母の財布からお金を何度も盗むADHD息子「遊ぶお金が欲しくて」「小遣いが少なすぎる」開き直る様子に母は…?

ライター:かなしろにゃんこ。

ADHDのある息子は、友だちから誘われると我慢ができません。遊びに行くためのお金が欲しくて、お小遣いが足りなくなると私の財布から勝手にお金を持ち出すという行為を繰り返していました。
持ち出す金額は千円~二千円です、家計にも響いてきたので持ち出されない対策をすることにしたのですが…。

監修者井上雅彦のアイコン
監修: 井上雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授
LITALICO研究所 客員研究員
応用行動分析学をベースにエビデンスに基づく臨床心理学を目指し活動。対象は主に自閉症や発達障害のある人たちとその家族で、支援のための様々なプログラムを開発している。

友達と繁華街に出かけて遊びたい!

友達とゲームセンターで遊ぶ息子
Upload By かなしろにゃんこ。
中学生くらいになると買いたい物が今までよりも高額になり、「欲しい物を買うには、今あるお小遣いだけでは足りない!」というお子さんも多いのではないでしょうか。そんなときに親の財布から「ごめんなさい、少しだけ…」と言ってお金を持ち出してしまった…なんてことは誰でも一度はあるかもしれません。しかし、わが家のリュウ太は一度では済まず、中1から中3までたびたび繰り返していました。

部活がない日によく、リュウ太はよく友達に繁華街のゲームセンターなどに遊びに行こうと誘われていました。しかし、毎月お小遣いをもらってはすぐに散財するタイプのリュウ太。友だちに遊びに誘われても万年お金がない状態です。
お小遣いの前借を断られ怒る息子
Upload By かなしろにゃんこ。
でもリュウ太は誘いに弱く、誘われると絶対に行きたくなってしまい我慢ができません。私にお小遣いの前借交渉をしつこくしてくることもありました。

はじめのうちは前借交渉にも応じていたものの、月3千円のお小遣いだったリュウ太にとって、2千円以上の前借りは、次の月のお小遣いで返済できる額ではなくなるため応じませんでした。

「今月は、もう前借りはさせられません」と私が言うと、リュウ太はすごく不機嫌になり怒り出します。
お財布からお金が減っていることに気付く母
Upload By かなしろにゃんこ。
「友だちと約束したから断れない。お母さんが貧乏なせいだ」とか「あとでお手伝いするから貸してくれよ。ケチだなー!」など、お願いしているはずなのに、暴言も挟んできます。

今までの経験からこういうときに「あとでお手伝いする」と言っても口だけで、実際はお手伝いをしないというのは百も承知でした。私が交渉に応じないでいると「じゃぁ、もういいよ…」と言うリュウ太。諦めたという態度を示しながら居間で大人しくゲームをはじめるのですが、私がトイレや庭仕事などで居間から離れたあとに「オレ、ちょっと出かけてくる〜」と出ていきます。

そうです!私が見ていない隙に財布や小銭貯金からチョロッとお金を取って出かけてしまうのです。

小学校高学年〜中学の「お金使いたい期!」親の財布からこっそりと…

そんなことが何度かあったので、私は用心して財布を肌身離さず持ち歩くことにしました。トイレにもお風呂にも、寝るときにも枕元に置いて寝ました。必死です(笑)!
家の中でも財布を肌身離さず持ち歩く母
Upload By かなしろにゃんこ。
小銭貯金もやめて、家の中に小銭を置かないことにしました。対策をしたおかげで息子にお金を勝手に持ち出されることはなくなってきました。

ところが、私がウッカリ財布を風呂場に持って入るのを忘れてしまったとき、風呂場から出て居間に向かうと…
息子が財布から勝手にお金を持ち出そうとしているところに遭遇!
Upload By かなしろにゃんこ。
息子が私の財布からお金を勝手に持ち出そうとしていました。犯行現場をバッチリ見られた息子は、慌てましたが、手にはしっかりお札が握られており、言い訳できない状況です。

