マンガで分かる「ライフスキルトレーニング」、大人気コミック「リエゾン」最新刊、言語聴覚士がつくったイラストBOOK、感覚統合支援のコツ、福祉施設でのエピソード本など5冊をランナップ

2021/12/12 更新
マンガで分かる「ライフスキルトレーニング」、大人気コミック「リエゾン」最新刊、言語聴覚士がつくったイラストBOOK、感覚統合支援のコツ、福祉施設でのエピソード本など5冊をランナップのタイトル画像

12月の新刊紹介コラムは、子どもとの関わり方が漫画で分かる「ライフスキルトレーニング」の本、児童精神科医と当事者のエピソードを丁寧に描く医療漫画、言語聴覚士がつくったコミュニケーションを育むイラストBOOK、感覚統合についてやさしくわかる入門BOOK、全国各地の福祉施設を旅したコラム集の計5冊をご紹介します!

発達ナビBOOKガイドさんのアイコン
発達ナビBOOKガイド
2397 View

おうちでできるトレーニングのコツがいっぱい!ーー『自閉っ子サンちゃんのライフスキルトレーニング』

自閉っ子サンちゃんのライフスキルトレーニング: ハイタッチから広がるコミュニケーションの世界!
たなか れもん (著), 平岩幹男 (監修)
合同出版
自閉っ子サンちゃんのライフスキルトレーニング: ハイタッチから広がるコミュニケーションの世界!
たなか れもん (著), 平岩幹男 (監修)
合同出版
著者のたなかれもんさんと長女・小学校2年生のサンちゃんが、「うさぎ先生」からライフスキルトレーニング(LST)を受けて成長していく家族物語『自閉っ子サンちゃんのライフスキルトレーニング』。「うさぎ先生」として登場するのは、医師の平岩幹男先生。マンガの中だけでなく、監修者としてコラムでもライフスキルトレーニングについて分かりやすく解説をしています。

自転車に乗りたがらず駄々をこねるサンちゃんが、すんなり自転車に乗るようになった理由は? 自分から言葉を発するようになったきっかけは? マンガを楽しみながら、ライフスキルトレーニングついて学びましょう!

保護者だけでなく、支援者の方々にも参考になるアドバイスが満載の一冊です。
癇癪で要求を通してたわが子が変わった!?関わり方のヒントが漫画で分かる『自閉っ子サンちゃんのライフスキルトレーニング』著者・たなかれもんさんインタビュー付のタイトル画像

関連記事

癇癪で要求を通してたわが子が変わった!?関わり方のヒントが漫画で分かる『自閉っ子サンちゃんのライフスキルトレーニング』著者・たなかれもんさんインタビュー付

その”生きづらさ”の理由を解く。ーー『リエゾンーこどものこころ診療所ー(6)』

リエゾン ーこどものこころ診療所ー(6)
ヨンチャン (著, 原著), 竹村 優作 (原著)
講談社
リエゾン ーこどものこころ診療所ー(6)
ヨンチャン (著, 原著), 竹村 優作 (原著)
講談社
『モーニング』で連載され、児童精神科医を描いた医療漫画『リエゾン』。発達ナビでもおなじみの児童精神科医 三木崇弘先生が監修しています。

日本で『発達障害』と診断されている人はおよそ48万人。子どもの10人に1人は何らかの発達特性や障害があると言われています。児童精神科医・佐山と、そこにやってきた、自らも発達障害がある研修医・志保は、人知れず学校や家庭でトラブルを抱え、孤独や苦痛に耐えながら生きる人たちと向き合っていきます。

第6巻では「完璧なダイエット」「カサンドラ」「夜間託児所」の3編が収録されています。
子どもの成長は嬉しいもの。しかし成長と共に保護者は不安になることもあり、悩みも変化していきます。それぞれの親子が障害に向き合う中で児童精神科医が示す、干渉と信頼のバランス、親と子の適切な距離感とは。

発達障害の当事者、当事者家族だけではなく、幅広い方に読んでいただきたい一冊です。
初登場【児童精神科医 三木崇弘先生】「保護者の感情」はまるでお天気?子どもの安心のために心がけたいことのタイトル画像

関連記事

初登場【児童精神科医 三木崇弘先生】「保護者の感情」はまるでお天気?子どもの安心のために心がけたいこと

ことばの発達を促すイラストが満載!ーー『言語聴覚士が作った 思わず話したくなるイラストBOOK 〜ことば・コミュニケーションを育む〜』

言語聴覚士が作った 思わず話したくなるイラストBOOK 〜ことば・コミュニケーションを育む〜
綿野 香 (編集), 鳥居 千登勢 (編集), 小山 久実 (編集)
三輪書店
言語聴覚士が作った 思わず話したくなるイラストBOOK 〜ことば・コミュニケーションを育む〜
綿野 香 (編集), 鳥居 千登勢 (編集), 小山 久実 (編集)
三輪書店
子どもの言語表出を促進するためには、「事実を客観的に伝えること」「自分の意見を自分のことばで伝えること」を意識することが大切と言われています。この本は、その2つを意識した子どもとのコミュニケーションを楽しむことができるイラストBOOKです。

