の家族旅行、右が10歳のエレナ、左が7歳のナナ
Upload By 黒木 聖吾
ナナとの出会いは、エレナが7歳、ナナが4歳のときだった。母親同士が友人だったことから、ナナとは小さいころからよく遊ぶ仲良しで、いっしょに旅行にいったり、テニスで遊んだりもした。友人であるナナにダウン症があることは知っていたが、楽しい時間を過ごすのに、ダウン症であることはまったく関係なかった。

だから2014年、エレナが9歳のときに初めてバディウォーク東京に参加したときも、ダウン症に関するイベントだとはまったく思わず、たんに3歳年下の小さな「ナナ」といっしょにウォーキングをする楽しいイベント、ぐらいにしか思っていなかった。お揃いの旗を振って歩いたり、楽しい音楽に合わせて口ずさんだり、風に乗ってたくさんのシャボン玉が飛んでいくのを見て、二人とも楽しくてしかたがなかった。

それから毎年のようにエレナは、渋谷や新宿で開催されたバディウォーク東京に参加した。年齢と共に、これがダウン症の啓発活動で、参加者が街中を歩くことでダウン症の理解につながるのだと分かり、少しずつ意識が変わっていった。

そして2020年、決定的にエレナを変える出来事が起こる。

新型コロナ感染症の流行。

それまで普通に遊んでいたナナと、会えなくなったことに気がついた。学校の同級生とは毎日のようにSNSでやりとりしていたが、リアルなコミュニケーションを主としていたナナとは、コロナの流行を境に会うことがなくなってしまった。

ナナはコロナに罹っていないだろうか? 

ニュースでは基礎疾患のある人は重症化しやすいと言っているけど、ダウン症のある子はどうなんだろう?

急にナナが遠い存在になってしまったようで、動揺した。わたしはナナについて何も知らなかったんじゃないか、と。

わたしにできることは何か。行動を起こした高校生エレナ

2021年、高校1年生になったエレナは二つの行動を起こした。

まずは、渋谷で開催されたバディウォーク東京に、ボランティアスタッフとして参加すること。これまでのように「お客さん」の一人ではなく、運営するほうに参加したかったのだ。
2021年バディウォーク東京(渋谷)のナナとエレナ
2021年バディウォーク東京(渋谷)のナナとエレナ
Upload By 黒木 聖吾
二つめが、冒頭に紹介した「バディウォーク・ドレスデイ」だ。

プレゼンテーションのための準備や活動はまだ1年生のエレナにとって大変だったが、いつのまにか親しい友人だけでなく、知らない生徒たちもエレナのサポートに加わってくれるようになった。ハンディキャップのある生徒がいないこの学校で、はたして理解してもらえるだろうかと初めのうちは心配していたが、自分が行動を起こしたことで、協力と理解の輪が広がっていくことに今まで感じたことのない感動を覚えた。
全校生徒へのニュースレター。ダウン症のある友人ナナを紹介している
全校生徒へのニュースレター。ダウン症のある友人ナナを紹介している
Upload By 黒木 聖吾
エレナや仲間たちの努力が実り、いよいよ「バディウォーク・フリードレスデイ」当日を迎えた。

「幼稚園から高校生まで、多くの人が黄色、青色、オレンジ色を着てきてくれ、うれしさのあまり涙があふれました」

エレナは当日の感動をそう振り返る。「バディウォーク・フリードレスデイ」は想像以上の大成功を収めた。幼稚園から高校生まで多くの生徒たちがテーマカラーの服を身にまとい、募金に協力してくれたばかりでなく、「ダウン症について今回のイベントで初めて知ったよ」「バディウォークについてもっと知りたい」とたくさんの生徒が声をかけてくれた。

エレナの次の目標は、この「バディウォーク・フリードレスデイ」を関東や日本各地すべてのインターナショナルスクールに広げることだという。
2022年、ナナとエレナの友情はさらに深まった
2022年、ナナとエレナの友情はさらに深まった
Upload By 黒木 聖吾
さあ、次はあなたの番です。

あなたもバディウォーク東京で、新しい世界をつかんでみませんか?

執筆/黒木聖吾
Buddy Walk® Tokyo 2022 for all

オンラインイベント
生配信日時:2022年3月19日(土) 13時~15時ごろ(延長最大16時まで)
NPO法人SUPLIFE YouTube チャンネルにて配信
配信会場:代々木 公園ケヤキ並木 通り

生ライブ配信 @ 代々木公園ケヤキ並木通り
当日は、個性あふれるゲストのみなさまをお招きし、代々木公園ケヤキ並木通りから生ライブ配信を予定しています!
• バディウォーク東京の 10年振り返り
• バディウォーク東京テーマソング ライブ
• 各種 パフォーマンス
• ユニバーサルスポーツ紹介
• 各企業に聞く!「誰一人取り残さない」取組みホットニュース
発達障害のあるわが子を学校の枠組みから解放するには!?「好き」でつながる仲間と学ぶ、オンラインの習い事を体験!のタイトル画像

関連記事

発達障害のあるわが子を学校の枠組みから解放するには!?「好き」でつながる仲間と学ぶ、オンラインの習い事を体験!

3月21日は世界ダウン症の日!世界中のダウン症のある人による発信や、注目のチャリティーグッズ、日本でのイベントの様子を紹介。みんなで「インクルージョン」について考えようのタイトル画像

関連記事

3月21日は世界ダウン症の日!世界中のダウン症のある人による発信や、注目のチャリティーグッズ、日本でのイベントの様子を紹介。みんなで「インクルージョン」について考えよう

第3回日本ダウン症会議・合同学術集会をレポート。自立していくため、保護者の不安と孤独を埋めるためにーー「つながる」の大切さとはのタイトル画像

関連記事

第3回日本ダウン症会議・合同学術集会をレポート。自立していくため、保護者の不安と孤独を埋めるためにーー「つながる」の大切さとは

モデル・金子エミさん取材!ダウン症の息子・カイトさんが世界ダウン症水泳選手権 で3つのアジア記録を更新!ポジティブな声かけで培かわれた自信が「強さ」の背景にのタイトル画像

関連記事

モデル・金子エミさん取材!ダウン症の息子・カイトさんが世界ダウン症水泳選手権 で3つのアジア記録を更新!ポジティブな声かけで培かわれた自信が「強さ」の背景に

バナー画像
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。