私は「お金を財布から盗っているのバレてますからね。リュウ太が今までも勝手にお金を持ち出していたこと知ってたよ」と言いました。すると「だってさーお小遣いが月3千円って少なくない?友だちの家はみんな5千円とかもらえてるのにオレの小遣いが少なすぎるんだから仕方ないだろ」と言うリュウ太。開き直って謝りませんでした。
開き直る息子
Upload By かなしろにゃんこ。
さらに、「あのさー、財布持ち歩かれると困るんだけど」とさらっと言いました。

私は一瞬「……は???何が困るって???」と思いましたが、“お金が持ち出せなくて困る”という意味だと理解しました。
盗人猛々しいとはこのことか!なんと情けないトホホ…(泣)。

勝手にお金を持ち出す行為への注意と共に、悪いことを正当化するような発言をしてはいけないと教えることが必要だと思いました。

私が「リュウ太の今の発言は泥棒が『盗みに入れないので玄関のカギを開けておくように!』と言うのと同じなんだよ」と伝えると「へーそうなんだ、でも友達との交際費は必要なんだよ」とお金の交渉を続けるのでした。

息子も必死です。明日友達とどうしても出かけたいみたいです。(一緒に行けなかったらどうしよう…)という不安があるんだろうな…と伝わってきました。
お金について論争する親子
Upload By かなしろにゃんこ。
お小遣いはいくらが適切なの?と悩む母
Upload By かなしろにゃんこ。
友達と出かけて、ある程度お金を使いたい年頃なんだよね…。自分も10代のときはそうだったのでよく分かります。

確かにリュウ太にとって月に3千円のお小遣いは周りの友達に比べて少ないのかもしれません。夫が息子のお小遣いの金額を決めていたので私は口が出せずにいました。本や文具など欲しい物があれば交渉次第で息子に買っていたので、困ることはないだろうと思っていたのです。

息子の気持ちも考えて、仕方なく夫には内緒でお小遣いを月5千円にアップすることにしました。そして、前借交渉も毎月2千円までOKにしました。次の月に返済できないものは、16歳からはアルバイトをして返してもらうことにしました。

それからはお財布からお金を盗む行為はなくなりました。

でも正直この時期の子どもの対応ではどうするべきだったのか、今でも正解が分かりません。
甘やかすことになっていないだろうか?
お小遣いは値上げせず月3千円で我慢させるほうがよかったのか?


子どものお小遣いの話はママ同士でもあまり話題には上らないので、ほかの家の子は決められたお小遣いできちんと我慢ができるいい子なのかしら?と不思議でなりません。

執筆/かなしろにゃんこ。
(監修:井上先生より)
家庭の中でのお金のトラブルは相談の中にもよくあがってきます。お小遣いの金額というのはわが家ルールで決められていると思いますが、交際費は付き合う友達にもよるでしょう。親に内緒で財布から持ち出す行為は、絶対によくないことを本人に分かってもらうことが必要ですが、本人も親も感情的になってしまうと納得のいく結果が得られなくなってしまいますね。お金の価値を理解してもらうためには、「前借」ではなくお手伝い(労働)をしたあとに決められた報酬を受け取るという約束(労働契約)がよいと思います。場合によっては、仕事の出来栄えによる評価を併用してもよいかもしれません。お金の使い方やルールは将来的にも大切なので、本人が納得できるよう丁寧にお話していけるとよいと思います。
「ポイント手帳」を使い続けて12年。苦手が多かった長男の「できた!」を増やし自主性を育んだ、わが家の工夫のタイトル画像

「ポイント手帳」を使い続けて12年。苦手が多かった長男の「できた!」を増やし自主性を育んだ、わが家の工夫

学校に行き渋る我が家の子どもたち、おこづかい制度に新システムを導入したところ…のタイトル画像

学校に行き渋る我が家の子どもたち、おこづかい制度に新システムを導入したところ…

発達障害息子、同級生に繰り返し意地悪され母はもう限界!思い切って相手の親に伝えると意外な答えが…?のタイトル画像

発達障害息子、同級生に繰り返し意地悪され母はもう限界!思い切って相手の親に伝えると意外な答えが…?



バナー画像


同じキーワードでコラムを探す

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。