一冊のなかにイラストがたっぷり!子どもが経験したことのあるような日常や季節ごとのイベントなどの場面が見開き1ページごとに大きく描かれています。大人側が無理に言わせるのではなく、子どもが主体的に話したくなるような「言葉のヒント」がたくさん。トレーニングのような難しさはなく、眺めているだけで子ども自身がお話をしたくなるような一冊です。

感覚統合の全体像がやさしく分かるーー『子どもの発達障害と感覚統合のコツがわかる本』

子どもの発達障害と感覚統合のコツがわかる本
前田 智行 (著)
ソシム
子どもの発達障害と感覚統合のコツがわかる本
前田 智行 (著)
ソシム
人は、「感覚」の発達を土台にして「運動」「行動」「学習」などさまざまな力を獲得していくといわれています。「感覚統合」は、この感覚のつまずきにアプローチして発達を促すことでより高度な動作の改善につなげていく支援方法のことです。

この本では、感覚統合の基礎知識や実際の支援のコツがイラストと共に分かりやすく書かれています。多動・姿勢・人見知り・ノートを書くのが遅い・癇癪・お友達とのトラブルなど子どもの気になるポイントを具体的な事例を挙げながら丁寧に解説しています。予備知識がなくても「感覚統合」がよく分かる。支援者の入門編としてだけでなく、保護者にもおすすめの一冊です。

次世代につなぎたい地域づくりのヒントは、福祉の現場にあるーー『ウェルフェア トリップ ―福祉の場をめぐる小さな旅』

ウェルフェア トリップ ―福祉の場をめぐる小さな旅―
羽塚順子 (著)
アノニマ・スタジオ
ウェルフェア トリップ ―福祉の場をめぐる小さな旅―
羽塚順子 (著)
アノニマ・スタジオ
この本は、著者が全国にあるさまざまな福祉施設に足を運び、それぞれの施設でのエピソードをまとめた1冊。訪れた先の福祉施設は実に個性豊か。オリーブ畑、農家とつながるものづくり、最高峰のチーズ、上質な和紙、美術館…。それぞれの地域や、そこにいる方たちならではの品々がつくりだされています。

「福祉施設」、そこは「一般社会と壁を隔てた向こう側」ではなく、地域に根づき地域と交流し合う場所。人と人が支え合い、共に生きるという本来の在り方がこの場所にあることを著者はつづっています。生きづらさや困難を抱える誰もが、居場所や生きがいを見つけられるような社会へのヒントを見つけることができるでしょう。それぞれの場所のエピソードに心があたたかくなる1冊です。
LITALICO発達ナビ無料会員は発達障害コラムが読み放題!
https://h-navi.jp/column
「うちの子、もしかして発達障害?」健診や幼稚園プレ、小学校でのトラブルで、癇癪やクレーンが気になってなど、体験談コラムまとめのタイトル画像

関連記事

「うちの子、もしかして発達障害?」健診や幼稚園プレ、小学校でのトラブルで、癇癪やクレーンが気になってなど、体験談コラムまとめ

「感覚統合」とは? 発達障害との関係、家庭や学校でできる手助けまとめのタイトル画像

関連記事

「感覚統合」とは? 発達障害との関係、家庭や学校でできる手助けまとめ

自閉スペクトラム症の息子、集団生活でパニック癇癪!療育園の先生が用意してくれた安全地帯とは?のタイトル画像

関連記事

自閉スペクトラム症の息子、集団生活でパニック癇癪!療育園の先生が用意してくれた安全地帯とは?

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

発達ナビBOOKガイド さんが書いた記事

マンガで分かるコグトレや脳科学によるASD・ADHD苦手の乗り越え方、教室でできるタブレット活用法、通級が舞台のマンガ、精神障害のある人の家族15組のエピソード本など全5冊!のタイトル画像

マンガで分かるコグトレや脳科学によるASD・ADHD苦手の乗り越え方、教室でできるタブレット活用法、通級が舞台のマンガ、精神障害のある人の家族15組のエピソード本など全5冊!

今回の新刊紹介コラムでは、「コグトレ」を分かりやすく紹介したマンガ、タブレット活用のヒント・アイデア満載の本、脳科学の視点で発達障害を解説...
発達障害のこと
1450 view
2022/05/10 更新
不器用はDCDが原因?学校でのサポート方法も満載『イラストでわかる DCDの子どものサポートガイド 不器用さのある子の「できた!」が増える134のヒントと45の知識』編著者中井昭夫さんインタビューものタイトル画像

不器用はDCDが原因?学校でのサポート方法も満載『イラストでわかる DCDの子どものサポートガイド 不器用さのある子の「できた!」が増える134のヒントと45の知識』編著者中井昭夫さんインタビューも

DCD(発達性協調運動障害)は、脳機能の1つである「協調」の発達に課題がある神経発達障害です。子どもの約5〜6%に見られ、ADHDの頻度で...
発達障害のこと
9039 view
2022/04/16 更新
「様子を見ましょう」発達診断で確定診断が出ない、支援につながらず悩む人へーー『発達障害「グレーゾーン」その正しい理解と克服法』のタイトル画像

「様子を見ましょう」発達診断で確定診断が出ない、支援につながらず悩む人へーー『発達障害「グレーゾーン」その正しい理解と克服法』

発達相談で「様子を見ましょう」と言われ、発達診断に行っても確定的な診断が出なかった…、発達障害の「グレーゾーン」と呼ばれる状況はこうして生...
発達障害のこと
7649 view
2022/04/04 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。