国家資格「公認心理師」とは?資格の取り方や受験難易度、仕事内容から発達障害のある子どもとのかかわりまで解説【専門家監修】

ライター:発達障害のキホン

2017年施行の公認心理師法によって、心理職として唯一の国家資格として誕生したのが公認心理師です。一般的にカウンセリングをする仕事と思われがちですが、それ以外にもさまざまな業務があります。

今回は公認心理師の幅広い仕事内容や、公認心理師の仕事に就くにはどうしたらいいかなどを解説します。

監修者井上雅彦のアイコン
監修: 井上雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授
LITALICO研究所 客員研究員
応用行動分析学をベースにエビデンスに基づく臨床心理学を目指し活動。対象は主に自閉症や発達障害のある人たちとその家族で、支援のための様々なプログラムを開発している。

公認心理師とは?

公認心理師とは、心理に関する支援が必要な人を、心理学の知識や技術を元にサポートする専門家です。2017年に「公認心理師法」が施行され、心理職の国内唯一の国家資格として誕生しました。心の問題を抱えた方に対するカウンセリングはもちろん、メンタルヘルスに関する知識などを多くの人に知ってもらうために教育活動や情報提供を行うことも、大切な役割の1つです。

公認心理師法の施行前は、日本臨床心理士資格認定協会によって創設された民間資格である「臨床心理士」が心理職の代表的な資格でした。民間資格ではあるものの、臨床心理士は公的にも認められた資格。文部省のスクールカウンセラーの資格要件としても採用されていました。しかし、臨床心理士以外にも民間のメンタルヘルス系の資格は数多くあり、適切な教育や訓練を受けていない人が心理カウンセラーを名乗っているという状況もありました。そのような「自称カウンセラー」がカウンセリングを行い、さらに状態を悪化させてしまうということが問題視されていたのです。
参考:公認心理士とは|一般財団法人 日本心理研修センター
出典:http://shinri-kenshu.jp/guide.html
一定以上の資質や知識を持った心理職の専門家が関係者と協力しながら心の問題に対して対処できるようにするため、公認心理師の国家資格が誕生しました。

公認心理師になるには?

公認心理師になるには、国家試験に合格して公認心理師資格を取得する必要があります。公認心理師を目指すには、いくつかの方法があります。

・大学や専門学校(※)で所定科目を修了したあとさらに大学院で所定科目を修了。その後公認心理師国家試験を受験し、合格し、資格登録をする方法
・大学や専門学校(※)で所定科目を修了したあと、厚生労働省が定めた所定の施設で2年以上働くことで公認心理師国家試験の受験資格を得る方法
・海外の大学と大学院でそれぞれ所定科目を修了して取得する方法

などです。
そのほか特例措置もありますので下記サイトを確認してください。

(※)対象となる専門学校は限定され、現状では非常に少ないです。
参考:公認心理師試験について|一般財団法人 日本心理研修センター
出典:http://shinri-kenshu.jp/support/examination.html

公認心理師国家試験の合格率は

2022年現在、公認心理師国家試験は年に一度開催されています。出題形式はマークシートで、合格基準は総得点の60%程度以上の絶対評価を原則としていますが、年ごとに合格率には差があります。第一回目の合格率は8割とかなり高い結果でしたが、その後は40〜50%と毎年かなりの変動があります。
次ページ「公認心理師の仕事」

追加する

バナー画像


年齢別でコラムを探す


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。