切り替えベタな子どもにピッタリ!お家で出来るタイマー活用術

 切り替えベタな子どもにピッタリ!お家で出来るタイマー活用術のタイトル画像

気持ちの切り替えの苦手な子、夢中になると周りに気づきにくい子、時間感覚の弱い子なども、視覚的に時間が分かる楽しいタイマーやアラームを活用して、親の段階的な声かけなどを併用すれば、「始めること」「やめること」が、ぐんと取り組みやすくなります。我が家の工夫を紹介します!

3ff1e5de75b793249246d52a3e595af6511c305a16881ab33854f5ce859f12f1 s
楽々かあさん
19295 View

なかなか時間通りに動けない子どもたち

我が家には、夢中になるとなかなか「やめられない」長男、ゆっくりマイペースでなかなか「始められない」次男、時計がまだ「読めない」幼稚園の長女がいます。

そうすると、時間通りに動くには工夫が必要。今日は、そんな我が家の工夫をご紹介します。

時間が見えれば分かりやすい!

時間という目に見えないもの。

その時間の経過が「見える」ように工夫されているタイマーや時計があります。視覚情報を受け取りやすい子や、時間感覚の弱い子にはとってもおススメです。

市販の「タイムタイマー」や、スマホのタイマーアプリは色のついたゲージが減ることで、残り時間がわかるような工夫がされています。
 切り替えベタな子どもにピッタリ!お家で出来るタイマー活用術の画像
Upload By 楽々かあさん
それからアナログな「砂時計」や「オイル時計」など良いですよね。見ていて楽しい、視覚的なタイマーになります。
 切り替えベタな子どもにピッタリ!お家で出来るタイマー活用術の画像
Upload By 楽々かあさん

時計の針が目印になる

 切り替えベタな子どもにピッタリ!お家で出来るタイマー活用術の画像
うちの学習時計(SEIKO)。時計の学習中は電池を抜いてもいい。
Upload By 楽々かあさん
また、壁掛け時計に工夫をして、手動の紙時計や電池を抜いた学習時計などを組み合わせるのもおススメです。開始と終了の目標時刻を見せることができます。

「時計の針がこの形になったら、始めようね」という声かけをすれば、時計のまだ読めない子でも大丈夫です。

家電のアラームも活用!

また、我が家では、家電にもともと付いているアラーム機能を活用しています。
生活の要所でアラームが鳴るようにし、日常生活を規則正しくパターン化することができます。毎日の活動のリズムが安定すると、気持ちや行動が落ち着きやすいようです。

例えば、電話器についているアラーム機能で、毎日学校の出発時刻を知らせたり、パソコンのアラーム機能では宿題の開始時間を知らせたり、といったかたちで取り入れています。

親の気づかせる声かけも大事

しかし、タイマーやアラームをセットするだけでは、うっかりさんは「そもそも見ることを忘れてた!」となってしまったり、ゆっくりさんは「わかってはいるけど、なかなか…」とすんなり行動に移せない場合もあります。

ですから、タイマーだけでなく、家族の声かけも必要です。

そこで大切なのは「段階的に気づかせる声かけ」をする、ということ。

「あと3分でアラームが鳴るよ」
「あと1分で出発だけど、大丈夫?」など、叱る前にサポートしてあげるのです。

また、好きなことに夢中になっているときは本人の世界に話を合わせながら、

「あと何分でセーブできそう?」
「今何のアイテム探してるの?へえ~それ取ったら終われそう?」

など声をかけます。
子どもの都合を無視せずにひとまず聞いて、そこで促すようにすると、すんなりと切り替えてくれる事が多くなりました。

タイマーとアラームを活用し、親が気づかせてあげれば、うっかりさんも、ゆっくりさんも、マイペースさんも、気持ちの切り替えが、だんだんとできるようになると思いますよ。

この記事を書いた人の著書

発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母の毎日ラクラク笑顔になる108の子育て法
大場美鈴(著),汐見稔幸(監修)
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Question history

発達障害のキホンを知る

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!のタイトル画像

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!

発達障害は外見からはわかりにくい障害です。定義や特徴も複雑で、イメージしにくいかもしれません。この記事ではイラスト図解で、発達障害にはどん...
発達障害のこと
40015 view
2018/08/28 更新
ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめのタイトル画像

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめ

ADHDは不注意、多動性、衝動性の3つの症状がみられる発達障害のひとつです。注意欠如・多動性障害とも呼ばれます。子どもの20人に1人、成人...
発達障害のこと
4391889 view
2017/08/30 更新
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは、自閉症やアスペルガー症候群などが統合されてできた診断名です。コミュニケーションに困難さがあり、限定さ...
発達障害のこと
2122953 view
2016/09/29 更新
【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!のタイトル画像

【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!

学習障害(LD)がある子どもはどのような状態で、何に困っているのかご存知ですか?イラスト図解とポイント解説で、学習障害とはどんな障害なのか...
発達障害のこと
18924 view
2018/09/06 更新

この記事を書いた人

楽々かあさん さんが書いた記事

【発達障害と成績表】特別支援学級と通常学級で違うの?子どもたちの未来に関わる大問題を知ってくださいのタイトル画像

【発達障害と成績表】特別支援学級と通常学級で違うの?子どもたちの未来に関わる大問題を知ってください

発達障害がある子の成績表・内申書は、進路の選択肢自体があるかどうかの大問題に直接影響することがあります。たとえ、学力が十分でも、特別支援学...
進学・学校生活
1327 view
2018/09/20 更新
発達障害のある子にはデジタルグッズをマスターさせよ!パソコン・スマホ・タブレットを活用した我が家の学習サポート術!のタイトル画像

発達障害のある子にはデジタルグッズをマスターさせよ!パソコン・スマホ・タブレットを活用した我が家の学習サポート術!

今の子どもたちが大人になる頃には、読み・書き・計算・丸暗記よりも、AIと仲良くできる力のほうが、現実的には必要なのかもしれません。特にLD...
学習・運動
17073 view
2018/08/16 更新
本当に「発達障害だから」学校がキライだったのか?中学校生活を楽しむ息子と私が受けた5つの衝撃のタイトル画像

本当に「発達障害だから」学校がキライだったのか?中学校生活を楽しむ息子と私が受けた5つの衝撃

発達障害があって公立小学校を好きになれず、受験して自分に合った私立中学に通う長男。彼は今、毎日喜んで登校し、私はそこに「障害」を感じなくな...
進学・学校生活
30630 view
2018/07/17 更新
Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。