切り替えベタな子どもにピッタリ!お家で出来るタイマー活用術

ライター:楽々かあさん
 切り替えベタな子どもにピッタリ!お家で出来るタイマー活用術のタイトル画像

気持ちの切り替えの苦手な子、夢中になると周りに気づきにくい子、時間感覚の弱い子なども、視覚的に時間が分かる楽しいタイマーやアラームを活用して、親の段階的な声かけなどを併用すれば、「始めること」「やめること」が、ぐんと取り組みやすくなります。我が家の工夫を紹介します!

なかなか時間通りに動けない子どもたち

我が家には、夢中になるとなかなか「やめられない」長男、ゆっくりマイペースでなかなか「始められない」次男、時計がまだ「読めない」幼稚園の長女がいます。

そうすると、時間通りに動くには工夫が必要。今日は、そんな我が家の工夫をご紹介します。

時間が見えれば分かりやすい!

時間という目に見えないもの。

その時間の経過が「見える」ように工夫されているタイマーや時計があります。視覚情報を受け取りやすい子や、時間感覚の弱い子にはとってもおススメです。

市販の「タイムタイマー」や、スマホのタイマーアプリは色のついたゲージが減ることで、残り時間がわかるような工夫がされています。
タイムタイマー(TIME TIMER) 勉強タイマー 5分 プラス ハンドル付き 学習アラーム TT05-W
Amazonで詳しく見る
それからアナログな「砂時計」や「オイル時計」など良いですよね。見ていて楽しい、視覚的なタイマーになります。
オイルタイマーと砂時計
Upload By 楽々かあさん

時計の針が目印になる

うちの学習時計(SEIKO)。時計の学習中は電池を抜いてもいい。
うちの学習時計(SEIKO)。時計の学習中は電池を抜いてもいい。
Upload By 楽々かあさん
また、壁掛け時計に工夫をして、手動の紙時計や電池を抜いた学習時計などを組み合わせるのもおススメです。開始と終了の目標時刻を見せることができます。

「時計の針がこの形になったら、始めようね」という声かけをすれば、時計のまだ読めない子でも大丈夫です。
次ページ「家電のアラームも活用!」

追加する

バナー画像 バナー画像

年齢別でコラムを探す


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。