切り替えベタな子どもにピッタリ!お家で出来るタイマー活用術

2016/03/06 更新
 切り替えベタな子どもにピッタリ!お家で出来るタイマー活用術のタイトル画像

気持ちの切り替えの苦手な子、夢中になると周りに気づきにくい子、時間感覚の弱い子なども、視覚的に時間が分かる楽しいタイマーやアラームを活用して、親の段階的な声かけなどを併用すれば、「始めること」「やめること」が、ぐんと取り組みやすくなります。我が家の工夫を紹介します!

楽々かあさんさんのアイコン
楽々かあさん
26329 View

なかなか時間通りに動けない子どもたち

我が家には、夢中になるとなかなか「やめられない」長男、ゆっくりマイペースでなかなか「始められない」次男、時計がまだ「読めない」幼稚園の長女がいます。

そうすると、時間通りに動くには工夫が必要。今日は、そんな我が家の工夫をご紹介します。

時間が見えれば分かりやすい!

時間という目に見えないもの。

その時間の経過が「見える」ように工夫されているタイマーや時計があります。視覚情報を受け取りやすい子や、時間感覚の弱い子にはとってもおススメです。

市販の「タイムタイマー」や、スマホのタイマーアプリは色のついたゲージが減ることで、残り時間がわかるような工夫がされています。
 切り替えベタな子どもにピッタリ!お家で出来るタイマー活用術の画像
Upload By 楽々かあさん
それからアナログな「砂時計」や「オイル時計」など良いですよね。見ていて楽しい、視覚的なタイマーになります。
 切り替えベタな子どもにピッタリ!お家で出来るタイマー活用術の画像
Upload By 楽々かあさん

時計の針が目印になる

 切り替えベタな子どもにピッタリ!お家で出来るタイマー活用術の画像
うちの学習時計(SEIKO)。時計の学習中は電池を抜いてもいい。
Upload By 楽々かあさん
また、壁掛け時計に工夫をして、手動の紙時計や電池を抜いた学習時計などを組み合わせるのもおススメです。開始と終了の目標時刻を見せることができます。

「時計の針がこの形になったら、始めようね」という声かけをすれば、時計のまだ読めない子でも大丈夫です。

家電のアラームも活用!

また、我が家では、家電にもともと付いているアラーム機能を活用しています。
生活の要所でアラームが鳴るようにし、日常生活を規則正しくパターン化することができます。毎日の活動のリズムが安定すると、気持ちや行動が落ち着きやすいようです。

例えば、電話器についているアラーム機能で、毎日学校の出発時刻を知らせたり、パソコンのアラーム機能では宿題の開始時間を知らせたり、といったかたちで取り入れています。

親の気づかせる声かけも大事

しかし、タイマーやアラームをセットするだけでは、うっかりさんは「そもそも見ることを忘れてた!」となってしまったり、ゆっくりさんは「わかってはいるけど、なかなか…」とすんなり行動に移せない場合もあります。

ですから、タイマーだけでなく、家族の声かけも必要です。

そこで大切なのは「段階的に気づかせる声かけ」をする、ということ。

「あと3分でアラームが鳴るよ」
「あと1分で出発だけど、大丈夫?」など、叱る前にサポートしてあげるのです。

また、好きなことに夢中になっているときは本人の世界に話を合わせながら、

「あと何分でセーブできそう?」
「今何のアイテム探してるの?へえ~それ取ったら終われそう?」

など声をかけます。
子どもの都合を無視せずにひとまず聞いて、そこで促すようにすると、すんなりと切り替えてくれる事が多くなりました。

タイマーとアラームを活用し、親が気づかせてあげれば、うっかりさんも、ゆっくりさんも、マイペースさんも、気持ちの切り替えが、だんだんとできるようになると思いますよ。

この記事を書いた人の著書

発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母の毎日ラクラク笑顔になる108の子育て法
大場美鈴(著),汐見稔幸(監修)
発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

楽々かあさん さんが書いた記事

【発達凸凹男子、15才】大好きなゲームで遊んでるだけで英語が成績UPした、長男独自の学習法を本人に詳しく聞いてみたのタイトル画像

【発達凸凹男子、15才】大好きなゲームで遊んでるだけで英語が成績UPした、長男独自の学習法を本人に詳しく聞いてみた

毎日、大好きなマイクラで遊んでいるだけのように見える、うちの長男。ところが彼は、さしたる努力もしてないハズなのに、英語が得意で学校でも成績...
学習・運動
9655 view
2021/02/13 更新
小言より「親のしくじりエピソード」を話すべし?!学校に行きたくない、ゲームがやめられないわが子へのタイトル画像

小言より「親のしくじりエピソード」を話すべし?!学校に行きたくない、ゲームがやめられないわが子へ

子どもが落ち込んでいるとき、親はなんて声をかけたらいいのでしょう。良かれと思って励ますつもりでも、親の立派な武勇伝や学歴自慢、成功体験など...
自分と家族のこと
8143 view
2020/12/18 更新
「ちょっと」「もうすぐ」「しっかり」…その「あいまい言葉」子どもに伝わっていないかも?今日から試せる、楽々かあさんの超・具体的な「声かけ変換術」のタイトル画像

「ちょっと」「もうすぐ」「しっかり」…その「あいまい言葉」子どもに伝わっていないかも?今日から試せる、楽々かあさんの超・具体的な「声かけ変換術」

「ちょっと待って」「ちゃんとやって」「キチンとして」…こんなアバウトであいまいな言葉がイマイチ伝わりにくい子は案外多いんじゃないでしょうか...
発語・コミュニケーション
9002 view
2020/11/17 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。